レクサスオーナーズデスクの内容

レクサスオーナーズデスクのサービス内容や利用できる条件

レクサスオーナーズデスクでは、アフターサービスの充実のために「ドライブサポート」「紹介・予約サービス」「問い合わせ相談サービス」を整えています。オーナーズデスクの利用方法や関連性の高いG-Linkのシステムや費用についても紹介します。

レクサスオーナーズデスクのサービス内容や利用できる条件

レクサスの特別感をさらに高めるオーナーズデスクのサービス内容やG-Linkとの関係性

レクサスオーナーズデスクは、レクサスのオーナーしか利用できないアフターサービスです。専用のオペレーターサービスに電話をかけるか、ナビを操作することで様々なユーザー特典を受ける事ができます。

新車の販売価格の値下げを行わない事でも有名なレクサスは、顧客満足度を高めるためにオーナーズデスクなどのアフターサービスを充実させています。

レクサスユーザーの中でも、オーナーズデスクなんて正直いらないし使わないという声もあるのは事実です。また、試しに利用してみたら迅速な対応と丁寧なおもてなしに感動して頻繁に利用しているとの声もあります。

今回は、そんなレクサスオーナーズデスクのサービス内容や関連性が深いG-Linkとの関係性を中心に取り上げます。

レクサスオーナーズデスクのサービス内容|ドライブをサポート・ホテルなどを予約できる

レクサスオーナーを支えるオペレーター

「レクサスオーナーズデスク」は、レクサスのオーナーだけが利用することが出来るオペレーターサービスです。何か困った事や知りたい事があれば、24時間365日いつでも利用する事が可能です

ドライブサポート

土地柄が乏しくて不慣れな場所を運転する際に、便利となる情報を提供する


・ナビの目的地設定を遠隔操作で行ってくれる
・交通情報を知らせてくれる
・付近にある駐車場を案内してくれる など

紹介・予約サービス

プライベート旅行でお食事を楽しみたい。出張や接待などのビジネスシーンにおいて役立つ情報を提供


・ホテルの紹介・予約
・レストランの紹介・予約
・国内線の航空券の予約 など

問い合わせ・相談サービス

車が故障・事故が起こったなどトラブルに見舞われた際に迅速に対応してくれます


・レクサスの車に関する疑問に答えてくれる
・JAFを手配してくれる
・診療機関を案内してくれる など

住み慣れている街中を走行する際には、オーナーズデスクの利便性を感じることは少ないかもしれません。けれども、車でロングドライブの旅に出かけた際にその地域の有名なレストランを知りたい、仕事で土地柄を熟知していない場所を運転するケースなどではその効果を発揮します。

車が故障してしまったり、事故が起こってしまったりすると不安な気持ちがやってきます。そんな時でも、頼りになるのがレクサスオーナーズデスクの存在でJAFを素早く手配するなど安心感を与えてくれます。

レクサスオーナーズデスクの利用方法は「電話」をかけるか「ナビ」にタッチする

車に乗っていなくても自宅からの電話や携帯電話からも利用できる

レクサスのオーナーであれば車に乗っている・いないは関係なく、自宅からの電話でも専用のフリーダイヤルに連絡を入れることでサービスを利用する事ができます

そのため旅行中に急な予定の変更が迫られて、航空券の予約が必要な時にはレクサスオーナーズデスクからでも手配をする事が可能です。

ナビ画面の「オーナーズデスク」のメニューをタッチする

レクサスオーナーズデスクを使う男性

レクサスのナビ機能では「G-Link」と呼ばれる電波を利用した通信システムと連動したサービスを展開しています。そのため、ナビのメニューにあるオーナーズデスクという画面部分をタッチするだけで通信機能が作動して、オペレーションセンターとすぐに繋がる事が出来ます。

その後は、オペレーターと直接やりとりする事で自分のリクエストに応じた答えをハンズフリーの状態で得る事ができます

例えば、高速道路などを運転している状況では操作がしにくいナビの目的地設定は、オーナーズデスクを利用すればオペレーターが遠隔操作で目的地を設定してくれるため、ドライバーは運転に集中する事が出来ます。

サービスを利用する際には、すでに車体情報やオーナーの氏名は管理センターに登録してあるので、自分の名前を名乗ることせずにオペレーターが迅速に対応してくれるという特別感を味わう事もできます。

走行状況によってはナビのメニュー画面にタッチしづらい事もあるので、そんな時にはハンドル横についている音声認識ボタンを押して「オーナーズデスク」と声に出すことでもオペレーションセンターとつながる事が可能です。

レクサスオーナーズデスクはG-Linkによって効果が高まります

レクサスを新車で購入した場合には3年間無料で使用できるG-Linkのサービスを利用することで、
レクサスオーナーズデスクや、事故や運転中に体調を崩してしまった際に警察や消防に緊急で連絡を入れてくれる「ヘルプネット」などの他のサービスも利便性が増して効果が高まります。

G-Linkの費用は新車を購入してから3年間は無料、その後は有料で年間17,000円の費用が!

レクサスオーナーズデスクの利便性を高めるG-Linkの費用は新車を購入してから3年間は無料です。その時期が過ぎますと有料となり1年間で17,000円、あるいは2年間で32,000円かの選択肢の中から希望にあった内容で契約することで、継続してG-Linkのサービスを受ける事ができます。

G-Linkにはオーナーズデスクのサービス以外にも、G-Securityと呼ばれる車の防犯サービスや目的地まで最短ルートでナビゲートしてくれるGルート検索など便利な機能が備わっています。

レクサスを中古で購入しても料金を支払うことでG-Linkは利用できる

中古のレクサスでドライブを楽しむカップル

レクサスを新車ではなく中古車で購入した場合でも、契約を結んで料金を支払う事でG-Linkのサービスを受ける事が可能です。

しかし、レクサスのディーラーで点検・整備を行って販売している認定中古車と、そうではないレクサスの中古車では差別化が行われています

レクサスの認定中古車は新車と同様のサービスを受ける事ができる

レクサスの認定中古車を購入すれば、新車と同様の条件でG-Linkに加入することが出来て、新車と変わらないオーナーズデスクのサービスを受けることが出来ます。

認定中古車以外を購入するとオーナーズデスクの一部サービスは利用できない

レクサスの認定車以外の中古車を購入した場合には、レクサスのディーラーで「G-Link Lite」と呼ばれるG-Linkの簡易バージョンに加入することとなります。

G-Link Liteでは料金設定的にはG-Linkと同じですが、オーナーズデスクではドライブサポートとお問い合わせてサービスは利用できますが、レストランや航空券の手配などの予約サービスに関しては利用する事が出来ません。

レクサスはオーナーズデスク以外のサービスも充実している特別感を堪能できる車

レクサスはオーナーズデスク以外のアフターサービスが充実しています。その他のサービスの一例は、以下となります。

  • オーナーズカードを提示すれば、営業時間中なら販売店を駐車場として利用できる
  • 無料でドリンクやお菓子を味わう事のできるオーナーラウンジを利用できる

レクサスは車としての性能や魅力もトップレベルにあるだけでなくて、アフターサービスにおいてもトップレベルに位置するため顧客満足度が非常に高い車です。

車を運転している時には道に迷ってしまったり、ドライブ先で美味しいものが食べたくなったり、車にトラブルが起きてしまう事もあります。レクサスはそんな状況下において対応できるように、オーナーズデスクを設けている事もユーザーから支持を集める理由の一つです。