エンジンオイルの交換費用や時間

エンジンオイルの交換時期・費用・時間は?頻度や種類

エンジンオイル交換を定期的に行っていないと、エンジン内になかなか落ちない頑固な汚れが溜まっていき、最終的にはオイルの通り道が詰まり故障の原因になります。オイルの交換費用や交換時間を知り、大切な車を長く乗るためのエンジンオイルの種類などについてチェックしましょう。

エンジンオイルの交換時期・費用・時間は?頻度や種類

エンジンオイル交換は快適に乗るための必須メンテナンス

車のエンジンオイルを交換せずに走っていると、どんどんエンジンの性能がダウンして最悪の場合に故障して廃車になる・エンジンを載せかえるなど、大きなトラブルに見舞われやすくなります。

人間でいうところの血液である「エンジンオイル交換」の必要性・種類・メンテナンス方法についてチェックしていきましょう。

エンジンオイルとは

カーメンテナンスに使われるエンジンオイル

エンジンオイルとは、車が進むために必要な部品であるエンジンの動作をスムーズにするため内部で循環している油のことで、車のメンテナンス項目の中でも大変重要なポイントです。車の血液でもあるオイルの点検・交換を怠ると車の心臓であるエンジンの調子が悪くなり「本来の性能を発揮できない」「燃費が悪くなる」などの様々なトラブルが発生しやすくなります。

エンジンオイルは新品の内はサラサラでキレイな状態ですが「エンジンが発する熱」「金属が摩耗して発生する金属粉」「ホコリ」などの様々な要因により汚れていき、徐々に真っ黒でベタベタなオイルに変わっていきます。真っ黒で汚れたままのオイルで走り続けるとエンジン内に「ヘドロ状の汚れ」が溜まり、オイルが循環する道が詰まっていきます。人間でいうところの「血管が細くなっている状態」で、そのまま走り続けるとオイルの循環がしにくくなりますので、エンジンオイルの定期的な交換が必要となってくるのです。

エンジンオイルの粘度

エンジン内に入れられる新品のエンジンオイル

エンジンオイルには、たくさんの種類があって正直にいって「どのオイルを入れればいいのか分からない」と思うことが多いですよね。車種ごとによって指定されている推奨オイル粘度を目安にチェックしていきましょう。

エンジンオイルには「0W-20」「5W-30」などの油の粘り気を示す数値があります。エンジンオイルの粘度(硬さ)の読み方は、前半の「〇W」と後半の数値に分けられていて、前半は低温での性能・後半は高温での性能を示しています。

前半の数値が低いほど外気温が低い時に柔らかくなる性質を持っていて、冬場でのエンジン始動直後でも性能を発揮しやすくなります。また、後半の数値が高いほど「高負荷でも性能を保つ」ことが出来ることを表しています。

寒い時期は「0W-20」の冬場に強いオイルを入れて、気温が上がってくる夏場は「5W-30」など、高速走行への性能を高めたオイルを入れるなどエンジンオイルを変えてみるのも楽しみ方の1つです。ですが、メーカー推奨オイル粘度から大きく外れないようにすることが大切です。

エンジンオイルの種類

エンジンオイルには「ベース」と呼ばれる種類があり「化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」の3種類があります。

化学合成油(全合成油)

化学合成油とは人工的に作られたエンジンオイルのことで、性能がとても高いことが特徴です。「エネオスサスティナ」「モービル1」「カストロールエッジ」などが代表されます。エンジンの洗浄性能が高く、劣化しにくいですが、価格も高めになることがポイントです。

鉱物油

鉱物油とは昔ながらの原油から精製される油のことを示し化学合成油に比べると劣化が早かったりしますが、コストパフォーマンスにとても優れている特徴があります。価格が安いからといって性能が悪いわけではなく、一般的な走行で支障なく走ることが出来ます。

