燃費の良いSUVランキング

燃費の良いSUV 外車・国産車の人気ランキングTOP10

燃費の良いSUVを外車と国産車を含めてランキングしました。大きなボディを持つSUVはコンパクトカーやセダンと比べると燃費性能が低い傾向にあります。しかし中にはハイブリッドを搭載し驚きの燃費性能を持つSUVも存在します。燃費が良くランニングコストが安い、かっこいいSUVを紹介します。

燃費の良いSUV 外車・国産車の人気ランキングTOP10

経済的でかっこいい!燃費の良いSUVランキング

世界中で大ブームを巻き起こしているSUVは迫力あるボディと高い走破性が魅力ですが、「燃費性能」はコンパクトカーやセダンには及びません。
かっこいいスタイリングのSUV唯一の弱点と言える燃費に焦点をあて、国産車・外車を含めた燃費性能の良い車種をランキングしました。

日本が誇る世界一の自動車メーカーや、ドイツのプレミアムブランドもランクインする、燃費の良いSUVランキングTOP10です。

10位 レクサス RX 450h

レクサス RX 450hのエクステリア

レクサスのプレミアムSUVがRXです。
トヨタのハリアーをベースにしたRXはボディサイズをさらに拡大し、全長4,890mm、全幅1,895mm全高1,710mmの大きなボディサイズながらJC08モード燃費は18.8km/Lを達成しています

レクサス RX 450hの内装

立体的で美しい造形のエクステリアは世界中のファンから愛されていて、NXと並びレクサスブランドをけん引しています。
内装はプレミアムブランドらしい最高級のセミアニリンレザーと、上質な素材を使ったオーナメントパネルで彩られ、レクサスオーナーを出迎えてくれます。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,890mm
全幅 1,895mm
全高 1,710mm
車両重量 1,660kg
ホイールベース 2,790mm
総排気量 3.456L
最高出力 193kW(262PS)/6,000rpm
最大トルク 335Nm(34.2kgm)/4,600rpm
モーター最高出力 123kW(167PS)
モーター最大トルク 335Nm(34.2kgm)
ボディカラー 9色
JC08モード燃費 18.8km/L
乗車定員 5名
価格 6,047,000円~

9位 BMW X1 xDrive 18d

BMW X1 xDrive 18dのエクステリア

BMWの最小クラスSUV X1のディーゼルモデルがxDrive 18dです。
ドイツ車のディーゼルエンジン技術は世界一と言われている通り、日本車では味わえない独特の乗り味と高い燃費性能を持っています

BMW X1 xDrive 18dの内装

車両価格は高額ですが、燃料に軽油を使用するためランニングコストは少なくなります。加えてJC08モード燃費が19.6km/Lの低燃費なのでボディサイズを考慮すると群を抜いてエコな外車SUVと言えます。

駆動方式 4WD
全長 4,455mm
全幅 1,820mm
全高 1,610mm
車両重量 1,660kg
ホイールベース 2,670mm
総排気量 1.995L
最高出力 110kW(150PS)/4,000rpm
最大トルク 330Nm(33.7kgm)/1,750-2,750rpm
ボディカラー 7色
JC08モード燃費 19.8km/L
乗車定員 5名
価格 4,520,000円~

8位 アウディ Q2 1.0TFSI

アウディ Q2 1.0TFSIのエクステリア

燃費の良い外車SUV No.1はアウディの最小コンパクトSUV Q2です。
2017年6月13日に日本販売が開始されたQ2は「型破りな車」として登場、多角形を取り入れた個性的なスタイルとワンクラス上の快適性を実現しています。

アウディ Q2 1.0TFSIの内装

メーター内にナビゲーションなどを表示するバーチャルコクピットや、最新の大型ヘッドアップディスプレイを装備するなど、最先端の技術を持つアウディらしい内装になっています。
JC08モード燃費19.8km/Lは外車SUVトップの数字です。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,200mm
全幅 1,795mm
全高 1,530mm
車両重量 1,310kg
ホイールベース 2,595mm
総排気量 999L
最高出力 85kW(116PS)/5,000-5,500rpm
最大トルク 200Nm(20.4kgm)/2,000-3,500rpm
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 19.8km/L
乗車定員 5名
価格 2,990,000円~

