新型レヴォーグ・マイナーチェンジ情報

新型レヴォーグのマイナーチェンジD型モデル2017年8月7日発売

スバル・レヴォーグのマイナーチェンジ車であるD型モデルが2017年8年7日に発売されました。ソフトウェアがアップグレードされ、安全性が強化された「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載・エクステリアやインテリアなどの改良を行った同車の受注は好調です。

新型レヴォーグのマイナーチェンジD型モデル2017年8月7日発売

新型レヴォーグD型にマイナー 車が2017年8月7日に発売開始

スバルのレヴォーグがマイナーチェンジされ2017年の8月7日に発売を開始しました。

今回のマイナーチェンジで誕生したD型レヴォーグの最大のアピールポイントは、アイサイトver.3を進化させた「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に搭載した事です。

新型レヴォーグのエクステリアやインテリア、エンジン性能はC型からどう変化したのかについても紹介します。

レヴォーグはインプレッサをベース車とした開発されたステーションワゴン

海岸沿いを走る新型レヴォーグ

レヴォーグは4代目インプレッサをベース車とした開発されたステーションワゴンです。2014年の6月に販売を開始し、今回の2017年の8月にマイナーチェンジが行われた車はD型にあたります。スバルが販売を行っているスポーツタイプのセダンであるWRXとは、同じ時期に車の開発を行う・共通設計の方式をとることで経営の効率化をはかっています

レヴォーグは2014年度のグッドデザイン賞を受賞する・国交省と自動車事故対策機構が実施した予防安全性能の試験において最高点を獲得した「デザイン性」と「安全性」も優れている車です。

マイナーチェンジ後の新型レヴォーグのエクステリアの特徴

海岸にとまる新型レヴォーグ

レヴォーグは車に乗ってロングドライブをするユーザーを意識して開発している車です。D型モデルでは、走行中に車体にかかる空気の抗力を減らして低燃費性を達成しました。

レヴォーグではマイナーチェンジが行われる度に、エクステリアのスポーティさとスタイリッシュさの魅力が増しています。

新型レヴォーグのヘッドライト

LEDフロントフォグランプではデザインにシャープさが加わり、ランプの光量が増し暗闇走行時の視界をクリアにしてくれます。

新型レヴォーグのグリル

フロントグリルにはメッキ加工が施され素材に使われているフレームの光沢感が増しています。フォグランプとフロントグリルとの相乗効果でフロントマスクのカッコ良さはレベルアップしました。

新型レヴォーグのホイール

18インチホイールでは立体的な階層構造の特徴を活かして、タイヤにかかる力を巧く分散させています。ホイールは停止している状態でも躍動感があり、走行中では更に凄みを増します!

マイナーチェンジ後のD型レヴォーグのインテリアの変更点

新型レヴォーグのコクピット

マイナーチェンジが行われて誕生したD型レヴォーグでは、インパネ周りセンターパネルをはじめとした各種モニターのビジュアル面が強化されました。特に、センターモニターではサイズが4.3インチから5.9インチにサイズアップが行われ視認性も向上しました。

新型レヴォーグのシート

インテリアカラーにはピアノブラックが追加されました。ロングドライブでも疲れが体に残りにくいというシートの快適性さらにグレードアップしています。

新型レヴォーグではフロントドアガラスの厚みがアップして、窓を閉めている時には防音効果が高まりました。そのため、高速道路や街中を走行している時でも外部の音が車内に入りにくくなりました。

またドアグリップの形状が見直された事でグリップはつかみやすくなり、素材は滑りにくいものへと改良されました。

新型レヴォーグのリアシートアレンジ

リアシートアレンジを細かく設定

現在の車のリアシートアレンジの主流は6:4分割ですが、マイナーチェンジが行われたD型では4:2:4分割方式を採用しています。そうすることで4人乗車時ならば、2分割の部分を倒せばスキー板などのロングサイズの荷物を上手に置くことが出来ます。

新型レヴォーグでは「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載で安全性能がグレードアップ!

スバルのツーリングアシスト

新型レヴォーグではアイサイトver.3をグレードアップさせた「ツーリングアシスト」を全グレードに搭載しています。ツーリングアシストでは、車載カメラが認識できる視覚域が拡張され・対象となる車や歩行者などの識別能力が向上しました。

各センサーから寄せられた走行状況の危険性を判断するソフトウェアがアップデートされた事も影響を与え、安全サポート能力はさらに高まりました。

アイサイトの作動状況

アイサイトが作動している状況をリアルタイムで確認できるモニターのビジュアル面も強化されています。走行状況に応じて、注意喚起は黄色・衝突の危険性があれば赤色の光をフロントガラスに映し出すシステムを実現しています。

