パワーウィンドウの仕組み特徴

パワーウィンドウが故障する原因とモーター等の修理費用

パワーウィンドウが故障する原因として、動力源であるモーターの異常や操作スイッチの不具合など6つが考えられます。レギュレーター等のパーツを組み合わせてサイドガラスを開け閉めする仕組み、破損している部分を修理・交換する際にかかる費用も紹介します。

パワーウィンドウが故障する原因とモーター等の修理費用

パワーウィンドウが故障する6つの原因や修理するのにかかる費用を紹介

パワーウィンドウは、室内に新鮮な空気を取り込みたい、ゲート式駐車場を利用する際に利用します。簡単スイッチ操作で、サイドガラスを開け閉めできる利便性は、クルクルとハンドルを回してサイドガラスを開閉する手動式を知っていれば、強く感じる事ができます。

パワーウィンドウは、電子制御によるモーターの力を利用してサイドガラスを開け閉めします。そのため、内部パーツに不具合が生じていれば、窓を開け閉めする際に異音が発生、サイドガラスが突然上がらなくなってしまいます。

ここでは、パワーウィンドウの故障を招く6つの原因、修理するさいにかかる費用などについて取り上げます。

パワーウィンドウが故障するデメリット

パワーウィンドウのスイッチ

パワーウィンドウが故障して、サイドガラスを完全に開け閉めできなってしまえば、以下のデメリットが生じます。

  • 走行中に空気の入れ替えが出来ない
  • ドライブスルーの利用が不便
  • ゲート式駐車場の利用がスムーズに行かない

パワーウィンドウが故障しても、車の走行にはさほど問題がなく、そのまま乗り続けることが出来るため、デメリットを気にしない方もいます。

パワーウィンドウの仕組み特徴

サイドガラスを開け閉め仕組みが電気制御され、スイッチ操作で簡単に車の窓の開閉ができるのが、パワーウィンドウの最大の特徴です。

クルクルとハンドルを回してサイドガラスを上げ下げする手動式と比較すれば、パワーウィンドウでは労力はかかりませんが、故障した時の費用は膨らみます。

パワーウィンドウは、モーターの動力を、レギュレーターを介してサイドガラスに伝える事でドアを開け閉めしめする方式を採用します。

パワーウィンドウの故障が疑われたら車のプロにチェックしてもらおう

腕組みしている自動車整備士

パワーウィンドウを利用できない時には、まずはチャイルドロック等のロック機能を解除し忘れてはいないかを確認しましょう。利用できない理由がロック機能であれば、解除することで、窓の開け閉めをスイッチ操作で行えます。

ロック機能を解除しているにもかかわらず、異音が生じる・動作不良が起きていれば、パワーウィンドウに何かしらの故障が起きている事を疑います。

以前は、パワーウィンドウの故障はモーターやレギュレーターが故障するケースが多かったですが、近年では、モーターやギア部の製造技術が向上したため、故障原因としての比率は低下しています。

故障の原因がガラスランチャンネル等である場合には、シリコンスプレーをサイドガラスに照射する、窓ガラスを綺麗にすることで動作不良は改善されます。

それら自分で出来る対処法をとっても、パワーウィンドウの不具合が改善されない場合には、原因を車のプロに探ってもらいましょう。

パワーウィンドウの故障を招く6つの原因

1. バッテリーの劣化

劣化している車のバッテリー

サイドガラスをスイッチ操作で開け閉めするためには、モーターをバッテリーから送られる電気の力で動かす必要があります。もしも、バッテリーが劣化して、電気の力が弱まっていればモーターの動力は弱まり、ドアを開け閉めする力も弱まってしまいます。

パワーウィンドウの不調の原因がバッテリーであれば、バッテリーを交換することで動作不良はおさまります。バッテリーの交換をディーラーに依頼した時の費用の相場は、技術料を含め2万円前後となります。

2. モーターの異常

パワーウィンドウの動力源であるモーターに異常が起きていれば、サイドガラスを開け閉めする際の動きに不具合が生じます。

以前と比較すれば、モーターは故障しにくくなったとはいえ、そのケースがゼロになる事はありません。モーター故障の原因は、経年劣化やレギュレーターの不具合の影響を受ける等です。

