GT-R 2018年モデルのまとめ

GT-R 2018年モデルが11月16日に発売!防盗システムを全車に拡充

GT-R 2018年モデルの改良内容を紹介します。日産が販売するフラッグシップスポーツカーのGT-Rは2017年11月16日に2018年モデルを販売しました。標準グレードにも防盗システムの標準装備や、Apple Car Playに対応するなど使い勝手が良くなりました。

GT-R 2018年モデルが11月16日に発売!防盗システムを全車に拡充

日産GT-Rの2018年モデルが2017年11月16日に発売

日産が販売するスーパースポーツカー「GT-R」の2018年モデルが2017年11月16日に発売すると発表されました!現行のR35型は2007年12月から販売を行っていて、2017年で10周年を迎えます。

2017年モデルでは、ダンプトロニックを改良してNISMO専用チューニングを施していましたが、2018年モデルではどのように改良されるのでしょうか?さっそくチェックしていきましょう。

車両防盗システムを全グレードに標準設定

サーキットを走る新型GT-R

「GT-R NISMO」、「GT-R Premium edition」に標準設定している「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリー2準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準設定しました。これで、標準グレードの「Pure edition」、ファッショナブルグレードの「Black edition」にも防盗システムが標準装備され、盗難の心配から解放されます。

車両防盗システム搭載センサー

・侵入センサー
・傾斜センサー
・ホイールロックナット
・サイレンユニット
・オーディオリンク

GT-Rは日本国内のみならず海外でも人気のある車種なので、たびたび盗難に遭うことがあります。イモビライザーはもちろん、カーアラームはもともと全車標準装備でしたが、2018年モデルでは上級グレードのみに装備していた防盗システムが全車標準装備になったので、さらに安心することができます。

Apple Car Playが全グレードに対応

新型GT-Rのナビゲーションシステム

2017年11月16日から販売される2018年モデルのGT-Rには、「Nissan Connectナビゲーションシステム」が全車標準装備していて、AppleのCar Playに対応しました。

「GT-Rのナビゲーション」と「AppleのスマートフォンであるiPhone」を繋ぐことができて、目的地までの道のりを調べる、電話をかける、メッセージの送受信を行う、音楽を聴くなどの操作を行うことができます。

Android OSで使用することができる「Android Auto」は対応していませんが、Apple Car Playに対応したことで走行中に電話がかかってきた時など、携帯電話を操作することなく電話対応することができます。

標準モデルだけではなくNISMOにも同じ設定が追加

新型GT-R NISMO

GT-R 2018年モデルの改良は、標準グレードだけではなくハイパフォーマンスモデルのNISMOにも行われ、防盗システムは改良前から標準装備しているので、ナビゲーションがApple Car Playに対応するようになります。

GT-R NISMOのスペック
全長 4,690mm
全幅 1,895mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,780mm
前トレッド 1,600mm
後トレッド 1,600mm
最低地上高 110mm
車両総重量 1,960kg
駆動方式 4WD
前サスペンション 独立懸架ダブルウィッシュボーン
後サスペンション 独立懸架マルチリンク
エンジン型式 VR38DETT
種類 V型6気筒
排気量 3,799cc
最高出力 600PS/6,800rpm
最大トルク 652Nm/3,600~5,600rpm

GT-R 2018年モデルの発売日・価格帯

新型GT-Rのリヤビュー

GT-R 2018年モデルの発売日は2017年11月16日で、価格帯は10,230,840円から18,700,200円です。

日本の市販車の中でも300km/h以上を出せるのはレクサスのLFA、ホンダのNSXと日産のGT-Rのみで、LFAは3,750万円、NSXは2,370万円に対して、日産のGT-RはハイパフォーマンスモデルのNISMOでも1,870万円と、かなりコストパフォーマンスに優れる車です。

日産GT-R 2018年モデルの価格表
Pure edition 10,230,840円
Black edition 12,139,200円
Premium edition 11,705,040円
Track edition 13,969,800円
NISMO 18,700,200円

GT-RのフルモデルチェンジR36型は2020年か

※次期GT-Rの噂があるNISSAN CONCEPT 2020

GT-R 2018年モデルが発売されたことで、2018年後半まではR36型へフルモデルチェンジする可能性が限りなく低くなりました。噂ではR36型になるのは、2020年だといわれています。

GT-R 2018年モデルは、2017年11月16日に販売が開始されていて、Pure editionとBlack editionに防盗システムが標準装備され、Apple Car Playも全グレードに標準装備になりました。

歴代のGT-Rはプレミアがついて中古車の値段も高騰していますし、もしかすると、R35型のGT-Rとして最終型になるかもしれない2018年モデルはプレミアが付く車両になるかもしれません。