新型レヴォーグとアイサイト

新型レヴォーグでは、アイサイトと連動して働くセーフティプラスの機能面も強化されました。

車線変更時や車をバックさせる時に発動するスバルリヤビークルディテクションは、運転中に見る機会の多いドアミラーにも危険内容を表示させます。
ハイビームアシストでは、車載カメラに前方の光を検知させ前方に車の有無を判断させて、自動的にハイビームとロービームを切り替えます。同技術では、夜間に山間部などを走行している時に視界の確保が容易となるため安全運転につながります。

新型レヴォーグのエンジン性能~静粛性が向上・オートホールド機能が追加

マイナーチェンジが行われた新型レヴォーグでは、エンジン音を弱めるパーツである吸音材の改良化が行われて、エンジンの静粛性が向上しました。

また新型レヴォーグではオートビークルホールド(AVH)機能を追加しました。AVHでは、信号待ちしている状況下でドライバーがブレーキを踏む力をサポートします。そのことでドライバーは運転中に疲れにくくなります。

新型レヴォーグのエンジン

「1.6GT EyeSight」や「1.6STI Sport EyeSight」などのグレードに搭載されている1.6LインテリジェントDITエンジンは、レギュラーガソリンを燃料とするターボエンジンで最高出力125kWのパワーを誇ります。

新型レヴォーグのハイパフォーマンスエンジン

「2.0GT-S EyeSight」や「2.0STI Sport EyeSight」に搭載されている2.0LハイパフォーマンスDITエンジンは、プレミアムガソリンを燃料とし最高出力221kWの圧倒的なパワーを誇ります。エンジンの回転数の上限域であるレヴリミットを引き上げた効果も働いて、より気持ちの良い加速力を体感できるようになりました。

レヴォーグD型の各グレードの諸元表

マイナーチェンジが行われたD型レヴォーグの各グレードのボディサイズや車両重量、燃費などについて紹介します。

1.6GT
EyeSight
1.6GT
EyeSight
S-style
1.6GT-S
EyeSight
1.6STI
Sport
EyeSight
2.0GT-S
EyeSight
2.0STI
Sport
EyeSight
エンジン 1.6L DOHC16バルブ
デュアルAVCS
直噴ターボDIT
2.0L DOHC16バルブ
デュアルAVCS
直噴ターボDIT
最高出力 120kw/4800-5600rpm 221kw/5600rpm
最大トルク 250N・m/1800-4800rpm 400N・m/2000-4000rpm
燃料 レギュラーガソリン プレミアムガソリン
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
全長 4,690mm
全幅 1,780mm
全高 1,495mm 1,500mm 1,490mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,540km 1,550km 1,560km 1,570km
乗車定員 5人
最小回転半径 5.4m 5.5m
燃費 16.0km/L 13.2km/L

新型レヴォーグのボディカラーは全8色

D型のレヴォーグのボディカラーは、ストームグレー・メタリックやアイスシルバー・メタリックなど全8色があります。中でも人気のカラーリングは、D型モデルで新たにラインナップされたクリスタルホワイト・パールです。

ストームグレー・メタリックの新型レヴォーグ

ストームグレー・メタリック

クリスタルホワイト・パールの新型レヴォーグ

クリスタルホワイト・パール(他のボディカラーよりも32,400円高くなります)

アイスシルバー・メタリックの新型レヴォーグ

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリックの新型レヴォーグ

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカの新型レヴォーグ

クリスタルブラック・シリカ

ピュアレッドの新型レヴォーグ

ピュアレッド

ラビスブルー・パールの新型レヴォーグ

ラビスブルー・パール

WRブルー・パールの新型レヴォーグ

WRブルー・パール [STI Sport限定色]

新型レヴォーグの販売価格は200万円代から

マイナーチェンジが行われ「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載して安全性能がさらに充実・インパネ周りのビジュアル面が強化されるなどした新型レヴォーグの販売価格を紹介します。

グレード メーカー小売販売価格
1.6GT EyeSight 2,829,600円
1.6GT EyeSight S-style 2,926,800円
1.6GT-S EyeSight 3,078,000円
2.0GT-S EyeSight 3,618,000円
1.6STI Sport EyeSight 3,564,000円
2.0STI Sport EyeSight 4,050,000円

新型レヴォーグの受注は好調!人気の理由は「アイサイト・ツーリングアシスト」以外にも

新型レヴォーグは2017年の7月3日の公式発表を終えてからの受注件数は好調です。同年の8月時点では月の販売目標台数2,000台に対して、2倍を超える受注を受けています。

特に好調なのは「1.6STI Sport Eyesight」で、受注件数の全体において3割近くの支持を集めています。ボディカラーにおいて人気なのは「クリスタルホワイト・パール」です。

マイナーチェンジが行われた新型レヴォーグが人気なのは、もちろんアイサイト・ツーリングアシストを搭載した事も大きいでしょう。その他にも、シートアレンジが4:2:4分割方式である・インパネ周りのモニターの強化を行って、ロングドライブを志向するユーザーの購買意欲を刺激した事も影響を与えています。

2020年頃にもフルモデルチェンジが噂されるレヴォーグの今後の動向にも注目です!