HID・LED・ハロゲンの違い

HIDとLED・ハロゲン・ヘッドライトの違いや性能比較

HIDとLED・ハロゲンの違いを紹介します。ハロゲンは最も普及している種類でバルブ費用も安価、LEDは明るく長寿命、立ち上がりも速い、HIDは交換費用も比較的安く見やすい特徴があります。HIDとLEDの種類や特性を比較した。

HIDとLED・ハロゲン・ヘッドライトの違いや性能比較

HID・LED・ハロゲンライトの違い

夜道を明るく照らす車のヘッドライト

車両に搭載されているヘッドライトには種類があり「HID」「LED」「ハロゲン」と、3種類あります。それぞれのライトの特徴や比較・カスタムする時の注意点を紹介します。

ハロゲンライトとは

黄色みが強い車のハロゲンライト

ハロゲンライトとはフィラメントが発光するタイプのバルブで、内部にガスが封入されています。白熱球と同じく通電している間は熱を持つ特徴があります。

多くの車両に使われているハロゲンライトが出す光は電球色(淡い黄色)の優しい光で、対向を走っている車にとっても眩しく感じることが少ない傾向です。「高効率ハロゲンランプ」という通常のハロゲンバルブよりも明るく、長寿命のタイプもあります。

寿命が長い高効率ハロゲンライト装着車

ハロゲンライトを搭載している車のヘッドライトを覗くと、バルブがむき出しになってライト内に装着されていて、周りの反射板(リフレクター)に光を集め前方を照らす形状をしているヘッドライトが多くあります。

また、右側のライトはプロジェクター形式と呼ばれ、バルブから発している光を魚眼のような目の部分から光を前方に拡散させるタイプです。

HIDライトとは

光量が多い車のHIDライト

HIDライトとは「High-Intensity Discharge」の略称で「キセノンライト」「ディスチャージヘッドランプ」と呼ばれている。アーク放電で発光する仕組みを使っていて、ハロゲンランプに比べて長寿命(5年)・明るさアップ・省電力の特徴がある。

明るくて省電力のHIDライト

点灯してからすぐの状態では色味や発光が白っぽく点灯し、数秒~十数秒かけて安定した発光になるのがHIDライトの特徴で、その色味が変化していく様子が美しいと感じる人もいます。

通常ライトの明るさをアップさせるためには、ワット数の大きいものを装着しなければなりませんが、HIDライトは同じワット数のハロゲンライトと比べてとても明るい特徴があります。HID35Wとハロゲン55Wは同等の明るさがあるので、省電力化に役立ちます。

LEDライトとは

装着車が増えてきているLEDライト

LEDライトとは発光ダイオードを使った照明で、ハロゲン・HIDよりも長寿命(15年)のヘッドライトです。また、色の再現性にとても優れているので、白・黄色の他にも赤色や橙色のLEDライトを使ったストップランプ・ウィンカーも増えています。

LEDライトを採用する最先端技術の自動車

LEDライトの特徴は、点灯してからすぐに安定した光が発すること、発熱がほとんどないことがあげられます。また、HIDライトよりも色の再現性が高いのでフォグランプに使用することでファッション性もアップします。

3種類の比較

ヘッドライトには「ハロゲン」「HID」「LED」と、3つの種類があります。それぞれのメリットやデメリット・性能の比較をチェックしてください。

光量

ライトの光量はワット(W)数によって決まり、色味によっても感じる明るさが違います。一般的には、黄色よりも白色のほうが明るく感じる傾向にあり、黄色っぽい色味の「ハロゲンライト」と、白っぽい色味の「HID・LED」ライトのほうが同じワット数でも明るく感じます。

HIDライトとハロゲンライトの視界の違い

光量の違い

HID=LED>ハロゲン

寿命

LEDライトを交換する自動車の整備士

家庭用の電球は「白熱電球」よりも寿命が長い「LED」ライトと同じように自動車でも、通電させるためにフィラメントを使用している「ハロゲンライト」は、部品が切れると発光しなくなりますが「HIDライト」「LEDライト」はフィラメントを持たないため、ハロゲンライトよりも寿命が長い特徴があります。

ライトの寿命

LED(約15年)>HID(約5年)>ハロゲン(約3年)

