ハリアーの内装を徹底比較

トヨタ新型ハリアーの内装をグレード別に比較

2017年8月にマイナーチェンジされたハリアーの内装は種類も豊富でカスタムも可能です。グレードにより選択できる内装にも違いがあるので、どのグレードがどの色を選択できるのか、シートの色、内装色、ステアリング、シフトパネルをELEGANCEから最上級グレードのPROGRESSまで画像を交えて紹介!

トヨタ新型ハリアーの内装をグレード別に比較

トヨタのハリアーは内装が豪華!プレミアムSUVのインテリアを確認

トヨタが販売するラグジュアリーSUVのハリアーは豪華な内装が特徴です。高級車並みの上質の革やドライバーの満足度が高い操作性の高いコクピットなど、所有欲を満たしてくれる空間が広がります。シートや内装色のパターンも数種類用意されているため好みに合わせてカスタムすることも可能です。

グレード毎の内装の違い、シートやコクピットやシフト周りなど細かな点も併せて人気SUVハリアーのインテリアを確認しましょう!

2017年にマイナーチェンジされた新型ハリアーのグレードを確認

2017新型ハリアーの内装

新型ハリアーのグレードは3種類で、上位グレードのPROGRESSとPREMIUMには“Metal and Leather Package”という豪華装備を搭載しているモデルが設定されています。

新型ハリアーのグレード3種類

  • PROGRESS
  • PREMIUM
  • ELEGANCE

豪華装備の“Metal and Leather Package”モデルは2種類

  • PROGRESS “Metal and Leather Package”
  • PREMIUM “Metal and Leather Package”

豪華装備の“Metal and Leather Package”では

  • シート表皮:プレミアムナッパ本革
  • シフトパネル・フロントコンソール加飾:アルミヘアライン
  • ドアスイッチベース加飾:ピアノブラック
  • イルミネーション付ドアスカッフプレート

などが内装面で追加され上位グレードの高級感をさらに高める特別な装備となっています。新設定されたターボモデルの2WD、PROGRESSグレードを価格で比較すると、

  • PROGRESS 4,050,000円
  • PROGRESS “Metal and Leather Package” 4,380,480円

330,480円の価格差があります。プレミアムナッパ本革シートはとても高級感があるので新型ハリアーにラグジュアリー感をプラスしたい方は是非“Metal and Leather Package”を検討してみては如何でしょうか。

新型ハリアーの内装カラーは4色から選択

新型ハリアー3シート表皮種類、シートカラーは4色から選択することができます。2017年のマイナーチェンジで力を入れているのがターボ車なので、内装カラーもターボ車専用のものが用意されています。どのようなカラーがラインナップされているのか、選択できるグレードも一緒に解説します。

1.ブラック×レッド

2017新型ハリアーのブラック×レッドのインパネ

2017新型ハリアーのブラック×レッドのシート

2017年6月のマイナーチェンジの目玉として追加された新型ハリアーのターボモデル専用に用意されたのがブラック×レッドの内装色です。
落ち着いたレッドなのでディープボルドーは派手目に感じていた方には待ちに待った色となるでしょう。ターボ車以外には設定されていないのが残念な所です。
ターボ車のELEGANCE、PREMIUM、PROGRESSのグレードの標準色となっています。

2.ブラック

2017新型ハリアーのブラックのインパネ

2017新型ハリアーのブラックのシート

ハイブリッド車、ガソリン車に用意されている内装色です。シンプルなカラーなのでどのようなカスタマイズにも合うカラーです。
人を選ばないので内装色に迷っている方はこちらのブラックがおすすめです。
ELEGANCE、PREMIUM、PROGRESSのグレードで選択できます。

3.ディープボルドー

2017新型ハリアーのディープボルドーのインパネ

2017新型ハリアーのディープボルドーのシート

ハイブリッド車とガソリン車のELEGANCE、PREMIUM、PROGRESSグレードに標準で選択できるカラーです。
レッド×ブラックよりも少し明るいレッドですが、マイナーチェンジ前のハリアーでは人気のカラーとなっていました。

