空気圧チェックの頻度は月イチ

空気圧チェックは月イチが目安!セルフのやり方をチェック

空気圧のチェックを怠っていると、燃費が悪化する、走行性能が悪くなる、タイヤの寿命が早く来るなど、デメリットばかりが生じます。逆に空気圧を高めにすると、乗り心地がふわふわする、ブレーキの効きが悪くなるなどのデメリットも生じるので、適正に合わせる方法を紹介。

空気圧チェックは月イチが目安!セルフのやり方をチェック

タイヤの空気圧をチェックする方法・頻度・目安

タイヤの空気圧をチェックしておかないと、燃費の低下・タイヤの寿命が早く来る、最悪の場合走行中にバースト(破裂)するなど、デメリットがたくさんあります。

タイヤの空気圧を適正に入れておくと、燃費性能の向上、安定した走行性能、タイヤの寿命が長持ちするなど、メリットがたくさんあります。

そこで、タイヤの空気圧をチェックする方法や入れ方、適正空気圧を日頃チェックしていないデメリットなどを紹介します。

タイヤの空気圧をチェックする方法

タイヤに空気を入れる男性

タイヤの空気圧をチェックする方法は、主に持ち運び可能な空気圧チェック用のタンクを使って行います。ガソリンスタンドやカー用品店などで、無料で貸し出してくれるところが多いので自分でもチェックすることが出来ます。不安な場合はスタッフに頼むとチェックしてくれることがあります。

車両の純正タイヤ適正空気圧は、運転席のドアを開けたところにシールが貼ってある場合が多く、フロントとリアで別れて記されているので、書いてある数値通りに空気圧を合わせてあげるといいです。

タイヤ空気圧チェックの方法

1.エアバルブのキャップを外す
2.ホースをバルブに差し込む
3.ゲージの数値を見ながら空気を入れたり抜いたりして調整する
4.終わったらエアバルブのキャップをつけて1本分終了

まずは、タイヤのバルブキャップを外して、ホースを垂直に差し込みます。「シュッ」と音が鳴り空気圧ゲージが数値をピタッと示していたら成功です。

もし、「シュー」と断続的に音が鳴り続けていたり、ゲージが数値を差さずに「0」のままだと正確に数値を測れないので、垂直に差し直してください。

次に、ゲージが示している数値を見ながらトリガーを引き空気を入れていきます。入れ過ぎたと思ったらボタンを押して空気を抜きながら調整します。ゲージが適正空気圧の数値を示していたら調整終了で、これを前後4本分行います。

他にも、タイヤの状況によってゲージが示す数値が違い、長く走行してタイヤが温まっている時では、空気圧が高めに出やすいので、指定空気圧より気持ち高めに入れるとタイヤが冷えた時に適正の空気圧に合いやすくなります。

※エアタンクによって、空気を入れる・抜く方法が違うので分からない時は、スタッフに聞いてください。

タイヤの空気圧をチェックするタイミング

空気圧をチェックする男性

タイヤの空気圧をチェックするタイミングは、最低でも月に1回程度が適正といわれています。タイヤの空気は自然に抜けていき、段々と適正空気圧から低くなって燃費性能や走行性能が悪化していきますので、月に1回の点検が必要になります。

タイヤの空気圧をチェックするタイミング

タイヤ交換をした時
カー用品店に行った時
ガソリンスタンドで給油した時

夏・冬タイヤへ履き替えた時には、必ず空気圧をチェックするようにしてください。冬の期間置いていた自転車を春になってからタイヤを押すと軽い力でへこむように、車のタイヤも半年以上倉庫に置いていると自然と空気が抜けていて適正空気圧より低くなっていることがほとんどです。

タイヤの衣替えをしたら、空気圧が適正より抜けていることが多いのでまずはタイヤの空気圧を調整してください。

また、給油の頻度にも寄りますが月に1回は行くガソリンスタンドで給油したついでに、タイヤの空気圧を見ておくといいです。カー用品店やガソリンスタンドには、タンク式の空気圧タンクが置いてあることが多いので、それを使ってセルフで調整できます。