発熱

組み立てまえHIDライト

フィラメントへの通電で発光する「ハロゲンランプ」や、アーク放電で発光する「HIDランプ」は、発光する際に熱を持つ特徴がありますが「LEDライト」は、ほとんど発熱することがありません。発熱による寿命の低下を防ぐことができるLEDライトですが、ヘッドライトに雪がついた時に溶けないデメリットがあります。

発熱の違い

ハロゲン>HID>LED

見やすさ・ファッション性

LEDライトを照らす

周りが暗くなると点灯する必要があるヘッドライトは、明るさがあるほど前方が見やすくなります。ワット数が同じでも「光の色」によって見やすさも違い、一般的に白っぽい光のほうが黄色っぽい光よりも見やすく感じますが、雪や雨の日は逆に黄色っぽい光のほうが見やすく感じることが多いです。

また、ぼやっと淡い光を出す「ハロゲンランプ」よりも、カッと白い光を出す「HID・LED」のほうがファッション性も高いのです。

ライトを取り換える時の注意点

ライトが切れて点灯しなくなり交換する場合には、元々車両に取り付けられていたライトと同様の物を取りつけることがベストですが、バルブ(バーナー)にも色々な形状・色味があります。バルブの形状や色味(ケルビン数)について、紹介します。

形状

ハロゲンバルブやHIDバルブには「H4」「H8」「D2R」「D4S」など様々な形状があり、交換する際には車両ごとに決められているバルブ形状を確認する必要があります。カー用品店のランプ売り場には、車種ごとに対応するランプ形状をまとめた冊子があるので、チェックしてください。

ハロゲンランプの代表的な形状

H4(ヘッドライト)
H8(フォグランプ)

純正HIDランプの代表的な形状

D2R・D4R(リフレクタータイプのヘッドライト)
D2S・D4S(プロジェクタータイプのヘッドライト)

K(ケルビン)数

自動車のヘッドライトの明るさ見本

色温度(ケルビン数)とは、バルブが発光する色味を数値化したものであり、ケルビン数が低いほど赤く・黄色く、高いほど白く・青くなっていきます。

純正で販売されている車の多くには4300K(電球色)の色味が使われていて、晴れの日でも雨・雪の日でも見やすいオールマイティな色味です。また、6000K(白色)のバルブは、雨・雪の日に多少見えにくくなりますがファッション性が高まります。車検時に、ヘッドライトへ6500K以上のバルブを装着していると通らなくなりますので、注意してください。

例外として、平成17年(2005年)12月31日までに製造された車は、黄色のヘッドライト(3000Kなど)を装着していても、車検に通ります。また、フォグランプは製造年関係なく黄色を装着していても車検に通りますが、ヘッドライトと同じく6500K以上を装着していると車検に通らなくなります。

また、ピンク色や紫色・緑色のヘッドライトバルブやフォグランプもありますが、もちろん車検に通りませんので装着しないよう注意してください。

住む地域や好みでセレクトする

HIDやLED・ハロゲンの違いは、作り方や発光する原理の違いによって分けられます。

最も普及しているハロゲンランプはバルブが切れた時の交換費用も安価で手に入りやすく、雪がついても溶けやすい種類ですが、HIDやLEDに比べて暗く、寿命も短い欠点があります。

また、最新のLEDライトは明るくファッション性も高いヘッドライトですが壊れた時の交換費用が高価で、発熱が少なく雪がついたら溶けないまま走行することになり、積もっていく量に比例して光量も減っていきます。ヘッドライトウォッシャーを使用するか、定期的に雪を取り除く必要があり、LEDは雪が降る地域では不向きです。

ある程度普及しているHIDは明るく寿命もあり、発熱もあるので雪が溶けやすいライトですが、点灯させてから安定するまで時間がかかるので、トンネル侵入直後などに見えにくい場面があります。

色味もヘッドライトに6000KのHID(LED)をフォグランプにも6000KのLEDを装着してファッション性を重視する、ヘッドライトに4600KのHID・LEDランプ、フォグランプにはハロゲン3000K(黄色)を装着し天候に左右されない視認性・他の車からも発見されやすい実用性を重視するなど、選択肢があります。

それぞれメリット・デメリットをチェックして、自分が住んでいる地域の環境や好みに合わせて選ぶことが大切です。