オーバーハングの意味を知ろう

オーバーハングの長い・短いで車の外観と性能はどう変わる?

オーバーハングはタイヤの中心部から外側に向かう先端までのボディ領域の事を言います。フロント部とリヤ部に分かれるオーバーハングは、ホイールベースとの比率によりエクステリアの印象を決め、最小回転半径に関わるなど運動性能にも影響を与えます。

オーバーハングの長い・短いで車の外観と性能はどう変わる?

オーバーハングは車の見た目や運転性能にも影響を及ぼします!

言葉のルーツは登山用語であるオーバーハングは、今や自動車業界以外でも金融業や建築業界などの他業種でも使われています。

「新型モデルはフロントオーバーハングが短くなった」「リヤ―オーバーハングが長いのが特徴的」など、オーバーハングは車のプロポーションを表現する言葉です。ホイールベースが長くなればオーバーハングは短くなって、ホイールベースが短くなればオーバーハングが長くなる関連性について紹介していきます。

オーバーハングの長い・短いは車の印象に影響を与えるだけではなく、最小回転半径などの運動性能にも影響を及ぼします。スバルの車のフロントオーバーハングが長い傾向にある理由も取り上げます。

オーバーハングの長い短いが車のイメージ与える印象

オーバーハングを表す画像

オーバーハングは車のサイドビューから確認するのが一番わかりやすくて、前輪・後輪の軸からフロント及びリヤの先端部までの領域を指しています。

フロント先端~前輪の軸までは「フロントオーバーハング」と呼ばれ、後輪の軸~リヤ先端までは「リヤオーバーハング」と呼ばれます。前輪の軸~後輪の軸の距離であるホイールベースとは密接な関係にあり、オーバーハングをロングサイズにすればホイールベースはその影響を受けて短くなり、オーバーハングをスモールサイズにすればホイールベースは長くなる傾向があります。

オーバーハングとホイールベースのサイズの比率が車の印象に与える影響は大きくて、オーバーハングの比率が高まれば、安心感と高級感は車体からは醸し出され、オーバーハングの比率が低まれば、アクティブな印象度が高まります。

最近の車のトレンドは「ショートオーバーハング・ロングホイールベース」

オーバーハングの短いプリウス

オーバーハングの長い・短いは、運動性能に影響を与えるだけではなくて、衝突時の衝撃吸収力にも関わっていますオーバーハングが長ければ、衝突時に発生するエネルギーはオーバーハングのエリアが吸収してくれて、室内スペースには伝わりにくくなります。

以前は衝突時に備えて、ある程度のサイズをオーバーハングには持たせていましたが、衝突時の力をうまく分散させて室内にはダメージが伝わりにくいクラッシャブルゾーンを導入した事により、オーバーハングをロングサイズにする必要性は弱まっていきました。

そのため、オーバーハングはショートサイズにして、室内スペースを拡充した「ショートオーバーハング・ロングホイールベース」をデザインのコンセプトに据えた車が軽自動車でも増えつつあります。

ショートオーバーハングにすることには、メリットだけではなくてデメリットもあります。

ショートオーバーハングのメリット

小回りが利くヴィッツ

コーナリングが安定する

バスやトラックといった大型車をイメージして頂くと解りやすいと思いますが、ホイールベースと比べればオーバーハングのサイズは圧倒的に少ないです。その理由には、オーバーハングのサイズを長くするに比例して重量も増してしまう事がかかわっています。

フロントオーバーハング及びリヤオーバーハングの重量が増すことで、コーナリングを行う際にはその重量の分だけ車体が左右にブレやすくなります。

オーバーハングを短くすることで重量は抑えられ、コーナリングの際には車体が左右にブレにくくなり安定します。そのため、トラックなどの大型車ではオーバーハングは短く設計します。

小回りが利く

オーバーハングが短い車の方が小回りは利きます。ステアリングを切った時の、車の向きの変えやすさを表す回頭性にはオーバーハングの長い・短いが影響を与えます。

フロントやリヤの先端部とタイヤの軸との間の距離であるオーバーハングは短いほど、タイヤの軸を中心として方向転換する際の半径は狭められるので小回りが利きくようになります。

ショートオーバーハングのデメリット

少しトランクスペースが狭い車

トランクルームのスペースが狭められる

「ショートオーバーハング・ロングホイールベース」をコンセプトに掲げて、車の開発が行われると室内スペースは充実しますが、リヤオーバーハングのサイズダウンが行われることで、トランクルームはその影響を受けて狭められていまいます。

トランクルームと室内スペースが独立して設けられているセダンタイプの車ではトランクルームのスペースの確保は重要です。

スバル車は水平対向エンジンを搭載しているのでフロントオーバーハングが長い

スバル車は他社と比較すると、フロントオーバーハングが長い傾向にあります。その理由は、スバル車が水平対向エンジンを搭載しているからです。

水平対向エンジンでは、左右に幅のあるエンジンを横置きするのが特徴的です。水平対向エンジンをフロント部に搭載すると、垂直エンジンを導入するよりも横にスペースが必要となるためフロントオーバーハングは必然的に長くなってしまいます。

オーバーハングに詳しくなれば、車の知識は広がっていく

短いオーバーハングを利用する車

車の主要諸元表には、ボディサイズとともにホイールベースは記載されていますが、オーバーハングについての記載はありません。ホイールベースに比べればマイナーな存在であるオーバーハングに詳しくなることで、車の知識は広がります。

軽自動車の室内スペースが充実したのはクラッシャブルゾーンを設けた事でオーバーハングを短くすることができたから、スバル車のフロントオーバーハングが長い傾向にあるのは水平対向エンジンを搭載しているからなど、オーバーハングをテーマとして据えることで車の知識が広がっていきました。

車の各パーツやエリアは他の部分と関連性があります。オーバーハングのように、諸元表には記載されてはいないマイナーなワードにもスポットライトをあてる事で車の知識はどんどん深まっていきます!