フォレスターのおすすめアルミホイール

フォレスターのホイール純正サイズと人気アルミ10選

新型フォレスターのおすすめホイールを紹介。扁平率の高いタイヤを履いてオフロード仕様にするのも、大口径ホイールにインチアップしてラグジュアリー仕様にするのも似合うフォレスターにおすすめのアルミホイール10選です。魅力的なアルミホイールで自分らしい個性的なドレスアップを楽しみましょう。

フォレスターのホイール純正サイズと人気アルミ10選

新型フォレスター(SJ型)に似合うおすすめのアルミホイール

スバルのフォレスターは確かな走りを実現するAWD(常時前輪駆動)と水平対向エンジン(通称ボクサーエンジン)の心地良いサウンドが特徴のクロスオーバーSUVです。
2012年には3度目のフルモデルチェンジを果たし4代目となり、2018年には4度目のフルモデルチェンジがされると予想されています。

走破性が高い本格的な走行を楽しめる新型フォレスター(SJ型)におすすめのアルミホイールを紹介します。

新型フォレスターの純正ホイールサイズとタイヤサイズ

新型フォレスターのエクステリア

新型フォレスターにはグレードにより4つのホイールが用意されています。

新型フォレスターの17インチ純正ホイール

※2.0i EysSight、2.0i-L、2.0i-L EysSightに標準装備される17インチアルミホイール

特別仕様車X-BREAKの17インチホイール

※特別仕様車X-BREAKに標準装備される17インチアルミホイール

フォレスター純正18インチホイール

※2.0XT EysSightに標準装備される18インチアルミホイール

特別仕様車S-Limitedの18インチホイール

※特別仕様車S-Limitedに標準装備される18インチアルミホイール

ホイールデザインは違うもののホイールのリム径(インチ数)は17インチと18インチとなっています。ボディサイズは同じでどのグレードでも18インチを装着できます。
新型フォレスターの純正ホイールサイズとタイヤサイズを紹介します。

リム径 17インチ 18インチ
オフセット +48mm +48mm
リム幅 7.0J 7.0J
ボルト穴数 5H 5H
P.C.D 100mm 100mm
ハブ径 56mm 56mm
タイヤサイズ 225/60R17 225/55R18
タイヤ外径 701mm 704mm
ナットサイズ M12×P1.25 M12×P1.25

新型フォレスターのおすすめホイールまとめ

レイズ デイトナ FDX F7

新型フォレスターにおすすめのレイズ デイトナ FDX F7

リム径 17インチ
オフセット +45mm
リム幅 7.0J
カラー ブラック/リムダイヤモンドカット
セミグロスブラック
安値圏市場価格帯 37,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL https://www.rayswheels.co.jp/

レイズのデイトナ FDX F7は新型フォレスターの高い走破性にベストマッチのホイールです。
ホワイトレター(タイヤ側面ある白文字)があるBFグッドリッジなどのオフロードタイヤと合わせてSUVらしいスタイリングを楽しむことができます

モンツァ ワーウィック カロッツァ

新型フォレスターにおすすめのモンツァ ワーウィック カロッツァ

リム径 17インチ
オフセット +48mm
リム幅 7.0J
カラー ブラックカットコート
安値圏市場価格帯 20,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL http://www.monza-japan.co.jp/

ブラックカットのカラーが力強さとラグジュアリー感を演出するアルミホイールです。一見オフローダーには似合わないように見えますが、都会派SUVとしてエレガントなルックスへドレスアップする時に選ばれる人気のホイールです。

DOS ガビアル2 ブラックVer.

新型フォレスターにおすすめのDOS ガビアル2 ブラックVer.

リム径 17インチ、18インチ
オフセット +48mm
リム幅 7.0J、7.5J
カラー グロスブラック
安値圏市場価格帯 15,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL http://www.badx.jp/

グロスブラックの艶やかなカラーリングが印象的なアルミホイールです。
ブラックホイールはボディを引き締めて見せる効果があるので大柄なフォレスターをスタイリッシュにドレスアップしてくれます
ベーシックなパターンながらも存在感があるのも特徴です。

スマック プライムシリーズ ラヴィーネ

新型フォレスターにおすすめのスマック プライムシリーズ ラヴィーネ

リム径 17インチ
オフセット +48mm
リム幅 7.0J
カラー ブラックマイカ×ポリッシュ×スモーククリア
安値圏市場価格帯 17,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL http://www.kyoho-corp.jp/