7位 日産 エクストレイル 20S ハイブリッド

日産 エクストレイル 20S ハイブリッドのエクステリア

日産の自動運転技術プロパイロットを装備している燃費の良いSUVがエクストレイルです。
プロパイロットは2017年6月8日のマイナーチェンジで搭載され、ミニバンのセレナに次ぐ2台目の車種になりました。

日産 エクストレイル 20S ハイブリッドの内装

エクストレイルは防水シートを装備するなどアウトドアに便利な機能が盛りだくさんの楽しい車で、3列7人乗り仕様もありファミリーカーとしても大人気です。
特別仕様車にはオーテックが手掛けたコンプリートカー エクストリーマーXやモード・プレミアを設定します。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,690mm
全幅 1,820mm
全高 1,730mm
車両重量 1,490kg
ホイールベース 2,705mm
総排気量 1.997L
最高出力 108kW(142PS)/6,000rpm
最大トルク 207Nm(21.1kgm)/4,400rpm
モーター最高出力 30kW(41PS)
モーター最大トルク 160Nm(16.3kgm)
ボディカラー 9色
JC08モード燃費 20.8km/L
乗車定員 5名
価格 2,589,840円~

6位 レクサス NX 300h

レクサス NX 300hのエクステリア

トヨタの高級自動車ブランドのレクサスから販売されるミドルサイズSUVがNXです。
レクサスブランドのSUVでは最小サイズですが、トヨタのハリアー並みのボディサイズなので迫力があります。
珍しいハイブリッドAWD(4WD)が設定されているため、走破性も高く運転しやすい車です。

レクサス NX 300hの内装

エクステリアにはレクサスのデザインアイコン スピンドルグリルが採用され遠くからでもレクサスブランドと分かります。内装は高級ブランドに相応しいセミアニリンレザーがふんだんに使われています。
燃費の良さと高級感が融合したハイパフォーマンスSUVです。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,640mm
全幅 1,845mm
全高 1,645mm
車両重量 1,760kg
ホイールベース 2,660mm
総排気量 2.493L
最高出力 112kW(152PS)/5,700rpm
最大トルク 206Nm(21.0kgm)/4,400-4,800rpm
モーター最高出力 105kW(14.3PS)
モーター最大トルク 270Nm(27.5kgm)
ボディカラー 9色
JC08モード燃費 21.0km/L
乗車定員 5名
価格 5,040,000円~

5位 トヨタ ハリアー ハイブリッド エレガンス

トヨタ ハリアー ハイブリッド エレガンスのエクステリア

ハリアーはトヨタが販売するミドルサイズSUVです。
コンパクトSUVと比較すると車両重量が重いため燃費性能は低下しますが、それでもJC08モード燃費21.4km/Lを達成しクラストップの燃費性能を持っています

トヨタ ハリアー ハイブリッド エレガンスの内装

2017年6月8日には待望のビッグマイナーチェンジが行われターボモデルを追加、2017年9月19日にはスポーツグレード GRが設定されました。
2019年から2020年にはフルモデルチェンジが行われる予定なので、今後も目が離せない注目車種です。

駆動方式 4WD
全長 4,725mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm
車両重量 1,770kg
ホイールベース 2,660mm
総排気量 2.493L
最高出力 112kW(152PS)/5,700rpm
最大トルク 206Nm(21.0kgm)/4,400-4,800rpm
モーター最高出力 105kW(14.3PS)
モーター最大トルク 270Nm(27.5kgm)
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 24.1km/L
乗車定員 5名
価格 3,774,600円~

4位 マツダ CX-3 XD

マツダ CX-3 XDのエクステリア

マツダのクリーンディーゼルを搭載したコンパクトSUVがCX-3です。
2017年にボディカラーの追加と共に行われた改良で、販売価格を引き下げたガソリンモデルも追加されています。