タイヤの空気圧が適正より低いデメリット

空気が抜けているタイヤ

タイヤの空気圧が適正より低いと、燃費の低下、破裂(バースト)しやすくなる、運動性能が低下するなど、様々なデメリットがあります。

適正に空気が入ったタイヤは、タイヤの真ん中をまんべんなく使ってグリップして走行していますが、空気圧が低いと端っこ(両肩)まで使って走行することになり、溝が先に減る偏摩耗が起こりやすくタイヤの寿命が縮みます。

また、空気の抜けた自転車はいくらペダルを踏んでも少ししか前に進まないように、車も空気の抜けたタイヤでは思うようにスピードが出ずアクセルも踏み気味になります。すると、適正の空気圧が入ったタイヤよりも燃料消費が早いので、燃費が悪化する原因にもなります。

他にも、適正空気圧が入ったタイヤに比べて変型しやすいので、段差を乗り越える時などにタイヤが衝撃を内部に伝えやすいので、内部が破損していつの間にかパンクしたり、キズが原因でのバーストが起こる可能性もありますので、注意が必要です。

タイヤの空気圧が適正より高いデメリット

空気圧が適正のタイヤ

タイヤの空気圧を高めに設定していると、燃費が良くなると言われていますが、タイヤ中央が偏摩耗して寿命が早く来る、ブレーキの効きが悪くなる、ゴツゴツとした乗り心地になるなどのデメリットもあります。

自転車の空気を目一杯入れたあとに乗ると、少しの力でもグングン進んでいくように、車も少しの力で進むようになるので燃費が良くなりやすいのですが、空気圧が高めだと山なりに中央が膨らんでいる状態で走っているので、タイヤの真ん中だけが減っていく偏摩耗が起きて寿命が早く来やすくなります。

また、設置面も適正空気圧のタイヤに比べて狭い状態なので、踏ん張りが効かなくなりブレーキも効きにくくなります。他にも、適正空気圧のタイヤよりも変型がしにくいので、跳ねやすくふわふわする、段差やマンホールを超える時にゴツゴツとした衝撃を拾いやすくなり乗り心地が悪くなったと感じます。

テンパータイヤ(応急用)の空気圧や装着箇所

緊急用のタイヤ

テンパータイヤとは、応急用の見た目が細いタイヤのことで、いまではパンク修理キットがあるので搭載していない車も多いものです。もし、何かあった時のためにテンパータイヤの適正空気圧や装着箇所を確認しておいてください。

テンパータイヤの適正空気圧は、サイドウォール(タイヤのメーカーなどが書いてある部分)に、数字で表記されているので、その数値に合わせて入れてください。

また、テンパータイヤは、FF車(前輪駆動)の車に装着する時は、前につけるのではなく後ろに装着するのが一般的です。もし、前輪がパンクした時は、一旦テンパータイヤを後輪に取り付けて、外した後輪をパンクした前輪取りつけて走行してください。

もちろん車種によってテンパータイヤの取り扱いが違うので、必ず説明書を確認してから装着するようにしてください。

タイヤの空気圧は燃費にも直結する大事なメンテナンス

タイヤの空気圧は低めの状態が1番危険な状態ですので、燃費の悪化だけではなく、バーストの危険性も高まります。高速道路を走る機会がある時は、遠出する前のメンテナンスとしてガソリンを満タンにする時に空気圧も一緒に見てもらうといいです。

タイヤの空気圧を日頃から適正に保っておくことで、偏摩耗が起こりにくくタイヤが長持ちする、燃費の悪化を防ぐなど、メリットがたくさんあります。タイヤの空気は自然に抜けていくので、最低でも月に1回はチェックしておくと安心です。