ホンダN-WGNフルモデルチェンジ情報

ホンダN-WGNは2019年にフルモデルチェンジで低燃費を実現

ホンダN-WGNが2019年にフルモデルチェンジ。新型モデルでは、マイルドハイブリッドシステムを搭載し低燃費を実現する見込み。助手席スーパースライドシートを導入してホンダセンシングを装備、内外装の特徴や販売価格等を予想も交えて紹介します。

ホンダN-WGNは2019年にフルモデルチェンジで低燃費を実現

N-WGN がフルモデルチェンジで新型モデル登場!内外装等の魅力を紹介

ホンダの軽自動車Nシリーズの売上は好調です。人気No.1はN-BOXですが、N-ONEやN-WGNは顧客満足度の高い車です。

N-BOXが2017年8月にフルモデルチェンジを行ってから、N-ONEやN-WGNのフルモデルチェンジのタイミングにも注目が集まっています。

N-WGNはライバルであるスズキのワゴンRやダイハツのムーヴと比較すると、燃費の面で見劣りしています。その影響もあって販売台数が下降気味です。

今回は、N-WGNのフルモデルチェンジの時期や新型モデルの内外装の魅力や安全性能、販売価格等について予想も交えて紹介していきます。

N-WGNのフルモデルチェンジは2019年

5色並んだN-WGN

※現行N-WGN

ホンダNシリーズは、軽自動車市場で熾烈なシェア争いを繰り広げるスズキやダイハツを意識して商品戦略が行われます。1967年のN360をルーツとするNシリーズは「New Next Nippon Norimono」をコンセプトに掲げます。

2011年に登場したN-BOXは2017年にフルモデルチェンジが行われました。2012年に発売を開始したホンダ・ゼストの後継車にあたるN-ONEのフルモデルチェンジは2018年が既定路線です。同様のタイミングであると考えれば、2013年に初代モデルが販売されたライフの後継車にあたる軽ハイトワゴンN-WGNのフルモデルチェンジの時期は2019年となると予想されます。

新型N-WGNのエクステリアはカスタムグレードでは様変わり

N-WGNの現行モデル

※現行N-WGN標準モデル

2017年8月にフルモデルチェンジが行われ誕生したN-BOXはキープコンセプトであったため、N-WGNでも、前モデルのエクステリアの流れは受け継ぐものと思われます。標準モデルで変更点があるとすれば、ヘッドライトのデザインを若干いじるくらいです。

N-WGNカスタムの現行モデル

※現行N-WGNカスタムグレード

現行モデルと比較して大きな変更点が見られるとすれば、カスタムモデルです。

カスタムモデルでは大型グリルを設置してフロントマスクの迫力をアップ、メッキ加飾で華やかさを付け加えデザイン面で車にこだわりを持つユーザーの購買意欲を刺激します。

N-BOXカスタムに見られるようなプレミアム感が加わったグレードもN-WGNではラインナップする見込みです。

新型N-WGNでも助手席スーパースライドシートを採用

N-WGNのベージュインテリア×ブラウンシート

※現行モデルのベージュインテリア×ブラウンシート

N-BOX同様にN-WGNでもキープコンセプトの考え方でフルモデルチェンジが行われます。
N-WGNの標準モデルでは、ベージュカラーを中心とした落ち着いた色合いが好印象で、フロアカーペットのブラックカラーは、汚れが目立ちにくいと子育てをしているママさん達から好評です。

N-WGNのブラックインテリア×カスタムブラックシート

※現行カスタムモデルのブラックインテリア×カスタムブラックシート

現行モデルのカスタムグレードのインテリアは、シックなブラックで攻めていて、内外装にかっこ良さを求める男性を意識した仕上がりです。

今回のフルモデルチェンジでは、標準モデル及びカスタムグレードのインテリアではデザインの大幅な変更は行いません。

新型N-BOXのスーパースライドシート

新型N-WGNでも、N-BOX同様に助手席スーパースライドシートを導入します。

60cm近くも前や後ろへと動かす事が可能なシートを利用することで、多彩なシートアレンジが可能となり荷物の積載能力が上がります。導入する効果は、車への乗り降りが楽になる、室内でお子さんの面倒も見やすくなる等があります。

新型N-WGNはハイブリッドモデルで低燃費を実現

マイルドハイブリッドを搭載した新型ワゴンR

※マイルドハイブリッドを搭載した新型ワゴンR

N-WGNのライバル車であるスズキ・ワゴンRは、モーターアシスト式マイルドハイブリッドシステムであるSエネチャージを搭載しJC08モードで33.4km/Lの低燃費を達成しています。