4.ダークサドルタン

2017新型ハリアーのダークサドルタンのインパネ

2017新型ハリアーのダークサドルタンのシート

2017年6月8日のマイナーチェンジで新設定された内装色です。ハイブリッド車とガソリン車のみ選択できるカラーとなっています。
高級セダンのようなカラーがハリアーの高級感をさらにランクアップさせています。
ターボ車では設定されていないので、どうしてもダークサドルタンが良い方はハイブリッド車かガソリン車を選択しなければなりません。

シート表皮は3種類

プレミアムナッパ本革

プレミアムナッパ本革のシート表皮

※カラーはブラック×レッド

全ての“Metal and Leather Package”で採用されている高級本革シートです。ラグジュアリーSUVのとして相応しいデザインを採用しています。
2017年にマイナーチェンジした新型ハリアーの大きな変更点でもあるので、人気のシート表皮になることは間違いないでしょう。

ウルトラスエード+合成皮革

ウルトラスエード+合成皮革のシート表皮

※カラーはブラック×レッド

“Metal and Leather Package”ではないターボ車専用のシート表皮です。パンチング加工されたスエードがターボ車らしいレーシーな雰囲気を醸し出しているシート表皮です。
ブラック×レッドのカラーとマッチしているのも特徴です。

ファブリック+合成皮革

ファブリック+合成皮革のシート表皮

※カラーはブラック×ダークサドルタン

ハイブリッド車とガソリン車のELEGANCE、PREMIUMに採用されているのがファブリック+合成皮革のシート表皮です。
通気性の高いシート表皮は夏場の長時間のドライブも快適です。デザインも高級感があるので豪華な室内を持つハリアーの雰囲気を存分に楽しむことができます。

“Metal and Leather Package”の特別内装

“Metal and Leather Package”はハリアーの高級感をグレードアップさせたモデルです。シフト周りやスイオ周りに加飾が施されているのが特徴です。

イルミネーション付ドアスカッフプレート

2017新型ハリアーのイルミネーション付ドアスカッフプレート

ドア下にイルミネーション付で配置されたいるプレートです。ドライバー出迎えるHARRIERの文字が所有欲を満たしてくれます。

アルミヘアライン加飾されたシフトパネル

2017新型ハリアーのシフトパネル

アルミ素材をヘアライン加工したパーツがシフトパネルに加飾されています。シンプルで飽きの来ないデザインがハリアーの高級感をプラスしてくれます。

ピアノブラック加飾されたドアスイッチベース

2017新型ハリアードアスイッチベース

ドアスイットはピアノブラックでシックに加飾されています。アルミのシフト周りとマッチするデザインで、ラグジュアリーなハリアーを彩ります。

3代目前期ハリアーの内装

2017年6月8日にマイナーチェンジされる以前の前期ハリアーの内装を紹介します。

シートは本革、ブラック、アイボリーの3種類から選択

新型ハリアーで選択できるシートカラーは全部で3種類あります。オプション設定の本革シート、ブラック、アイボリーから選択できます。

本革シート

本革シートの表皮

本革シートはメーカーオプション設定となっています。内装色はブラックかディープボルドーのどちらかになり、ベースグレードのGRAND以外のグレードで選択できます。
座面と背面がパンチング加工されているので通気性も確保されています。価格は239,760円となり高額なオプションですが、ラグジュアリーSUVらしいプレミアムな空間を内装に求める方に人気のオプションとなっています。

なお、通常では運転席のみのパワーシートが、本革シートのオプションを選択すると助手席もパワーシートにグレードアップします。

ブラックの上級ファブリック+合成皮革

ブラックの上級ファブリック+合成皮革の表皮

手触りの良い上級ファブリックを座面と背面に使ったブラックのシートです。メーカーオプションの本革シートを選択しない場合はこちらのシートになります。
本革シート並みの高級感があり、ファブリックを使用することによる通気性は本革シートよりも上なので夏場のドライブがとても快適になります。
こちらのシートはハリアーのベースとなるシートで、全グレードで選択できます。また、ベースグレードのGRANDはこちらのシートのみとなっています。

