ファミリーカーの外車ランキング

ファミリーカーとして人気の外車ランキングTOP7

外車のファミリーカーを、ランキング形式で紹介します。アウディ、BMW、メルセデスなどのプレミアムブランドが展開する車や、ボルボやルノーが販売している個性的な車のボディサイズや、販売価格を中心にスライドドアなど、どんな特徴をもっているのかも合わせて取り上げます。

ファミリーカーとして人気の外車ランキングTOP7

ファミリーカーランキング・外車編 ~ グローバル化社会では、車の選択肢は拡がる

音楽では、J-POPなどの邦楽よりも洋楽派、映画は邦画よりも洋画派って方がいるように、車においても国産車よりも外車が好きだって方は多くおります。

そんな方々に向けて、外車のファミリーカー人気ランキングTOP7を紹介します。今回、紹介する車の中からお気に入りの1台が見つかるはずです。

外車のファミリーカーランキングTOP7

7位 ボルボ V60

ボルボV60のエクステリア

V60は、北欧の福祉国家スウェーデンの自動車メーカーであるボルボ・カーズが製造・販売を行っているスポーツタイプのワゴン車です。ボルボは創業当時から、常に車に乗る人の事を中心に考えて開発を行ってきました。その企業精神は、ボルボ車に搭載されている安全技術に大いに活かされています。

V60 は、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの10種類以上の先進安全技術が搭載されている高い安全性が評価され、ファミリーカーとして世界的に人気があります。

ボルボV60のインテリア

人間工学に基づき設計されたシートは、座っている人の体を優しく包み込む感じが心地よく、長時間のドライブでも疲れにくいと評判です。

全長 4,635mm
全幅 1,865mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,840mm
最小回転半径 5.5m
燃費 20.2km/L
ボディカラー 6色
乗車定員 5人
価格 4,540,000円~

6位 シトロエン グランドC4・ピカソ

シトロエングランドC4・ピカソのエクステリア

フランスの自動車メーカーであるシトロエンが販売している7人乗りのミニバン、グランドC4・ピカソは、アート好きな家族に人気の車です。20世紀最大の芸術家と称えられているピカソの直筆サインをモチーフとした車のエンブレムや、それに見劣りしない車の芸術的なボディラインが織りなす一体感は、感性を大いに刺激します。

シトロエングランドC4・ピカソのインテリア

インテリアは、ツートンカラーの色の組み合わせが抜群です。行楽地へのドライブで気になる強い日差しを遮ってくれるサンシェードは全車に標準装備されています。運転中の死角となり得る後続車を超音波で感知し、ドアミラーに警告表示させるプラインドスポットモニターなどの安全技術が搭載されていることもファミリーカーとして支持を集める理由です。

全長 4,605mm
全幅 1,825mm
全高 1,670mm
ホイールベース 2,840mm
最小回転半径 5.5m
燃費 18.0km/L
ボディカラー 6色
乗車定員 7人
価格 3,550,000円~

5位 BMW 2シリーズ・グランツアラー

2シリーズ・グランツアラーのエクステリア

2015年に日本でも販売を開始した2シリーズ・グランツアラーは、BMWとしては初めての3列シートのミニバンでした。プレミアムカーの販売を手掛ける同社が、ファミリーカーとしてのイメージが強い3列シートを販売することには、賛否両論ありました。

しかし、機能的なコックピットやエンジン性能が体感させてくれる爽快感高級車ならではの街中で映える優れたデザイン性、乗車時に家族を守ってくれる安全システムなどが批判的な意見を打ち消しました。

2シリーズ・グランツアラーのインテリア

3列シートのミニバンでは、3列目に座る人が乗り降りしにくい事もありますが、グランツアラーでは、大型のリアドアを採用する事でスムーズな乗り降りが可能です。また、座席毎に応じてドリングホルダーや専用の収納スペースを設け、ラゲージ・ルームを階層的にすることで、大人数でのドライブも快適な旅となります

全長 4,565mm
全幅 1,800mm
全高 1,645mm
ホイールベース 2,780mm
最小回転半径
燃費 16.5km/L
ボディカラー 8色
乗車定員 7人
価格 3,930,000円~

4位 ルノー カングー

ルノーカングーのエクステリア

カングーは、日産の親会社としても知られるフランスの自動車メーカーであるルノーが製造・販売を手掛けているMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)です。両側のスライドドアは乗り降りが楽にしてくれ、ダブルバッグドアは買い物をした後や、スポーツなどの趣味を楽しむための荷物の積み降ろしに便利です。

ルノーカングーのインテリア

ルドスパス(遊びの空間)とも表現されている室内空間には、フランスらしいオシャレな色の組み合わせと、前席天井にオーバーヘッドコンソールと呼ばれる収納スペースを設けるなどのおもてなしの精神が詰まっています。