フルモデルチェンジによって誕生する新型N-WGNでは、ワゴンRが実現している低燃費に近づく事ができるのか、あるいは超えることで軽自動車を購入する際に燃費を気にする層にアピールできるのかに注目が集まります。

2017年の8月に行われたN-BOXのフルモデルチェンジではマイルドハイブリッドシステムを導入したモデルの登場はなかったため、売れゆきが下降気味のN-WGNの巻き返しを図るために新型モデルでラインナップさせる可能性は否定できません。

2WD(FF) 4WD
ホンダ N-WGN 29.4km/L 26.2km/L
スズキ ワゴンR 33.4km/L 30.4km/L
ダイハツ ムーヴ 31.0km/L 27.6km/L

ライバル社に対抗しN-WGNで新プラットフォームを採用する可能性

スズキの新プラットフォームHEARTECT

※新プラットフォームHEARTECT

スズキが導入した新プラットフォーム「HEARTECT」は、車体の剛性や安全性を落とさずに車両重量の軽量化を達成し、低燃費の実現や走りの魅力を高める事にも成功しました。

ダイハツはトヨタのTNGA技術にアレンジを加えた「DNGAプラットフォーム」の導入を2020年としています。

軽自動車市場で熾烈なシェア争いを繰り広げているライバル企業が新プラットフォームへの投資を積極化しているのに対抗し、ホンダもNシリーズに新プラットフォームを導入し、N-WGNはそのプラットフォームで開発が行われる可能性もあります。

新型N-WGNはホンダセンシングをグレードアップさせ安全性が向上

現行モデルは「あんしんパッケージ」と呼ばれる予防・安全システムを備えます。
あんしんパッケージでは、シティブレーキアクティブシステムや6つのエアバックシステム等がパッケージングされています。
しかし、シティブレーキアクティブシステムは、作動域が限られているため十分に安全性は担保されているとは言い切れません。

そこで、フルモデルチェンジ後に誕生する新型N-WGNではホンダセンシングのグレードアップさせたものを搭載し安全性の強化を図ります。

ライバルであるスズキの新型ワゴンRは、単眼カメラと2つのセンサーで安全運転機能を高めました。
N-WGNも対抗する形でホンダセンシングに同様の接続機器を設置し、ソフトウェアを進化させて高い安全性を確保します。

新型N-WGNのエンジンにはS07B型のグレードアップ版を搭載する見込み

新型N-BOXのエンジン

※N-BOXのS07B型エンジン

2017年8月に行われたN-BOXのフルモデルチェンジでは、新開発エンジン「S07B型」を搭載しました。新
型N-BOXに搭載されている自然吸気エンジンは、軽では初となる可変バルブのV-TECエンジンです。新型N-BOXは、新たなエンジンを搭載する事で心地よく安心できる走りを体感できると評判です!

フルモデルチェンジによって誕生する2代目N-WGNでは、S07B型エンジンをグレードアップさせたものを搭載するのかあるいは新開発のエンジンを搭載するのかに期待が持たれます。
可能性として高いのは、S07B型エンジンのグレードアップ版の搭載です。

新型N-BOXに搭載のエンジンスペック
自然吸気 ターボモデル
エンジン型式 S07B
エンジン種類・シリンダー数 水冷直列3気筒横置
弁機構 DOHCチェーン駆動 吸気2 排気2
総排気量 658L
圧縮比 9.8 12.0
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
使用燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
最高出力 43KW/7,300rpm 47KW/6,000rpm
最大トルク 65Nm/4,800rpm 104Nm/2,600rpm

新型N-WGNの販売価格は15万円ほどアップ

現行モデルのN-WGNの販売価格帯は標準モデルで110万円~150万円、カスタムグレードでは140万円~170万円台です。

新型N-WGNでは、ホンダセンシングの最新モデルを搭載する・助手席スーパースライドシートを搭載するなどの付加価値が加わるため販売価格は15万円ほどアップすると予想します。

新型N-WGNはNシリーズ最高性能の車となります!

N-WGNのフルモデルチェンジは、ホンダNシリーズの中で最も遅く行われます。
2017年にフルモデルチェンジが行われたN-BOXは優れた安全性やシートアレンジ機能等が高い評価を受けています。2018年に行われるとされるN-ONEの期待度も高いです。

N-WGNのフルモデルチェンジは2019年を予定しています。ホンダNシリーズの中でフルモデルチェンジのタイミングが一番遅いという事は、先行して行われた「N-BOX」や「N-ONE」の中からユーザーに高い評価を受けた機能だけをピックアップして新型N-WGNに搭載するという戦略も可能となります。

そんな魅力的な機能満載のN-WGNは、Nシリーズ最高性能の車となり得る可能性を大いに秘めています!