ラダーフレーム構造のSUVランキング

ラダーフレーム構造のSUV・頑丈で悪路走破性も高い車種ランキング

ラダーフレームのSUVは、クロスカントリーSUVとも呼ばれていて、モノコックボディのクロスオーバーSUVと区別されることが多いもの。その理由は高い悪路走破性、耐衝撃性や耐久性にあります。オフローダーとして名高い車種を紹介します。

ラダーフレーム構造のSUV・頑丈で悪路走破性も高い車種ランキング

ラダーフレームを持つ頑丈なSUV車種ランキング

SUVといっても「クロスオーバーSUV」と「クロスカントリーSUV」に分けられ、その分類方法はボディフレーム構造に違いがあります。

クロスオーバーSUVは、ボディとフレームが一体化になった「モノコックボディ構造」で作られたSUVのことで、主に街乗りに使用する都会的な車です。オフロードを走れないこともないですが、一体型構造をしていて衝撃をボディ全体で受け止めることになるので、大きな衝撃が加わった際に車体全体が歪み走行不能に陥る場合もあります。

対するクロスカントリーSUVは、フレームの上にボディが乗った形をしていて多くは梯子型のシャーシを使用した「ラダーフレーム構造」をしています。強度が優れていて、ガタガタのオフロード道を走ってもモノコック構造に比べて大きな衝撃に強いので、ボディがへこんでいてもシャーシが無傷なら走り続けることができます。

そこで、頑丈で比較的長く乗り続けることが出来るラダーフレームを持つSUVを紹介します。

10位:ジープ・ラングラー

ジープ・ラングラーのエクステリア

クライスラーのジープが販売する「ラングラー」は、コンパーチブルハードトップのSUVです。ジープの中で唯一ラダーフレームを持つラングラーは、2ドア4人乗りの「ラングラー」、4ドア5人乗りの「ラングラー アンリミテッド」の2モデルあります。

3代目のラングラーは2007年より販売されていて、3,800ccのV型6気筒エンジンを採用しています。登坂で発信する際に後退を防ぐ「ヒルスタートアシスト」、下り坂をゆっくりと安定して下れる「ヒルディセントコントロール」を備えています。

全長 4,185mm(4,705mm)
全幅 1,880mm
全高 1,845mm
エンジン種類 J24B/直列4気筒
排気量 3,600cc
最高出力 209ps/6,350rpm
最大トルク 347Nm/4,300rpm
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 7.9km/L
駆動方式 FR/4WD
サスペンション形式 前:コイルリジット
後:コイルリジット
価格 3,963,600円~

※全長の()内はアンリミテッド(4ドア)の数値

9位:トヨタ・FJクルーザー

FJクルーザーのエクステリア

トヨタが2016年まで販売していた「FJクルーザー」は、ランドクルーザープラドと共通のラダーフレームを採用しているポップなクロスオーバーSUVです。2016年8月には生産を終了しており新車では購入できませんが、在庫車や中古車で、たくさんの車両が流通しています。

その耐久性はプラドで立証済みで、搭載しているエンジンは4,000ccのV型6気筒ガソリンエンジンです。ランクルやプラドとは違う個性あふれる1台です。

全長 4,635mm
全幅 1,905mm
全高 1,840mm
エンジン種類 1GR-FE/V型6気筒
排気量 4,000cc
最高出力 276ps/5,600rpm
最大トルク 380Nm/4,400rpm
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 8.0km/L
駆動方式 パートタイム4WD
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
後:トレーリングリンク車軸式
価格 3,240,000円~(在庫販売のみ)

8位:三菱・パジェロ

パジェロのエクステリア

三菱自動車が1982年から販売しているクロスカントリーSUV「パジェロ」は三菱のフラグシップSUVで、ダカールラリーでも優勝経験がある本格的な4輪駆動車です。2006年から販売されている4代目は、モノコックボディにラダーフレームを溶接した「ラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディ」を採用していて、高い耐久性とボディ剛性を持っています。

駆動方式は、スーパーセレクト4WDシステムを採用し、状況に合わせてFR2WDにも直結4WDにもなる便利なシステムです。エンジンもガソリンモデルとディーゼルモデルを採用し、ボディサイズも5人乗り3ドアのショート、7人乗り5ドアのロングとバリエーション豊富に用意されています。