アイボリーの上級ファブリック+合成皮革

アイボリーの上級ファブリック+合成皮革の表皮

高級セダンなどで採用されているアイボリーは象牙のような色合いが特徴です。手触りや質感はブラックシートと同様で、GRAND以外のグレードで選択できます。
シートにアイボリーを選択すると内装色ブラック基調のアイボリーしか選ぶことができない点に注意が必要です。

ベースグレードのGRAND以外はシートを3種類から選択できる

PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUM、ELEGANCEではシートを好みの色に変更できますが、ベースグレードのGRANDには選択肢がないことがわかりました。
ブラックのシートでも十分な高級感があるのがハリアーの特徴ですが、より個性や高級感を求める方はELEGANCE以上のグレードを選択すると幅が広がります。

PREMIUM
“Advanced Package”
PREMIUM ELEGANCE GRAND
本革 ×
ブラック
アイボリー ×

内装色はディープボルドー、ブラック、アイボリーの3種類から選択

新型ハリアーの内装色は3種類あります。深い色合いが特徴のディープボルドー、重厚感のあるブラック、プレミアムな雰囲気があるアイボリーから好みの色を選択しましょう。

1.ディープボルドー

ディープボルドーのカラー

ワインレッドのような深い赤が特徴のディープボルドーは「ハリアーは内装が豪華な車」と納得できるラグジュアリーな空間を創り上げています。
明るい赤はスポーティーなイメージを持ち敬遠する方がいますが、ハリアーに採用されるディープボルドーの味わいのある赤は、どの年齢の方にも好感を与えられる色となっています。

2.ブラック

ブラックのカラー

高級感のあるブラックの内装色はどのような状況にも対応できるオールマイティーな色です。内装を自分好みにカスタムする方におすすめの色で、ハリアーの高級感をさらに高めてくれるでしょう。
アクセントとなるステッチカラーも映えるので、メリハリの利いた車内を求める方はブラックを選択すると間違いありません。

3.アイボリー

アイボリーのカラー

アイボリーのシートを選んだ方は内装色もアイボリーとなります。内装の基本色はブラックと同様ですが、運転席と助手席の間にあるアームレストと、コンソールボックスのサイド部分がアイボリーに変更されています。
ブラックの内装と調和がとれた色合いなのでセダンのような高級感が漂う、プレミアムな内装です。

内装色の選択はELEGANCE以上のグレードで可能

内装色の選択もシートのカラー選択と同様にELEGANCE以上のグレードから可能となっています。内装色はハリアーの内装全体のイメージに関係するため妥協しないことをおすすめします。
そのため内装にこだわるのであれば、内装色とシートカラーが固定されているGRANDは避けるのが無難です。

※シートにアイボリーを選んだ場合の内装はアイボリーのみになります。本革シートを選んだ場合の内装はディープボルドーかブラックのみになります。

PREMIUM
“Advanced Package”
PREMIUM ELEGANCE GRAND
シート 本革 ×
ブラック
アイボリー ×
内装 ディープボルドー
ブラック
アイボリー ×

PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUM、ELEGANCEの3つのグレードでは5種類から選択することができます。

  • 本革シート+ディープボルドー内装色
  • 本革シート+ブラック内装色
  • ブラック上級ファブリック合成皮革シート+ディープボルドー内装色
  • ブラック上級ファブリック合成皮革シート+ブラック内装色
  • アイボリー上級ファブリック合成皮革シート+アイボリー内装色

ベースグレードのGRANDでは2種類から選択することができます。

  • ブラック上級ファブリック合成皮革シート+ディープボルドー内装色
  • ブラック上級ファブリック合成皮革シート+ブラック内装色

このように新型ハリアーでは合計7種類の内装を選ぶことができます。

メーターはガソリン仕様車とハイブリッド仕様車で違いがある

太陽の昇る昼間でも視認性の良い立体的なオプティトロンメーターを採用しているハリアーのメーターは、ガソリン仕様車とハイブリッド仕様車でデザインが異なります。
これらのメーターは全車標準装備となっています。