純正ホイールとは違うお手軽なドレスアップを楽しんでほしい願いから誕生したのがプライムシリーズ ラヴィーネです。
初めてドレスアップに挑戦する方にはインパクトがあり、エクステリアの変化を楽しめる最適なアルミホイールとなっています。

OZ SPORT アニバーサリー45

新型フォレスターにおすすめのOZ SPORT アニバーサリー45

リム径 17インチ、18インチ
オフセット +48mm
リム幅 7.0J、7.5J
カラー マットチタニウムテックダイアモンドリップ
ブラックダイアモンドリップ
安値圏市場価格帯 41,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL http://www.ozracing.com/jp/

懐かしい雰囲気がある愛らしいアルミホイールです。2色で展開している各ホイールに、レトロボウルカップと呼ばれるセンターキャップを装着することで全く違う雰囲気を楽しむことができます。
新型フォレスターを可愛らしくドレスアップしたい時に最適なホイールです。

レイズ フルクロス クロススリーカーズT6

新型フォレスターにおすすめのレイズ フルクロス クロススリーカーズT6

リム径 18インチ
オフセット +45mm
リム幅 7.5J
カラー ブラックマシニング
ブリリアントノアール
安値圏市場価格帯 32,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL https://www.rayswheels.co.jp/

厚みのあるオフロードタイヤを履いても負けないほど、存在感とインパクトのあるアルミホイールです。SUVのために開発されているので、煌びやかさよりも立体的な力強さを感じることができます。
主張しすぎないデザインで足元をドレスアップしたい方におすすめのホイールです。

レイズ HOMURA A5S

新型フォレスターにおすすめのレイズ HOMURA A5S

リム径 17インチ、18インチ
オフセット +45mm、+48mm
リム幅 7.0J、7.5J
カラー サイドスーパーダークガンメタ
安値圏市場価格帯 31,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL https://www.rayswheels.co.jp/

ワンランク上のドレスアップを目指す方におすすめなのがHOMURA A5Sです。飽きのこないシンプルでアグレッシブなデザイン、完成度の高いプレミアム切削など最上級の完成度を誇るのがHOMURAシリーズです。
薄いタイヤを履くとエレガントに、厚みのあるタイヤを履くとアクティブな印象へ様々な変化を付けることができます

MKW MK-66

新型フォレスターにおすすめのMKW MK-66

リム径 17インチ
オフセット +45mm
リム幅 7.0J
カラー ミルドサティンブラック
安値圏市場価格帯 38,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL http://www.mkw-japan.com/

飾りは一切なりシンプルな8スポークのアルミホイールです。
シンプルながらセンスを感じられる造形を持つMKW MK-66は、マッドカラーとグロスカラーの中間を取るサティンブラックという新しい輝きを採用し独特の存在感を演出します

ディープインパクト WZ-7

新型フォレスターにおすすめのディープインパクト WZ-7

リム径 17インチ、18インチ
オフセット +48mm
リム幅 7.0J
カラー ブラックポリッシュ
安値圏市場価格帯 18,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL http://www.treasure-one.co.jp/

新型フォレスターのホイールよりも細いスポークと、しなりのあるデザインが特徴的なのがディープインパクト WZ-7です。
インパクトの強いデザインはホイール単体に目がいっていまい個性を感じ難くなりますが、線が細くクセがないデザインはトータルバランスを取るのに有効です。
ボディのエアロパーツやガーニッシュを主張したい時にぴったりのアルミホイールです。

G-スクエア エステイタス スタイル-757

新型フォレスターにおすすめのG-スクエア エステイタス スタイル-757

リム径 19インチ
オフセット +48mm
リム幅 8.0J
カラー ブラックサイドマシニング
安値圏市場価格帯 44,000円程度/1本(2017年調べ)
参考URL https://www.g-corp.co.jp/

ダイナミックな5つのスポークが特徴的なエステイタス スタイル-757は19インチの大口径ホイールです。新型フォレスターの純正ホイールが17インチと18インチなのでインチアップとなりますが、扁平率45Rのタイヤを選択すると純正ホイールとそのまま交換することができます
スポークの間のリムには切削部分がありオールブラックタイヤとは違う輝きが楽しめます。

オフローダーとラグジュアリーの両方楽しめるのがフォレスターの魅力

未舗装路を走破するイメージが強いフォレスターは、BFグッドリッジやジオランダーのようなオフロードタイヤを履くのも似合いますが、インチアップすることで都会派SUVとして煌びやかな足回りにドレスアップできます。
どちらのドレスアップも似合うのが新型フォレスターの魅力です。