  ディーゼル仕様 ガソリン仕様
全長 4,385mm(4,900mm)
全幅 1,875mm
全高 1,870mm(1,850mm)
エンジン種類 4M41/直列4気筒 6G72/V型6気筒
排気量 3,200cc 3,000cc
最高出力 190ps/3,500rpm 178ps/5,250rpm
最大トルク 441Nm/2,000rpm 261Nm/4,000rpm
使用燃料 軽油(ディーゼル) レギュラーガソリン
燃費 10.0km/L 8.0km/L
駆動方式 スーパーセレクト4WD
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
後:マルチリンク式ダブルウィッシュボーン独立懸架
価格 2,926,800円~

※全長、全高の()内はロングモデルの数値

7位:メルセデスベンツ・Gクラス

Gクラスのエクステリア

メルセデスベンツが販売する「Gクラス」は、1989年にW463型へとフルモデルチェンジし販売されています。日本では「G350d」「G550」「AMG G63」「AMG G65」の4モデルが販売されています。

電子制御ディファレンシャルロックや、牽引する時に便利なローレンジギアなど、本格的な4WDの装備を備えていて、悪路走行の走破性は天下一品です。搭載されているエンジンは「3,000ccV型6気筒ディーゼルターボ」「4,000ccV8型ツインターボ」、最上級モデルのAMG G65には「6,000ccV12型ツインターボ」のエンジンが装備されています。

  G350d G550
全長 4,575mm
全幅 1,860mm
全高 1,970mm
エンジン種類 642/V型6気筒ターボ 176/V型8気筒ツインターボ
排気量 3,000cc 4,000cc
最高出力 245ps/3,600rpm 421ps/5,250~5,500rpm
最大トルク 600Nm/1,600~2,400rpm 610Nm/2,000~4,750rpm
使用燃料 軽油(ディーゼル) ハイオクガソリン
燃費 10.3km/L
駆動方式 4WD
サスペンション形式 前:コイルスプリング式リジットアクスル
後:コイルスプリング式リジットアクスル
価格 10,800,000円~
  AMG G 63 AMG G65
全長 4,575mm
全幅 1,860mm
全高

1,950mm

エンジン種類 157/V型8気筒ツインターボ 279/V型12気筒ツインターボ
排気量 5,500cc 6,000cc
最高出力 571ps/5,500rpm 630ps/5000~5,300rpm
最大トルク 760Nm/1,750~5,250rpm 1,000Nm/2,300~4,300rpm
使用燃料 ハイオクガソリン
燃費
駆動方式 4WD
サスペンション形式 前:コイルスプリング式リジットアクスル
後:コイルスプリング式リジットアクスル
価格 19,710,000円~

6位:レクサス・LX

LXのエクステリア

レクサスLXは、トヨタ・ランドクルーザーをベースに作られた姉妹車で、ランクル200よりもラグジュアリーな仕上がりのクロスカントリーSUVです。LXにはセミアニリン本革のシート素材が使われていて、ランクルではメーカーオプションの「クールボックス」や「パワーバックドア」などが標準装備されています。

悪路走破性を高めているだけではなく、レーンディパーチャーや緊急ブレーキなどの安全装備「レクサスセーフティシステムプラス」を搭載しているなど、安全性能も高い1台です。

全長 5,065mm
全幅 1,980mm
全高 1,910mm
エンジン種類 3UR-FE/V型8気筒
排気量 5,700cc
最高出力 377ps/5,600rpm
最大トルク 534Nm/3,200rpm
使用燃料 ハイオクガソリン
燃費 6.5km/L
駆動方式 フルタイム4WD
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付)
後:トレーリングリンク(スタビライザー付)
価格 11,000,000円~

5位:スズキ・エスクード2.4(3代目)

エスクード2.4のエクステリア

スズキが2017年4月まで販売していたライトクロカンSUV「エスクード(3代目)」は、ラダーフレームを溶接した一体型モノコックボディを搭載しています。一般的なモノコックボディに比べて頑丈に出来ており、衝撃やねじり剛性に強いラダーフレームとモノコックボディのいいとこ取りをした1台です。

駆動方式は、フルタイム4WDでカム式LSDデフロックや副変速機を持つ本格的な4WDですが、フルモデルチェンジされた4代目は、一般的なモノコックボディを装備したクロスオーバーSUVになっています。

全長 4,300mm
全幅 1,810mm
全高 1,695mm
エンジン種類 J24B/直列4気筒
排気量 2,400cc
最高出力 166ps/6,000rpm
最大トルク 225Nm/4,000rpm
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 9.6km/L
駆動方式 フルタイム4WD
サスペンション形式 前:ストラット式
後:マルチリンク式
価格 販売終了(中古車のみ)

