スズキ新型XBEEのスペックまとめ

スズキ新型XBEEはハスラーの普通車モデル!2017年末に発売か?

新型XBEEは、軽自動車のハスラーをベースとした普通車モデルです。ジムニー・ジムニーシエラのような関係性で、1.0Lか1.2Lマイルドハイブリッドエンジンを搭載すると見られています。2017年東京モーターショーで発表される新型XBEEのエクステリアや内装を紹介します。

スズキ新型XBEEはハスラーの普通車モデル!2017年末に発売か?

スズキ新型XBEEはコンパクトクラスのSUV

スズキは、2017年東京モーターショーで「XBEE」を初披露すると発表しました!エクステリアは大ヒットしている軽自動車の「ハスラー」に似ていて、ひと回り大きく見えることから5人乗りの普通車版だと考えられます。

発売日は2017年末か2018年初頭と見られているハスラーのワイド版「XBEE」のエクステリア、インテリア、搭載エンジンや発売日・価格帯を紹介します。

新型XBEEのエクステリア

スズキの新型車であるXBEEは、ベースモデルの「XBEE」と、アウトドア向けの「OUTDOOR  ADVENTURE」、街乗り向けの「STREET ADVENTURE」の3種類がラインナップしています。

新型クロスビーのアウトドアアドベンチャー

※アウトドアアドベンチャー

新型クロスビーのストリートアドベンチャー

※ストリートアドベンチャー

いずれもボディとルーフカラーが塗り分けられているツートンカラーになっていて、市販車モデルではモノトーンカラーも用意されると考えられます。ハスラーでは全11色のカラーリングが用意されているので、XBEEでも同様のカラーラインナップが用意されると予想します。

ドアミラーのカラーは、ルーフカラーと同色に設定されていて、ホワイトとブラックの2色が用意されています。フォグランプはハスラーと同様にシルバーのフロントバンパーに設置されていて、配置位置も高いので運転中も見やすい設計になっています。

新型クロスビーのリアビュー

リアビューは、メッキパーツで加飾されたテールランプにシルバーバンパーにリフレクターが装備され、ナンバープレート付近は黒いバンパーでブラックアウトされています。ガソリン給油口が左側に装備されているので、マフラーエンドは右側に配置されているものと予想します。

予想されるボディサイズは、軽自動車のハスラーをひと回り大きくしたサイズで、全長3,760mm、全幅1,670mm、全高1,705mmで、ホイールベースは2,435mmです。

XBEE ハスラー
全長 3,760mm 3,395mm
全幅 1,670mm 1,475mm
全高 1,705mm 1,665mm
ホイールベース 2,435mm 2,425mm

新型XBEEのインテリア

新型クロスビー ストリートアドベンチャーの内装

※ストリートアドベンチャーのインテリア

新型XBEEのインテリアは、かなり個性的なデザインです。インパネトレー横にはUSBソケットが装備されていて充電中のスマホなどの置き場に困ることがありません。シフトノブはインパネに設置されているので運転席と助手席の間はウォークスルーになっています。

新型クロスビー アウトドアアドベンチャーの内装

アウトドアアドベンチャーのインテリアカラーは、キャンプなどのアウトドアシチュエーションに似合うウッド調のインテリアパネルなどが装備されていて落ち着いたデザインになっています。

新型クロスビーのシート

ベースのXBEEのインテリアは、白いインテリアパネルが装備されていて上品な雰囲気があります。シートはブラックにゴールドのアクセントが施されていて、座面・背面ともにサイドが張り出している設計なので身体をサポートしてくれ疲れにくいシートになっています。

後部座席は広々としていて、シート中央に装備されたシートベルトがあることから5人乗りであることが分かります。

新型クロスビーのカーゴルーム

カーゴルームは折りたたんだベビーカーの他にもバッグを載せることができることが出来る広さがあり、ボードを跳ね上げることで高さのある荷物も後方視界をある程度塞がずに積むことができます。

新型XBEEの搭載エンジン・装備

新型クロスビーのエンジン

新型XBEEに搭載されるエンジンは、バレーノやスイフトRStに搭載されている「1.0Lブースタージェットエンジン」が搭載されると予想します。

1.0Lブースタージェットエンジン諸元
型式 K10C
種類 直列3気筒
排気量 996cc
最高出力 102PS/5,500rpm
最大トルク 150Nm/1,700~4,500rpm

軽自動車のハスラーと比べると自動車税は10,800円から29,500円になり、燃費は20km/Lになると予想しますが、最高出力はハスラーターボの64PSから102PSの約1.6倍になり、最大トルクも95Nmから150Nmへとトルクアップします。

新型クロスビーに搭載されるデュアルジェットエンジン

また、新型スイフトに搭載されているデュアルジェットエンジンの「K12C」とISGを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載する可能性もあり、燃費は2WDで27.4km/Lを記録しています。

1.2Lデュアルジェットハイブリッドエンジン諸元
エンジン型式 K12C
種類 直列4気筒
排気量 1,242cc
エンジン最高出力 91PS/6,000rpm
エンジン最大トルク 118Nm/4,400rpm
モーター型式 WA05A
モーター最高出力 3.1PS/1,000rpm
モーター最大トルク 50Nm/100rpm

新型クロスビーのデュアルカメラブレーキサポート

新型XBEEに搭載される安全装備としては、同じクラスのイグニスに搭載されている「デュアルカメラブレーキサポート」が装備されると予想します。

デュアルカメラブレーキサポートに搭載される安全装備

・自動ブレーキによる衝突回避または被害軽減
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能

新型XBEEの価格帯・発売日

新型XBEEの発売日は、2017年東京モーターショーで発表後の2017年末か、遅くても2018年初頭になると予想します。気になる価格帯はボディサイズから予想し、イグニス、バレーノとSX4 S-CROSSの中間に位置するクラスですので、160万円から200万円になると考えられます。

新型XBEEはハスラーのワイド版で登録車に

新型XBEEは、軽自動車のハスラーを普通車の枠で作った車両で「ハスラーワイド」と噂されていたモデルです。

ボディサイズはハスラーよりひと回り大きいので、横幅が広く荷物も積みやすくなっています。搭載されるエンジンは、「1.0Lブースタージェットエンジン」か「1.2Lマイルドハイブリッドエンジン」で、燃費は1.0Lエンジンで20.0km/L、1.2Lハイブリッドエンジンで27.4km/Lを記録しています。

価格帯は、イグニスやバレーノ、SX4 S-CROSSの中間になると見られていて160万円から200万円になると予想される新型XBEEの発表は2017年10月の東京モーターショーです。軽自動車で大ヒットしているハスラーの後に続けるか期待したいところです。