ガソリン仕様車のメーターは赤針

ガソリン仕様車のメーター

メッキ加工のリングと立体的な文字盤が特徴の、メーターはエンジンの回転数や走行スピード、燃料を赤針で表示します。
車の機能のオン/オフなどドライブに必要な情報がセンター液晶に表示されます。外気温や走行距離や燃費情報なども表示が可能です。

ハイブリッド仕様車のメーターは青針

ハイブリッド仕様車のメーター

ガソリン仕様車にある基本的な機能と、モーター情報をプラスしているのがハイブリッド仕様のメーターです。大きな違いは左にあるエンジンの回転数が、ハイブリッドモーターの状態を表すCHG(エネルギーをチャージしている状態)、ECO(モーター走行が多い状態)、PWR(エコ運転を超えている状態)のメーターに変更されていることです。
メーターを指す針も青色に変更されています。

ステアリングはグレードにより2種類を用意

ステアリングはハリアーのグレードにより「本革巻きステアリングホイール」と「木目調&本革巻きステアリングホイール」の2種類が用意され、グレードにより標準装備となります。

GRAND、ELEGANCEは本革巻きステアリングホイール

本革巻きステアリングホイール

ベースグレードのGRANDとELEGANCEには本革巻きステアリングホイールが標準装備となります。グリップしやすい本革を全体に使っているのでドライブフィーリングは抜群です。
高級感を損なわずに内装とマッチする素敵なデザインです。

PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMは木目調&本革巻きステアリングホイール

木目調&本革巻きステアリングホイール

PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMには本革巻きステアリングホイールの上部に木目調があしらわれたデザインのステアリングが標準装備されます。
後述するシフトパネルとマッチしたデザインなので、ラグジュアリーSUVの雰囲気が存分に楽しめます。

シフトパネルもグレードにより2種類用意

シフトパネルとドアスイットパネルもグレードにより「ウッド&メタル」と「エボニーストライプ」の2種類が、ステアリングホイールと同様に標準装備となります。

GRAND、ELEGANCEはウッド&メタル

ウッド&メタルのシフトパネル

ウッド&メタルのスイッチパネル

ウッド&メタルは発色が少なくシンプルで、ハリアーの豪華な内装の雰囲気に溶け込むデザインです。ベースグレードに採用されていることから不安になる方もいるかもしれませんが、質感は上級グレードのエボニーストライプにも負けません。

PREMIUM“Advanced Package”、PREMIUMはエボニーストライプ

エボニーストライプのシフトパネル

エボニーストライプのスイッチパネル

温かみのある木材をモチーフにしたパネルです。
標準装備となる木目調テアリングにもマッチし操作パネルに統一感を持たせたデザインとなっています。スイッチ類やシフト周りはドライブする時にいつも目にする場所なので、こだわっている方も多い箇所です。

新型ハリアー特別仕様車のStyleASHは全てが専用

特別仕様車StyleASHのエクステリア

新型ハリアーの特別仕様車StyleASHが2016年6月に発売されました。StyleASHはエクステリアこそ変わりありませんが、内装はStyleASH専用に用意された装備が盛りだくさんとなっています。

グレードは

  • PREMIUM Style ASH
  • PREMIUM Advanced Package・Style ASH

の2種類でそれぞれにガソリン仕様車とハイブリッド仕様車が用意されています。

主な違いは専用18インチホイール

特別仕様車StyleASHのホイール

ウルトラスエードを使用した内装とシート

アッシュ系の内装

アッシュ系の内装インパネ

ヘアライン調加飾されたパネル類

ヘアライン調加飾のシフトパネル

ピアノブラック調加飾されたステアリング

ピアノブラック調加飾&本革巻きステアリングホイール

となっています。

2017年6月にはビックマイナーチェンジ

日本を代表するミドルサイズSUVであるハリアーの内装は最上級セダンにも引けをとらないラグジュアリーさを持っています。
2017年6月にはビックマイナーチェンジを果たし、エンジンにはターボモデルが追加、エクステリアには流れるウインカー「シーケンシャルターンランプ」が追加になります。また、グレードの見直しも行われ最上級グレードのPRGRESSが新たに登場します。

インテリアにはどのような変化が起こるのか注目しましょう!