ランクルとレクサスLXの違い

ランクルとLXの違いを比較!エンジンと内装に秘密があった

ランクルをベースとしたLXは、見た目だけはなく内装の質感にもこだわってより高い質感へと昇華させています。メーカーオプションを盛りこんで装備の違いをほぼ無くしてもランクルとLXの価格差は300万ほど開いている理由に迫ります。

ランクルとLXの違いを比較!エンジンと内装に秘密があった

ランドクルーザーZXとレクサスLXの違いを比較!

トヨタの高級SUV「ランドクルーザー」と、高級車ブランドレクサスの「LX」は、姉妹車の関係にあります。ちょうど「ハリアー・RX」「アリスト・GS」「セルシオ・LS」のような関係にあり、両者の違いは見た目だけではなく性能にも差があります。

LXかランクルで迷っている、2つの装備の違いや価格帯を知りたい人へ、ランクルZXとLXのエクステリア・インテリア・装備・エンジンや燃費・価格帯などを紹介します。

エクステリア

レクサスLXのエクステリア

LXは、レクサスの顔であるスピンドルグリルを採用していて3眼LEDヘッドライト、LEDフォグランプ・コーナーリングランプを装備しています。リアテールにもLEDランプが搭載されていて、リアスポイラーもついています。また、照明付きサイドステップとリアステップガード、アルミルーフレールにムーンルーフも装備しています。

また、大きいボディですので死角も増えるため、フロントとリアにクリアランスソナーを搭載していて、これらは全て標準装備です。

雪道を走るランドクルーザー

ランドクルーザーの最上級グレードであるZXでは、LEDヘッドライト・フォグランプを装備していて、リアスポイラー、照明付きサイドステップに、サイドプロテクションモール、ムーンルーフ、フロント・リアにクリアランスソナーを搭載しています。

LXのインテリア

LXの高級感あるインテリア

レクサスLXのインテリアは、「アイボリー」「ブラック」「サンフレアブラウン」「メローホワイト」「ガーネット」の5つのシートカラーが用意されていて、シート素材は「セミアニリン本革」を使っています。

LXの視認性が高いコクピット

ダッシュボード中央には、横に長いワイド画面の12.3インチディスプレイを備え、左右独立エアコンのスイッチ類も運転席・助手席の人がそれぞれ使いやすいよう工夫された配置になっています。

LXに装備されているアナログ時計

ディスプレイ下には、高級車にお馴染みのアナログ時計が装備されていて、GPSで時刻を自動修正してくれます。

LXのレーシーなアナログ時計

メーター周りには自発光式の「オプティトロンメーター」に、カラーマルチインフォメーションディスプレイ、自車の速度や警報などを表示するフルカラーのヘッドアップディスプレイを搭載しています。

ウッドをふんだんに使用したコクピット

ステアリングには、木目と本革を使っていてパドルシフトも搭載しています。シフトノブには、本革のシフトブーツに、アルミ素材を使っていて、ゲート式のシフトパターンを採用しています。奥に見えるPのボタンがパーキングブレーキで、スイッチを押すだけの電動式になっています。

ペットボトルが6本入る収納

フロントセンターのコンソールボックス内には、クールボックスが備え付けられていて暑い夏には重宝するアイテムです。マップランプ付近には、オーバーヘッドコンソールボックスがあってサングラスなどを入れておくことができます。

セカンドシートに搭載されるエアコン

セカンドシートのアームレストには、コントロールパネルが設置されていてセカンドシートのエアコンやシートヒーター・ベンチレーションの温度を自由に変えることができます。

ランドクルーザーZXのインテリア

ランドクルーザーの革張りインテリア

ランドクルーザーのインテリアは、「ブラック」「フラクセン」「ブラウン」の3つのシートカラーが用意されていて、シート素材は「プレミアムナッパ本革」を使用しています。

シートには、暑い夏に嬉しい送風タイプのベンチレーションと、寒い冬に快適なシートヒーターとステアリングヒーターがついています。

ランドクルーザーのエアコンシステム

エアコンは前後左右独立したエアコンを採用していて、リアシートの設定はセカンドシートのアームレストにスイッチがついています。

ランドクルーザーのムーンルーフ

標準装備で電動スライドムーンルーフがあり、明るく開放的なドライブを楽しめます。メーカーオプションでフロントのセンターコンソールにクールボックスを設置することができます。夏の時期にはベンチレーションと冷たい飲み物で快適にドライブが出来ます。

搭載している装備

レクサスLX、ランドクルーザーZXともに、ダイヤルで走行モードを選択できる「マルチテレインセレクト」を搭載していて、岩場やがれき、雪道などの悪路走行性を高めています。

