給油口の位置は矢印で確認できる

給油口の左右確認方法やセルフ給油のながれを紹介

給油口の設置位置が右側であるか左側であるかは、燃料メーターに表示されるアイコンの隣の矢印で確認できます。外車・国産車は各メーカーどちら側に設置される傾向があるのか、ガソリンの補給をセルフで行う時に役立つ、給油の手順やエンジンを停止してから行うなどの注意点も紹介します。

給油口の左右確認方法やセルフ給油のながれを紹介

給油口の位置を確認する方法とセルフでガソリンを補給する時の手順

レンタカーや初めて乗る会社の車に燃料をいれる際に、知っておきたいのが給油口の位置です。給油口の位置とノズルの位置が反対側だったら、車を移動させなくてはなりません。

今回は、給油口の位置を室内にいながら簡単に確認できる方法やセルフでガソリンを補給する際に役立つ、給油の手順や注意点を紹介します。

給油口の位置はアイコンの隣の矢印で確認

給油口を示すガソリンメーター

給油口の位置が右側であるか左側であるかは、燃料メーターに表示されるアイコンの隣の矢印の方向で確認する事ができます。矢印が右を向いていれば給油口は車の右側に設置され、左側を向いていれば給油口は車の左側に設置されています。

給油口の位置をアイコンの隣の矢印で表示する流れは、2000年頃からトヨタなどの自動車メーカーが取り入れた事で広がっていきます。そのため、2000年以前に発売された車では矢印の向きで給油口がどちら側に設置されているのかを確認する事は出来ません。

給油口の位置は熱を持つマフラーから遠ざけなければならないという法律があって、給油口はマフラーが設置されている側の反対に設置されている事を知っておくと何かと便利です

各自動車メーカー別・給油口の位置:外車は右側で国産車は右側・左側設定でわかれる

ベンツやBMW、ルノーなどの海外自動車メーカーの車では、給油口の位置はほとんど右側に設定されています。

一方の国産自動車メーカーでは、トヨタ・ホンダ・マツダ・ダイハツ・スズキが販売するほとんどの車の給油口の位置は左側設定です。日産やスバルがラインナップする車の多くは右側設定で、三菱の車の給油口の位置は右側設定と左側設定とで半々に分かれます。

セルフ式スタンドの給油手順

深夜まで営業中のセルフ式ガソリンスタンド

ガソリンの種類を選んで給油する量を決める

給油機のメニュー画面から自分の車に適したガソリンの種類を選びます。ガソリンの残量や予算も考慮に入れながら給油する量を設定します。給油する量は、満タン以外にも数量や金額で指定する事ができます。

静電気除去シートに触る

揮発性の高いガソリンでは静電気も引火の原因です。給油作業を行う前には、静電気を体の外に逃がすため給油機に設置されている静電気除去シートに触る必要があります。

給油口カバーを開いてキャップを外す

給油口は運転席付近に設置されているレバーを引っ張ることで開ける事ができます。給油口のカバーを完全に開ききれば、キャップが露出されます。キャップは手で簡単に外すことができます。

ノズルを給油口に差し込んでレバーを引く

車に給油する男性ドライバー

メニュー画面から選択したガソリンの種類に合ったノズルを給油口に差し込みます。途中で外れないように、補給するガソリンが外に漏れないように、ノズルは給油口の奥までしっかりと差し込みます。ノズルのレバーを引くことでガソリンを補給することができます。

ノズルを定位置に戻す

満タン・数量・金額で指定した量のガソリンが給油されると、補給は自動的に停止します。停止状態を確認したら、ノズルは定位置に戻しましょう。

キャップとカバーをしめる

給油口を閉じるために、キャップを閉めてカバーをかぶせれば給油作業は終わります。

給油する際のNG行動

NISMOの給油口キャップ

喫煙やスマホの利用

ガソリンスタンドのエリア内では、所定の場所を除き火気厳禁です。ガソリンは揮発性が高く、タバコに着火する際の小さな火力であっても爆発の危険性を秘めています。

スマホを操作しながら給油を行えば、注意力が散漫します。ガソリンという危険な液体燃料を扱う際には、不注意が原因で事故を起きてしまう事もあります。そのため、セルフサービスで燃料を補給する時には給油作業だけに集中しましょう!

エンジンのかけっぱなし

エンジンをかけたまま給油する車

消防法の危険物の規制に関する政令の第二十七条の6の項目には「自動車等に給油するときは、自動車等の原動機を停止させること。」との規定があります。

消防法は危険物を取り扱う施設や業者をその対象とする法律です。スタンドのスタッフが給油を行う際にはスタンド側、セルフでの給油を行う際には利用者がエンジンを停止させる事が求められます。

給油中にエンジンをきらなければ、誤発進などのトラブルが発生してしまう恐れがあります。セルフで給油を行う際には、エンジンを停止してから行いましょう。

給油口の取り付け位置からでも車の知識は深まっていく

初めて乗る車にガソリンを入れる際、確認しておきたいのが給油口の位置です。給油口はマフラーから出来るだけ離すため反対側に設置する、燃料メーター内に表示されている矢印の向きが給油口の位置を示しているなど、給油口をテーマに据えて考える事で車の知識は深まっていきます。

外車の給油口がほとんど右側に設定される理由の答えは、何となく察しがつくと思います。国産車ではトヨタのように左側設定で、日産のように右側設定で多くの車種をラインナップさせているのは興味深いです。その理由の答えを自ら探っていけば車の知識はさらに深まっていきます!