モーターの異常を放置すれば、パワーウィンドウが全く作動しなくなる事態も起きてしまいます。パワーウィンドウの不調の原因がモーターの動作不良であれば、モーターを早めに交換する事をお勧めします。パワーウィンドウのユニットに搭載されるモーターの交換費用の相場は4万円以下です。

3. レギュレーターの故障

モーターの動力を、サイドガラスを開閉するための力に変換するパーツであるレギュレーターには、アーム式とワイヤー式の2種類があります。

アームが故障していれば、サイドガラスが上下する際にガクガクという異音が発生し、正常と比較すれば軌道が乱れます。

ワイヤーの故障でよくある、ワイヤーが切れているケースでは、サイドガラスを突然開け閉めできなくなったりする事態が起こります。

レギュレーターの不具合が、潤滑性を高まるために塗るグリスが固まってしまっているケースであれば、グリスを塗り直すことで、パワーウィンドウの不具合が改善されます。

もしも、その対処法で試してみても、不具合が改善されなければ、アームあるいはワイヤー交換する必要があり、交換費用として1万円~2万円がかかります。

4. ガラスランチャンネルの異常

雨の道路で窓を閉めている車

パワーウィンドウの可動部の境界部に設置される、窓ガラスを挟みこむように保護するゴム製パーツは「ガラスランチャンネル」と呼びます。

パワーウィンドウが正常に作動するように、ガイダンス的な役割を果たしているガラスランチャンネルが、経年劣化や摩擦熱によって変形、周辺部にゴミがたまってしまう事もサイドガラスの開け閉めに影響を与えます。

ガラスチャンネルの異常を放置すれば、モーター等への抵抗値が強まり、他の内部パーツの故障を招く原因ともなってしまいます。ガラスランチャンネルの交換費用の相場は1万5千円ほどです。

5. 挟み込み防止機能の異常

最近、パワーウィンドウが故障するケースで割合的に増えているのが、挟み込み防止機能等の安全装置の異常です。

サイドガラスに体が挟まれてしまうトラブルを避けるために、導入される挟み込み防止機能が、正常に作動しなくなる原因は次の通りです。

  • システムエラー
  • 窓の隙間にゴミが溜まっている
  • 窓ガラスが汚れている

正常に作動するためには、デリケートさを要する挟み込み防止機能には、窓ガラスに付着する汚れ物質が動作に影響を与えてしまう事もあります。

6. スイッチの故障

パワーウィンドウのスイッチを押す

パワーウィンドウを作動させるために操作するスイッチの故障も、サイドガラスの開け閉めがスムーズにいかなくなる原因です。

スイッチの故障は、内部パーツが劣化・摩耗することで起こります。スイッチに問題があれば、分解して問題箇所を修理するよりもスイッチ系統を一式交換したほうがリーズナブルです。

スイッチを交換する際の費用は、車種により異なりますが1万5千円~3万円がその価格帯です。

パワーウィンドウが故障したら他の箇所のメンテナンスチェックをしよう

パワーウィンドウは、運転席・助手席・リアの各ドアに搭載されそれぞれ独立して作動します。

もしも、パワーウィンドウに1ヶ所でも不具合が起きていれば、時期的にいって他のドアでも経年劣化等の理由により、故障が起こる可能性は高くなりますので、正常に作動が行われているかを確認するためのメンテナンスチェックをお勧めします。

パワーウィンドウの修理代が高い場合には車の乗り換えも検討しよう

車の走行距離が増えるほど、車の使用期間が長引くほど、パワーウィンドウは故障しやすくなります。
パワーウィンドウは、そう滅多に故障するパーツではありません。そのため、パワーウィンドウが故障する時期は車の走行距離が何十万kmにも達する、他のパーツも故障しやすい時期でもあります。

パワーウィンドウの故障を車の乗り換えの時期だと考えるドライバーは多くいます。もしも、ディーラー等で修理代を見積もってもらった際に、高いと感じたら車の乗り換えも検討しましょう。愛着のある車で、まだ同じ車に乗り続けたいと思うなら修理をお勧めします。

パワーウィンドウが正常に作動する車に乗って、心地よいドライブを楽しみましょう!