縦列駐車をスムーズに行う手順

縦列駐車が簡単に出来るミラーの見方とハンドル操作のコツ

縦列駐車は教習所でポールを使って練習したけど苦手という方が、簡単に出来る方法を紹介。動画を観てイメトレする、同乗者がいればサポートしてもらうなどのコツや、目印となる場所を決めてミラーで後の車が見えるまでバックするのなどの手順についても取り上げます。

縦列駐車が簡単に出来るミラーの見方とハンドル操作のコツ

縦列駐車が出来ると都会の運転シーンで困ることはありません

地方に住んでいる方にとって縦列駐車は、免許を取得する際に必死に練習した以降はそうめったに実戦の場で試す機会はないかもしれません。けれど、都会で暮らしている方にとって、縦列駐車はビジネスのシーンで上司を駅や空港に送迎する際など、スムーズに出来ていた方が便利です。

また、プライペートで、隣に座っている女性が路側帯のすぐに近くにあるお店にちょっとした用事がある時に、かっこよく縦列駐車が出来ればポイントアップです。都会の様々な運転シーンにおいて、縦列駐車が出来れば困る事はありません

今回は、縦列駐車に苦手意識を感じている方が、得意になるコツと手順を紹介します!

縦列駐車のコツ

縦列駐車をするセダン

ハンドル操作は車を停めた状態で行う

苦手な事は、複数の事を同時に行うのではなく、個別に分けて一つ一つの動作を着実にこなしていく方が、上達が早まります。縦列駐車が得意ではない方、久しぶりに行う方はハンドル操作とシフト操作、アクセルペダルを踏む動作を同時には行わず。ハンドル操作が終わってから、次の動作を行う事をお勧めします。

周囲の道路状況に注意しながら、リラックスした状態で行う

都会で運転していると、ビジネスの場、プライベートの場で、時には交通量の多い場所で縦列駐車をしなければならない時もあります。その際、後ろから接近してくる車にせかされて、自分のペースではなく、冷静さを欠いた状況で縦列駐車をしてしまうと、事故につながりやすくなります。

後ろから接近してくる車の事ばかりを意識せずに、前に止まっている車と後ろに止まっている車と接触しない事も考えて、リラックスした状態で行っていきましょう。

車に搭載されている運転サポートシステムを利用する

縦列駐車のスペースに収まるコンパクトカー

縦列駐車は、運転技術において最難関ともいわれていて、なおかつ免許取得後に頻繁に行う機会はバック駐車に比べて少ないので、経験不足からも苦手とされている方は沢山おります。それでも、街乗り運転をしていると、縦列駐車の機会は必ずといっていいほど訪れます。その時に、停車している車との接触、路肩などと車をこすってしまうドライバーは後を絶ちません。

そういった状況の打開、ドライバーのニーズに応えて各自動車メーカーは、縦列駐車時の運転サポートシステムを搭載した車を多数ラインナップさせています。例えば、トヨタのクラウンなどに搭載されているインテリジェントパーキングアシストは、スイッチを押すとハンドル操作をアシストしてくれます。

日産は、各車にアラウンドビューモニターやインテリジェントパーキングアシストを採用し、縦列駐車をサポートします。その他の自動車メーカーも縦列駐車をサポートする車種を発表しています。縦列駐車が苦手な方は、ご自身の車にそういったサポートシステムが搭載されていれば、積極的に利用していきましょう。

同乗者がいればサポートしてもらう

縦列駐車が苦手な方は車に乗っているのが、自分一人ではなくて、同乗者がいればサポートしてもらいましょう。男性であれば、デートの時、女性にカッコ悪い姿をみせたくはないので、ためらう気持ちの方が強いかもしれませんが、自分一人でなんとかしようとして、接触事故を起こした方がイメージダウンにつながります。

バックする際に、後ろから来ている車はいないかの状況確認、路肩や街路樹とぶつからないかの確認
を同乗者にサポートしてもらうだけで楽になります。また、場合によっては車外から誘導してもらえれば、だいぶ助かります。

動画を観てイメージトレーニングをする

空間認識能力の善し悪しが活かされるスポーツの分野において、イメージトレーニングの高い学習効果が指摘されています。運転テクニック、特に縦列駐車の上手い下手と、空間認識能力の高い低いとは相関関係があります。つまり、空間認識能力が高い人の方が、縦列駐車が上手な傾向にあります

空間認識能力も必要となる縦列駐車は、実際に運転されている動画を観てイメトレすることで、確実に運転テクニックが向上します。また、縦列駐車が苦手な人の運転と得意な人の運転とを見比べる事も上達のコツです。

縦列駐車の手順

カーナビのモニターを参考に駐車するドライバー

1.前方の車と1mくらい横の間隔をあけて、車を平行に停止させる

縦列駐車を出来そうなスペースを見つけたら、前方に止めてある車の少し前に自分の車を止めます。
停止している車との横幅は1mくらいが適切です。

前方に止めてある車と、後方に止めてある車との間のスペースが、自分の車の縦サイズの1.5倍ほどあれば理想的です。

2.左に縦列駐車する場合は左にハンドルを切る

縦列駐車の手順

日本の道路では基本的に左側に縦列駐車をすることになります。その場合は左方向に旋回する必要があるため、左周りにハンドルを思いきり切りましょう。

3.目印となる場所を決めてその途中まで真っすぐバックする

車を移動したい方向にハンドルをきったら、シフトレバーをRに切り替えて、アクセルペダルをゆっくり踏み込んで、車をバックさせます。バックする際には、目印となる場所を決めておいた方がスムーズなラインで車を移動させることができます。

望ましいのは、後方に止まっている車の路側帯付近の場所です。そこを目印として、バックしていきます。サイドミラーに後ろに止まっている車が完全に映りこんだら、ストップです

4.タイヤが真っすぐになるようにハンドルを定位置に戻しながらバックする

縦列駐車を得意とするドライバー

車をいったん止めた後は、ハンドルを定位置に戻しながらバックしていきます。そうすることで、タイヤが真っすぐなって、路側帯にぶつからず、外側の車線にはみ出すことなく綺麗に駐車する事が出来ます。

車をバックさせる際には、どうしてもリア部分の方に意識が向いてしまいますが、実は気を付けるべきはフロントの方です。バックをしながら曲がる際には、外輪差があって前輪の方が後輪よりも外側のラインを通ってしまいますので、フロント部分が停まっている車などと接触しないように注意してハンドルを戻していきましょう。

5.車の幅寄せをする

路側帯と並行になるように、車を幅寄せします。スペースが限られているので、あまり神経質になって幅寄せをしてしまうと、停車中の車と接触してしまう恐れがあるので、縦列駐車での幅寄せはほどほどにしましょう。

縦列駐車が得意になると、都会の街中での運転が楽しくなる

交通網が発達している都会では、電車に乗る方が車で移動するよりも便利な事もあります。都会で車を運転すると、駐車スペースが限られているし、駐車料金は高いなどの不便さもあります。

けれども、都会の街中を車で運転していると、電車に乗っている時には見えない景色を、臨場感を持って楽しむ事が出来ます。電車に乗っているだけでは、見えてこない都会の景色をもっと楽しむためには、いざって時に必要となる縦列駐車のテクニックが必要となります。