ポロのモデルチェンジ情報

ポロのモデルチェンジは2018年3月でボディが3ナンバーサイズへ

ポロのモデルチェンジは欧州で2017年10月に行われていて、日本では2018年3月に行われる予定です。価格帯は200万円前後で、エンジンは1.0Lと1.6Lのガソリンエンジンが用意されると考えられます。

ポロのモデルチェンジは2018年3月でボディが3ナンバーサイズへ

VWポロのモデルチェンジは2018年3月で6代目に進化

街を走るポロ

2009年から日本で発売されているフォルクスワーゲンのコンパクトカーであるポロは、販売開始から8年が経過した2017年10月にモデルチェンジが発表されイギリスで販売されています。日本では2018年3月から発売されると予想されていて、ボディサイズが大きくなり全長が4mを超えるなど大きく変化しました。

そこで、欧州ではすでに販売されている新型ポロのエクステリアやインテリア、ボディサイズに搭載装備、搭載エンジンなどを紹介します。外車のコンパクトカーは日本でも人気のスタイルですので要チェックです。

ポロ モデルチェンジ後のエクステリア

街を歩く人達とポロ

6代目ポロのエクステリアは、5代目とさほど変わらないキープコンセプトですが、全長は4,053mm、ミラーを含まない全幅は1,751mm、全高1,461mmになっていて、5代目のポロより大きなボディサイズになっています。

新型と5代目ポロのボディサイズ比較
新型 5代目
全長 4,053mm 3,995mm
全幅 1,751mm 1,685mm
全高 1,461mm 1,460mm
ホイールベース 2,548mm 2,470mm

6代目となる新型ポロでは、全長が4mを超えていて全幅が1,751mmと1.7mを超えているので3ナンバーサイズになります。5ナンバーのポロが欲しいときは5代目までのモデルを買うといいでしょう。

ポロのリア

リアビューは、5代目モデルと変わりなくテールランプの形状などもほぼ同じになっています。販売されているモデルは2018年2月の時点で7モデル、日本にも全てのモデルが導入されると考えられます。

イギリスで販売中のポロ(2018年2月)

・ポロS
・ポロSE
・ポロbeats
・ポロR-Line
・ポロSEL
・ポロGTI
・ポロGTI Plus

ボディカラーは11種類あり、標準カラーにオプションカラー、メタリックカラーがラインナップしています。エントリーグレードのPolo Sは9種類のラインナップです。

6代目ポロのボディカラー(英国仕様)

・Urano Grey
・Flash Red
・Pure White
・Champagne Silver Metallic(SEから)
・Deep Black Pearl
・Energetic Orange Metallic
・Ivory Silver Metallic
・Limestone Grey Metallic
・Reef Blue Metallic(SEから)
・Reflex Silver Metallic
・White Silver Metallic

ポロ モデルチェンジ後のインテリア

ポロの運転席

新しいポロのインテリアは5代目とコンセプトは変わっておらず、新型ではセンタークラスターのナビとエアコンルーバーの位置が逆になっているのが分かります。

ポロのコックピット

オレンジ内装のほかにレッド内装もあり、メーター内のディスプレイにはナビの画面や日付、ドライブレンジやデジタル速度計など様々な情報が表示されています。オレンジ内装は標準グレード、レッド内装はGTIグレードに採用されているものと考えられます。

ポロ モデルチェンジ後の搭載装備

ヘッドライトを照射するポロのイラスト

5代目ポロには、オプションでLEDヘッドライトやフロントとリヤのフォグランプ、暗い場所での乗降時に便利なカミングホーム・リビングホーム機能が搭載されていて、6代目ポロにも受け継がれると考えられます。

5代目ポロに搭載されている主な装備

・Start/Stopシステム
・センターロッキング機能
・パドルシフト
・アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)
・タイヤ空気圧警告灯
・マルチファンクションメーター
・フルオートエアコン

ポロ モデルチェンジ後の搭載エンジン

ボンネットを開けたポロ

新型ポロに搭載されているエンジンは、1.0Lガソリンや1.6Lディーゼル、2.0Lガソリンがラインナップしています。2018年3月に発売予定の日本仕様では、ガソリンエンジンのみがラインナップすると考えられます。

モデルチェンジ後のポロに
搭載されているエンジン(英国仕様)
排気量 1.0L 1.6L 2.0L
トランスミッション 5速MT 5速MT 6速MT
最高出力 65PS/5,100rpm 80PS/2,700rpm 200PS/4,400rpm
最大トルク 95Nm/3,000rpm 230Nm/1,500rpm 320Nm/1,500rpm
0-100km/h加速 15.5秒 12.9秒 6.7秒
使用燃料 ガソリン 軽油 ガソリン

同じ1.0LのエンジンでもSグレードでは65PS、SEグレードでは95PSのエンジンがあるなど、様々なラインナップがあります。日本に導入される場合は、マニュアル仕様は採用されず、トランスミッションが7DSGに対応するエンジンが採用されると考えられます。

ポロ モデルチェンジ後の発売日・価格帯

走行中のポロ

モデルチェンジしたあとのポロの発売日は、2017年10月に欧州で発売済みで、日本には2018年3月に導入されると予想します。気になる値段は13,855ユーロからで、日本円では200万円前後になると考えられます。

ポロ モデルチェンジ後の価格帯(予想)
S 13,855ユーロ(187万円)
SE 14,630ユーロ(197万円)
Polo beats 15,680ユーロ(211万円)
Polo R-Line 17,830ユーロ(240万円)
SEL 18,180ユーロ(245万円)
GTI 21,140ユーロ(285万円)
GTI Plus 22,640ユーロ(305万円)

ポロのモデルチェンジで3ナンバーサイズにスペックアップ

5代目までのポロは、全長3,995mm、全幅1,685mm、全高1,475mmの5ナンバーサイズでしたが、新型のポロでは全長4,053mm、全幅1,751mm、全高1,461mmの3ナンバーサイズになり、全長も4mを超えました。エクステリアはキープコンセプトですので、5ナンバーが欲しい時は5代目のポロを、最新のポロが欲しい時は発売まで待つといいでしょう。

予想価格帯は200万円前後になると考えられていて、エンジンは1.0Lのガソリンエンジンと7速DSGを搭載したモデルがラインナップすると予想します。おしゃれでコンパクトなので街中にも映える新型ポロの発売が楽しみです。