4位:トヨタ・ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドのエクステリア

1990年から販売されている「ランドクルーザープラド」は、ハイラックスサーフと共通のパワートレインを搭載し販売されました。2009年にフルモデルチェンジされた4代目の150プラドは、2015年にディーゼルエンジンも復活しています。

ランドクルーザーと同様にラダーフレームを採用して、高い耐久性があります。

  ディーゼル使用 ガソリン仕様
全長 4,760mm
全幅 1,885mm
全高 1,835mm
エンジン種類 1GD-FTV/直列4気筒 2TR-FE/直列4気筒
排気量 2,800cc 2,700cc
最高出力 177ps/3,400rpm 163ps/5,200rpm
最大トルク 450Nm/1,600~2,400rpm 246Nm/3,900cc
使用燃料 軽油(ディーゼル) レギュラーガソリン
燃費 11.8km/L 9.0km/L
駆動方式 フルタイム4WD
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
後:トレーリングリンク車軸式
価格 3,964,582円~ 3,349,963円~

3位:スズキ・ジムニーシエラ

ジムニーシエラのエクステリア

ジムニーシエラは、軽自動車のジムニーを普通車の規格へサイズアップした車種で、2000年から販売されています。660ccのエンジンから1,300ccのエンジンへ変更され、ボディサイズもひと回り大きくなっているのが特徴です。

ジムニー同様に、ラダーフレームを採用していてサスペンションも3リンクリジットアクスルを採用しているので、その悪路走破性能は十分にあります。

全長 3,600mm
全幅 1,600mm
全高 1,685mm
エンジン種類 M13A/直列4気筒
排気量 1,300cc
最高出力 88ps/6,000rpm
最大トルク 118Nm/4,000rpm
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 13.6km/L
駆動方式 パートタイム4WD
サスペンション形式 前:3リンクリジットアクスル式コイルスプリング
後:3リンクリジットアクスル式コイルスプリング
価格 1,668,600円~

2位:トヨタ・ランドクルーザー

ランドクルーザーのエクステリア

トヨタが販売するフラグシップSUVのランドクルーザーは、高級感のあるクロスカントリーSUVです。ラダーフレーム構造を用いていて、1960年から販売されている「ランクル40」がいまだに日本で走っているのを見ると、その高い耐久性にも頷けます。

2007年から販売されている「ランクル200」は、ガソリンエンジンのみのラインナップで、グレードによる装備差があります。

全長 4,950mm
全幅 1,980mm
全高 1,870mm
エンジン種類 1UR-FE/V型8気筒
排気量 4,600cc
最高出力 318ps/5,600rpm
最大トルク 460Nm/3,400rpm
使用燃料 ハイオクガソリン
燃費 6.7km/L
駆動方式 フルタイム4WD
サスペンション形式 前:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
後:トレーリングリンク車軸式
価格 4,728,437円~

1位:スズキ・ジムニー

ジムニーのエクステリア

スズキが販売する「ジムニー」は、1970年の初代から一貫してラダーフレームを採用し悪路走破性を追求したクロスオーバーSUVです。軽自動車ならではのコンパクトなボディサイズは、雪が降り積もった住宅街などの狭い道でも楽々進むことが出来ます。

また、ジムニーの懸架形式は「3リンクリジットアクスル」を採用しており、左右のタイヤが1本の軸で繋がった状態になっているため、悪路走破性にとても優れています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
エンジン種類 K6A/直列3気筒ターボ
排気量 660cc
最高出力 64ps/6,500rpm
最大トルク 103Nm/3,500rpm
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 14.8km/L
駆動方式 パートタイム4WD
サスペンション形式 前:3リンクリジットアクスル式コイルスプリング
後:3リンクリジットアクスル式コイルスプリング
価格 1,296,000円~

ラダーフレームのSUVは貴重な存在

ラダーフレームは、どうしてもモノコックボディよりも重量が重くなり、乗り心地も悪い傾向にあります。スズキのエスクードが3代目から4代目へとフルモデルチェンジした時に、ビルトインラダーフレームからモノコックボディへと構造が変わり、クロスオーバーSUVになったように段々とラダーフレームを採用している車種が少なくなってきています。

ですが、不整地道路を頻繁に走るわけではないのなら、モノコックボディを持つクロスオーバーSUVでも性能十分なことが多いので、必ずしもラダーフレームを持つSUVでなければならないというわけではありません。

車の使い方や趣味に合わせて、高い走破性を持つラダーフレームのクロスカントリーSUV、街乗りで乗り心地が非常にいいモノコックボディもクロスオーバーSUVを選んでください。