プリウスPHV GRスポーツの最新情報

プリウスPHV GRスポーツが2017年9月19日に発売!車の魅力を紹介

新型プリウスPHV GRスポーツが2017年の9月19日に発売しました。同車はトヨタがコンバージョンシリーズの名称を「GR」に統一してから、販売する初めての車なので話題の一台です。ベース車と比較してエクステリアやインテリアはどう変化したのかを紹介します。

プリウスPHV GRスポーツが2017年9月19日に発売!車の魅力を紹介

プリウスPHV GRスポーツが2017年9月19日に発売

2017年2月にフルモデルチェンジが行われたばかりのプリウスPHVに、スポーティーな魅力も加えた「プリウスPHV GRスポーツ」が2017年9月19日に発売されました

プリウスPHV GRスポーツは、トヨタが展開しているスポーツ・コンバージョンシリーズの車の名称を「GR」に統一してから初めてラインナップする車なので、早い時期から注目が集まっていました。

車市場に新たに登場した「プリウスPHV GRスポーツ」のエクステリアやインテリアの特徴を詳しく紹介していきます。

2017年からトヨタのスポーツコンバージョンモデルの名称「GR」に統一される

新型プリウスPHV GRスポーツのリヤビュー

トヨタオリジナルの車をスポーツ仕様にコンバージョン(転換)させた車の名称には、「GRMN」「G’s」「RS」がありました。従来の名称には統一感がないため今後はGRシリーズで統一していきます。

従来の名称 今後の名称
GRMN GRMN
G’s GR
RS GRスポーツ
GR PARTS

プリウス以外の車種でも、アクアやノアやヴォクシーなども続々とラインナップしていきます。2017年の10月に開催される東京モーターショーでは、発売予定のGRシリーズを一挙に紹介するとも噂されています。

「GRMN」「GR」などの各名称が、ベースとしている車をどれくらいコンバージョンしているのかを紹介します。

GRMN

パワートレインなどの内部パーツを含めて車を高いレベル域にまで改良する

GR

内部パーツであるパワートレインなども改良する

GRスポーツ

足回りを中心にスポーティーなエクスリアへと改良を加える

GR PARTS

車の各パーツをスポーティーなモノへとチェンジする

今回のプリウスPHVのコンバーションは「GRスポーツ」の変化にとどまります。それはエコを全面に出してブランドイメージを定着させたプリウスという名前が付いているので仕方がないのかもしれません。
それでも、抜群の低燃費を実現しているスポーツ仕様の車に乗る事ができるのはユーザーにとっては魅力的です。

プリウスPHVは外部電源としても利用できる優れもの

2017年2月にモデルチェンジが行われたプリウスPHVは、プリウス50系をベース車として開発がされ、プリウスとの差別化を行うため4眼ヘッドライトやフロントバンパーをオリジナルなものとしています。

PHV(プラグインハイブリッドカー)とは、コンセントにプラグを差込んで充電を行えるタイプのハイブリッドカーです。専用の変圧器を設けるなどすれば、家庭用のコンセントからも充電することが可能です。

プリウスPHVに設置してあるコンセントに電化製品のプラグを差し込めば、バッテリーに蓄えられている電気を利用する事ができます。プリウスPHVはアウトドア時であってもホットプレートなどの電化製品が利用できるため、レジャーや災害の時に役立つ車です。そんな車に走りの魅力も追加したプリウスPHV GRスポーツが2017年9月19日に発売されました

消費した電力は、ソーラー充電システムによって再び蓄える事ができます。プリウスPHVはいざって時に外部電源として利用できる優れた車です

プリウスPHV GRスポーツのエクステリアの特徴はフロントグリルとロゴマーク

プリウスPHV GRスポーツフロントビュー

※プリウスPHV GRスポーツ(ホワイトパールクリスタルシャイン)のイメージ画像

GR シリーズのエクステリアは、ホワイト塗装にGRのロゴマークがデザインされたブレーキキャリパーの組み合わせが魅力的です。また、車体のフロント・リヤ・サイド部分に専用のエンブレムが取りつけられています。

プリウスPHV GRスポーツのバンパー

プリウスPHV GRスポーツのフロントグリルは、走りの機能性を追求した結果たどり着いた完成形「Functional MATRIX」グリルを採用しています。フロントグリルのサイズ感は圧巻です!