ランドクルーザーのマルチレインモニター

また、前後だけではなく左右もカメラで状況を確認できる「マルチテレインモニター」を搭載していて、SUVでは特に見にくい車両左下も確認しながら運転することが出来ます。LXでは標準装備ですが、ランドクルーザーZXではナビゲーションシステム搭載車にメーカーオプションになります。

クロールコントロールは、アクセル操作が慎重になる岩場や雪道の走行、またはスタックした時に自力脱出できるよう車両が自動的にアクセル・ブレーキをコントロールしてくれます。

LXのヒルスタートアシストコントロール

他にも、坂道での発進で大幅な後退を防いでくれるヒルスタートアシストコントロールや、雪道でのスリップを検出すると空転している車輪にブレーキをかけて駆動力を配分してくれるアクティブトラクションコントロールなど、オフロードや雪道、オンロードでも快適・安全に走行できるよう工夫されています。

車高が高く乗り降りがしにくいSUVの不便さを解消する4輪アクティブハイトコントロールサスペンションを搭載していて、3段階の車高調整機能が備わっています。ノーマルからローモードに変更するとフロントが-60mm、リアが-40mmダウンし、乗降が楽になり高速走行でも安定性が増します。また、ノーマルからハイモードに変更するとフロント+50mm、リア+60mm高くなり、ゴツゴツした道や傾斜のキツい道でもバンパーを擦らず、見渡しも良くなります。

搭載しているエンジン・燃費・ボディサイズ

レクサスLXとランドクルーザーZXは、姉妹車ですがそれぞれ違うエンジンが搭載されています。LXには「3UR-FE」の5,700ccV型8気筒エンジン、ランドクルーザーZXには「1UR-FE」の4,600ccV型8気筒エンジンが搭載されていて、どちらも使用燃料はハイオクガソリンです。

レクサスLX ランクルZX
型式 3UR-FE 1UR-FE
種類 V型8気筒
使用燃料 ハイオクガソリン
排気量 5,700cc 4,600cc
最高出力 377ps/5.600rpm 318ps/5,600rpm
最大トルク 534Nm/3,200rpm 460Nm/3,400rpm
タンク容量 93リットル
燃費 6.5km/L 6.7km/L

車体の大きさは、全長がLXのほうが少し長く、全幅は同じ、全高はルーフレールを標準装備しているので、少し高くなっています。ZXでもオプションのルーフレールを装備すればLXと同じ高さになります。

レクサスLX ランクルZX
全長 5,065mm 4,950mm
全幅 1,980mm
全高 1,910mm 1,870mm(1,910mm)
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 225mm
最小回転半径 5.9m
室内長 2,760mm 2,690mm
室内幅 1,650mm
室内高 1,170mm
車両総重量 3,160kg 3,130kg
乗員定員 8名

※全高の()内の数値は、ルーフレール装着車

価格帯

街中を走るレクサスLXのエクステリア

レクサスLXは、1グレード構成で「LX570」が1,100万円からの価格設定になっています。また、ランドクルーザーZXのグレード構成は4グレードありベースグレードの「GX」は472万円~、最上級グレードの「ZX」は682万円、特別仕様車の「ZX Gフロンティア」は723万円になります。

ランドクルーザー レクサスLX
GX 472万円
AX 513万円
AX(Gセレクション) 585万円
ZX 682万円
ZX Gフロンティア 723万円
LX570 1,100万円

また、レクサスLXには標準装備の「タイヤ空気圧警報システム」「ルーフレール」「ヘッドランプクリーナー」「リヤクロストラフィックアラート」「パワーバックドア」「クールボックス」「マルチテレインモニター」「寒冷地仕様」を、ランドクルーザーZXにメーカーオプションとして設定すると1,096,200円分(2017年5月現在)となり、7,921,800円(ZXグレード)となります。

メーカーオプションをふんだんに盛り込んだZXでも、LXとの価格差は3,078,200円開いていて、その差は内装に使われている本革や木目の種類、エンジンにあると予想します。搭載装備はほぼ同じにしても300万円ほど開きますが、その価格差に納得できるほど高い質感・高級感・満足感がレクサスLXにはあります。

レクサスLXとランクル200はどちらも素晴らしい車

トヨタのフラグシップSUV「ランドクルーザー」、レクサスのフラグシップSUV「LX」の違いは、搭載されているエンジンと、LXには標準装備されているルーフレールやパワーバックドアなどがランクル200ではメーカーオプションであり、内装の質感に違いがあることが分かりました。

ですが、決してランドクルーザー200ZXが劣っているわけではなく、悪路走破性は抜群に良く世界中でもランドクルーザーは人気の車種です。どちらもフラグシップモデルと呼ぶにふさわしい十分な性能・質感がありますので、好みや直感で選んでください。