毎年、山中湖交流プラザ・きららにて、カングーのオーナーとその家族が集って「ルノーカングージャンポリー」なるイベントが開催されます。今年も、カングーをファミリーカーとして利用しているたくさんの家族が集まって親交を深めました。

全長 4,280mm
全幅 1,830mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,700mm
最小回転半径 5.4m
燃費 14.7km/L
ボディカラー 7色
乗車定員 5人
価格 2,350,000円~

3位 アウディ Q7

アウディQ7のエクステリア

アウディQ7はクロスオーバータイプのSUVで、2016年にフルモデルチェンジされた2代目モデルが日本でも販売を開始され、好調な売り上げを記録しています。ファミリーカーと言えば、ミニバンタイプが主流でしたが、近年では国内市場においてSUV人気が過熱する中、ファリミーカーとしてSUVを利用するユーザーが着実に増えています

全モデルの発表から10年を過ぎて、初めて行われたフルモデルチェンジでは、最大300Kg もの大幅な軽量化、燃費の向上、SUVらしい力量感あふれる圧倒的な存在感が購買意欲を刺激しました。

アウディQ7のインテリア

世界的な自動車メーカーであるアウディのプレミアムSUVのフラッグシップモデルとしての名に恥じないQ7のインテリア空間は、快適性だけではなく、機能性も追求し尽しているので、ホテルのラウンジにいるような雰囲気を堪能することが出来ます。

全長 5,070mm
全幅 1,970mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,995mm
最小回転半径 5.7m
燃費 12.6km/L
ボディカラー 7色
乗車定員 5人/7人
価格 8,040,000円~

2位 フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン

ゴルフトゥーランのエクステリア

ゴルフトゥーランは、2016年に10数年ぶりにフルモデルチェンジが行われたことでも話題を集めたドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンの車です。ヨーロッパ諸国では、タクシーとして利用される事の多い同車は、ユーロNCAPで5つ星の安全評価を得ています。その高い安全性と運転性能が評価されファミリーカーとしても人気です。

ゴルフトゥーランのインテリア

ドライブの目的や人数に合わせて、車内空間を便利に利用できるシートアレンジ機能は好評です。VWオールイン・セーフティシステムは、ドライブ時の安全性を高めます。晴れた日なんかは、サンルーフからも広がる景色が、家族団らんのひと時をより解放的な気分にさせてくれます。

全長 4,535mm
全幅 1,830mm
全高 1,670mm
ホイールベース 2,785mm
最小回転半径 5.5m
燃費 18.5km/L
ボディカラー 6色
乗車定員 7人
価格 2,847,000円~

1位 メルセデスベンツ Vクラス

メルセデスベンツVクラスのエクステリア

Vクラスは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで販売する3列シートのミニバンタイプの車です。2015年に日本での販売も開始された3代目モデルでは、ベンツのエンブレム・スリーポインテッドスターを、より際立たせるようなフロントフェイスとなりました。また、「滑らかさ」と「力強さ」が融合しているエクステリアには圧倒的な迫力があります。

メルセデスベンツVクラスのインテリア

2列目シートをアレンジすることで、乗車中でも家族と向かい合って会話を楽しめます。収納式センターテーブルを広げれば、軽食をとることも可能です。

電動式デュアルスライディングドアや自動開閉テールゲートは、人の乗り降りや荷物の積載をスムーズにしてくれます。

また、ロードバイクやマウンテンバイクを積載するための専用のアクセサリーなどを用意しているため、家族で楽しむ趣味に合わせて車を特化することが出来ることもVクラスの魅力です。

「生命より尊いものはない」というメルセデスに受け続かれている社訓の基、ベンツの車は安全性能にも力を入れています。Vクラスにも搭載されているレーダーセーフティパッケージやパークトロニックなどのセーフティ・システムは、世界で支持されています。

全長 4,905mm
全幅 1,930mm
全高 1,880mm
ホイールベース 3,200mm
最小回転半径 5.6m
燃費 15.3km/L
ボディカラー 5色
乗車定員 7人
価格 5,500,000円~

グローバル化時代のファミリーカーの選び方!

グローバル化はどんどんと進んでいます。英語を公用語とする日本企業は増えてきました。海外資本の企業がビジネスチャンスを狙って日本市場に積極的に参入しています。

海外の自動車メーカーは、以前よりも日本市場を狙って積極的に自社の車をラインナップさせるようになってきました。その中には、ファミリーカーとして分類される車もあります。

グローバル化時代の車の選び方は、日本車に限らず、海外ブランドの車の中も合わせた中から、自分が最も気に入る1台を見つけることです。