プリウスPHV GRスポーツのアイライン

4眼が美しく光り輝くのが特徴であるプリウスPHVのLEDヘッドランプは、GRスポーツではさらにシャープさが増しています。

プリウスPHV GRスポーツでは「アルミ製ペダル」・「タコメーター」を設置

プリウスPHV GRスポーツの内装

※プリウスPHV GRスポーツ 内装色ブラックのイメージ画像

プリウスPHV GRスポーツではアルミ製ペダルに切り換える・専用のタコメーターを設置するなどして、スポーツ仕様車としての存在感を高めています。

プリウスPHV GRスポーツのメーター

モニータには「GR」のロゴマークも表示され、ビジュアル面においてもプリウスPHVよりもグレードアップしているため、運転の爽快感が高まります。

プリウスPHV GRスポーツでは走りの安定感がさらに高まる

横から見た新型プリウスPHV

プリウスPHVはかねてより、リア部分に搭載されているリチウムイオンのバッテリーが重りとなって、重心が低くなり運転中の安定感が高いと評判でした。

GRスポーツではその魅力をさらに高めるために、サスペンションをスポーツ仕様にするなどして走りの安定感をさらに高めました。

プリウスPHV GRスポーツの車体情報

トヨタが自社のHPにて2017年9月19日に発表したプレスリリースの情報を基にして、プリウスPHV GRスポーツの車体情報を紹介します。

プリウスPHV GRスポーツ
ベースグレード S ナビパッケージ S
ボディカラー ・ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・エモーショナルレッド(メーカーオプション)
・サーモテクトライムグリーン(メーカーオプション)
・スピリテッドアクアメタリック
全7色
主要装備 ・専用チューニングサスペンション
・ブレース追加
・専用メーター(GRロゴ設置)
・シフトノブ(スモークブラック加飾)
・アルミペダル
・小径ステアリングホイール

プリウスPHV GRスポーツの販売価格は370万円~410万円

プリウスPHV GRスポーツは新型プリウスや新型C-HRで使われるTHS2(TOYOTA Hybrid System2)モーターを採用しています。グレードS GRスポーツの販売価格は370万円台で、S ナビパッケージGRスポーツの販売価格は410万円台です。

プリウスPHV GRスポーツの販売価格
グレード メーカー希望小売販売価格
S ナビパッケージGRスポーツ 4,116,960円~
S GRスポーツ 3,711,960円~

プリウスPHV GRスポーツのモデル車であるグレードSのスペック

プリウスPHV GRスポーツのモデル車であるPHVのグレードSのスペックを紹介します。

全長 4,680mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
最小回転半径 5.1m
燃費 37.2km/L
EV走行換算距離 68.2km
電力消費率 10.54km/kwh
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 1,510kg
エンジン 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1.797L
モーター 交流同期電動機
動力用主電池 リチウムイオン電池
総電力量 8.8kwh

プリウスPHVにGRスポーツをラインナップすることの効果は抜群

プリウスよりも先に、プリウスPHVにGRスポーツをラインナップさせる事は、「PHV」と「GRシリーズ」双方の宣伝効果を狙っているものとも考えられます。

プリウスPHVでまずはラインナップをさせた方が、「プリウス=エコ」という強力なイメージに縛られることなく、PHVの外部電源としても利用できる車の可能性・GRシリーズの走りの魅力を十分に伝える事が可能です。

沢山の魅力が詰まっている車・プリウスPHV GRスポーツが2017年9月19日に発売されました。これから、どう展開していくのかその動向にも注目していきます!