マツダ CX-3 XDの内装

マツダのクリーンディーゼル技術は世界的にも評価されていて、環境に優しくガソリンモデルよりも燃費性能が高いのが特徴です。
CX-3は魂動デザインが採用され、シートやインパネはこだわりが見られる上質なデザインとなっています。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm
車両重量 1,250kg
ホイールベース 2,570mm
総排気量 1.498L
最高出力 77kW(105PS)/4,000rpm
最大トルク 270Nm(27.5kgm)/1,600-2,500rpm
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 25.0km/L
乗車定員 5名
価格 2,408,400円~

3位 ホンダ ヴェゼル ハイブリッド

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドのエクステリア

フィットをベースにしたホンダ ヴェゼルは、燃料タンクを前席下に配置するセンタータンクレイアウトを取ることで、コンパクトSUVクラストップの室内空間を持っています
後席は180cmを越える大人でも、膝にゆとりがあるため圧迫感は感じません。

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドの内装

乗車人数や使い方により4種類のシートアレンジが可能で、アウトドアユーザーからも高い信頼を得ています。内装色もブラックの他にブラウンやアイボリーが用意されているため、質感も他のコンパクトSUVより高くなっています。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,295mm
全幅 1,770mm
全高 1,605mm
車両重量 1,270kg
ホイールベース 2,610mm
総排気量 1.496L
最高出力 97kW(132PS)/6,600rpm
最大トルク 156Nm(15.9kgm)/4,600rpm
モーター最高出力 22kW(29.5PS)/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク 160Nm(16.3kgm)/0-1,313rpm
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 27.0km/L
乗車定員 5名
価格 2,270,000円~

2位 スズキ イグニス ハイブリッド MG 2WD

スズキ イグニス ハイブリッド MG 2WDのエクステリア

スズキのイグニスはマイルドハイブリッドを搭載したコンパクトクロスオーバーSUVです。
全長3,700mm、全幅1,660mm、全高1,595mmのコンパクトボディは、今まで軽自動車に乗っていた方でもすぐに運転に慣れる大きさです。

スズキ イグニス ハイブリッド MG 2WDの内装

ボディサイズがコンパクトなため車両重量も850kgと軽く、JC08モード燃費は28.8km/Lの低燃費になっています。
デイライトがU字になったユニークなスタイリングは、個性を求める女性の方にもおすすめです。

駆動方式 2WD(FF)
全長 3,700mm
全幅 1,660mm
全高 1,595mm
車両重量 850kg
ホイールベース 2,435mm
総排気量 1.242L
最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm
最大トルク 118Nm(12.0kgm)/4,400rpm
モーター最高出力 2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
モーター最大トルク 50Nm(5.1kgm)/100rpm
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 28.8km/L
乗車定員 5名
価格 1,382,400円~

1位 トヨタ C-HR G

トヨタ C-HR Gのエクステリア

2017年SUV上半期No.1の販売台数を達成したのがトヨタ C-HRです。
これまで日産のジュークやホンダのヴェゼルに先を越されていたコンパクトクロスオーバーSUVのジャンルでしたが、2016年の12月にプリウスのハイブリッドシステムTHS2を採用して、クラストップの燃費性能を引っ提げ登場しました。

トヨタ C-HR Gの内装

燃費性能は外車・国産車を含めて他車を圧倒するJC08モード燃費30.2km/Lで、こだわり抜かれた内外装は今までのトヨタのイメージを一新しました。

2017年8月2日にはブラックルーフとホワイトルーフのツートーンカラー仕様を追加、2017年11月2日には流れるウインカー シーケンシャルターンランプを標準装備したLEDエディションを追加、2018年もSUV販売台数No.1を狙うトヨタの世界戦略車です。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,360mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm
車両重量 1,440kg
ホイールベース 2,640mm
総排気量 1.797L
最高出力 72kW(98PS)/5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
モーター最高出力 53kW(72PS)
モーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
ボディカラー 14色
JC08モード燃費 30.2km/L
乗車定員 5名
価格 2,905,200円~

燃費の良いSUVはこれから続々登場

現在販売されている燃費の良いSUVはハイブリッドモデルが殆どですが、今後EV(電気自動車)のSUVが続々登場してくると予想されます。

電気をエネルギーとすることで燃料代は安く済み、航続距離は伸びるためボディサイズに関係なく経済的な車が誕生します。
世界的なEVシフトの流れで、今後登場するSUVがどのように進化するのか注目しましょう。