部分合成油

部分合成油とは「鉱物油」と「化学合成油」を混ぜたベースオイルで、化学合成油に近い性能と鉱物油のコストパフォーマンスを合わせ持つエンジンオイルです。

エンジンオイルの交換頻度や時期

オイル交換が行われた車のエンジン

一般的にオイル交換が必要となる目安は「前回のオイルを交換してから走行距離3,000km~5,000km」または「半年ごとの交換」といわれています。また、自動車メーカー各社ごとに推奨しているエンジンオイルの交換頻度は、車の説明書に書いている場合が多いのでチェックしてください。

他にも、エンジンの種類(NA、ターボ、ディーゼル)、走行状況が厳しいシビアコンディション(ガタガタな悪路を走ることが多い、砂ホコリが多い場所、1回の走行距離が極端に短い)などでも、交換の目安が変わります。

いつも調子がいい状態で車を乗るためにも、シビアコンディションを考慮するとガソリン車NA(ターボを搭載していない車)やディーゼル車は「5,000kmまたは6ヶ月」、ターボを搭載している車は「3,000kmまたは3ヶ月」を目安としてエンジンオイル交換をする、半年ごとに行うタイヤ交換の時期に合わせてオイル交換をするなど、懐事情や走行状況に応じてオイル交換をすることがベストです。

ガソリン車・ディーゼル車

5,000キロ毎・半年ごとにエンジンオイルを交換

ターボ搭載車

3,000キロ・3ヶ月ごとにエンジオイルを交換

エンジンオイルのメンテナンス方法

エンジンオイルの交換をする整備士

エンジンオイルの交換は「自分で行う方法」と「ディーラーやカー用品店に頼む方法」の2種類があります。

自分でエンジンオイル交換を行う際には、ジャッキアップ工具、抜いたオイルを受けるポイ・トレイ、オイルフィルターレンチ、ドレンワッシャー、ドレンボルトを外すレンチなどが必要になります。自分でオイル交換作業が出来る自信が無い時は、ディーラーかカー用品店に頼んでください。

エンジンオイルの交換費用・交換時間

エンジンオイルをお店で交換してもらう場合は工賃とオイル代がかかります。排気量が2.0L程度の車だと約2,000円から4.500円かかります。お店によっては持ち込みのオイルが使えることもあるので、交換前には事前に相談してみましょう。

エンジンオイルの交換時間は殆どの場合30分程度で終わります。いきなりお店に行ってお願いしても交換は可能ですが、タイヤ交換や車検が集中する2月3月4月の時期であれば事前予約すると確実に対応してもらえます。
込み合う場合はガソリンスタンドでも対応してくれるので、普段の給油のついでにオイル交換をお願いするのも良いでしょう。

オイルフィルター(エレメント)の交換

2回に1回の交換が推奨されるオイルフィルター

車のメンテナンスであるオイル交換をディーラーや自動車専門店に頼むと「フィルター(エレメント)は交換しますか?」と聞かれることがあります。フィルター(エレメント)とは円筒状のパーツで、オイルが循環する道に取りつけます。円筒の中にはろ過をするための紙が入っていて、その紙をオイルが通る際に汚れを取り除く効果があります。

ろ紙がオイルに含んでいる汚れをキャッチしていく構造なので、紙に汚れが溜まっていきだんだんと洗浄能力が落ちていくので、オイルフィルター(エレメント)も交換する必要があります。オイルフィルター(エレメント)は、オイル交換2回に1回取り換えるのが一般的です。

フィルター(エレメント)の交換

エンジンオイル交換で2回に1回ごとに交換すること

エンジンオイル交換をして大切な1台と長く付き合おう

「車検の時しかエンジンオイル交換をしていない車」と「しっかり定期的に交換している車」では、燃費や加速などの性能が明らかに違います。エンジンオイルは、車の心臓であるエンジンを守る大切なメンテナンス項目ですので、お気に入りの1台を出来るだけ長く乗りたいと思っているのなら、定期的にオイル交換をマメに行うことが重要です。