新型ポルテのマイナーチェンジ情報

新型ポルテのマイナーチェンジは2017年12月11日でオプションが標準装備

ポルテのマイナーチェンジは2017年12月11日に行われます!3代目プリウスに設定されていたアクアブルーメタリックと、アクアに設定されているブルーメタリックが追加される、スマートキーとプッシュスタートのパッケージが標準装備になるなど、使い勝手が向上します。

新型ポルテのマイナーチェンジは2017年12月11日でオプションが標準装備

新型ポルテはマイナーチェンジで一部改良を施し特別仕様車も継続販売

プチバンのポルテは、2017年12月11日に一部改良のマイナーチェンジを施してより使い勝手のいい車になります。助手席側のドアには前後共通の大きなスライドドアを設置し、2012年のフルモデルチェンジで運転席側の後部座席にヒンジドアが追加され、より使いやすい車へと進化しています。

助手席のBピラーには、子供の身長を測れる目盛りがついているなど子育て世代にターゲットを置いたポルテは、一部改良のマイナーチェンジでどのように変わるのかチェックしていきましょう。

ポルテのマイナーチェンジ後のエクステリア

新型ポルテでおでかけする家族

2017年12月11日に行われる一部改良のマイナーチェンジではエクステリアに変更はありませんが、ボディカラーに「アクアブルーメタリック」と「ブルーメタリック」が追加で設定されます。

ホワイトパールクリスタルシャインの新型ポルテ

※ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円高)

シルバーメタリックの新型ポルテ

※シルバーメタリック

ブラックマイカの新型ポルテ

※ブラックマイカ

ブラッキッシュアゲハガラスフレークの新型ポルテ

※ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(32,400円高)

スーパーレッド5の新型ポルテ

※スーパーレッド5

チェリーパールクリスタルシャインの新型ポルテ

※チェリーパールクリスタルシャイン(32,400円高)

ダークブラウンマイカメタリックの新型ポルテ

※ダークブラウンマイカメタリック

クリームベージュの新型ポルテ

※クリームベージュ

アクアブルーメタリックのプリウス

※アクアブルーメタリック(画像はプリウス)

ブルーメタリックの新型アクア

※ブルーメタリック(画像はアクア)

ポルテのマイナーチェンジ後のインテリア

新型ポルテの内装

一部改良後のインテリアでは、FグレードとXグレードに標準装備されているピンクのアクセントカラーが、ブラッドオレンジへ変更になります。

新型ヴォクシーの内装

※新型ヴォクシーのブラッドオレンジ内装イメージ

ポルテにアクセントカラーとして使われているピンクの箇所は「インパネ上部」、「フロントドアトリムオーナメント」、「右リアドアトリムオーナメント」、「左ドアトリムオーナメント」の3か所です。

ピンクアクセントのあるインパネ

※インパネ上部、フロントドアトリムのピンクアクセント

ドアトリムのピンクアクセント

※フロントドアトリム、リアドアトリムのピンクアクセント

ピンク色の可愛らしい配色から、赤に近いブラッドオレンジのオーナメントカラーになることで、大人っぽい上質な内装へと変化します。

ポルテのマイナーチェンジ後の搭載装備

新型ポルテのスマートエントリー

新車で販売されている車には、鍵を取り出さなくてもエンジンをかけたり車の施錠・開錠が出来るスマートエントリーが搭載されていることが多いですが、ポルテには「スマートエントリーパッケージ」としてメーカーオプションで設定されています。

2017年12月11日のマイナーチェンジでは、パッケージオプションの「スマートエントリーパッケージ」が標準装備となります。

スマートエントリーパッケージの内容

・スマートキー・プッシュスタートシステム
・盗難防止システム(イモビライザー)
・オート電動格納式ドアミラー

いちいち鞄やポケットから鍵を取り出さなくても良くなるので、子供を抱えている時、買い物袋を両手に持っている時など、運転席や助手席、バックドアのボタンを押すだけで開錠するのでとても便利です。

特別仕様車は継続販売する

新型ポルテの特別仕様車

特別仕様車のF・アラモード・ブランは、2017年の一部改良が行われても継続して販売されますが、ボディカラーの「シトラスオレンジマイカメタリック」は、2017年11月の時点で生産終了していますので、注文ができない点に注意が必要です。

特別仕様車の内装

ウォッシャブルシートカバーを特別装備していて可愛らしく、カバーシートと同じ柄をルーフトリムに施しています。2017年の一部改良にて標準装備される「スマートエントリーパッケージ」を特別装備していて、「スーパーUVカットパッケージ」も同様に標準装備しています。

ほかにも、自動ブレーキのプリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートハイビームの3つを備えた「トヨタセーフティセンスC」を搭載していて、車両に対して時速10km~80kmの速度で自動ブレーキをかけてくれます。

ほかにも、セレクトパッケージでラインナップしている「HIDパッケージ」が追加で設定され、マルチリフレクター式のディスチャージヘッドランプとコンライトシステムが搭載されます。

タンクの登場でポルテは販売終了となるのか

トヨタの新型タンク

2016年11月9日に発売したタンクは、同じトヨタ・トヨペット店のチャンネルで販売されているトールワゴンですが、若い男女をターゲットとしている車です。タンクの先代車種もラクティスやbBなど、タンクと同様に若い男女をターゲットとしていた車でした。

ポルテは小さい子供がいる家庭をターゲットとしている車で、同じコンパクトカーですがスライドドアを搭載している「プチバン」というジャンルで、タンクより1つランクが上の価格帯です。

・タンクとポルテはコンセプトが違う
・子供が産まれたらポルテに乗り換えてもらう
・ポルテのほうが1ランク上にある価格帯である

3つの理由によりタンクがエントリーモデルの位置づけ、子供が産まれたらタンクからポルテに乗り換えという流れを作れるので、販売終了には至らないと予想します。

ポルテのマイナーチェンジでより使い勝手がいい車へ

ポルテの一部改良を行うマイナーチェンジは2017年12月11日に行われ、ピンクオーナメントをブラッドオレンジに変更、スマートキーやプッシュスタートを装備する「スマートエントリーパッケージ」の標準装備、「アクアブルーメタリック」と「ブルーメタリック」のボディカラー追加などが行われます。

ポルテ標準モデルに行われる改良

・ボディカラー2色追加
・スマートエントリーパッケージの標準装備
・オーナメントがピンクからブラッドオレンジに変更

特別仕様車の「F・アラモード・ブラン」は継続販売が行われて、メーカーオプションの「HIDパッケージ」が標準装備され更に使い勝手がいい車へと進化します。

トールワゴンのタンクが販売されたので、ポルテが販売終了になると懸念されていましたが、タンクがエントリーモデルに設定され、ポルテは1ランク上の車という位置づけになり、コンセプトも違うので販売終了の危機は脱したと考えられます。

標準モデルにはスマートエントリーが、特別仕様車にはHIDヘッドライトが標準装備されたポルテは、より使い勝手のいい1台です。