ドライブインシアターの最新情報

ドライブインシアターとは?衰退原因と開催時の楽しみ方

ドライブインシアターは、娯楽大国アメリカで始まった駐車場に巨大スクリーンを設置して映画を楽しむスポットです。1990年代をピークに衰退した原因、有志が集って限定復活させたケースや会場内で映画を堪能するための秘訣についても取り上げます。

ドライブインシアターとは?衰退原因と開催時の楽しみ方

ドライブインシアターが衰退した原因や限定開催された時に楽しむための秘訣

ドライブインの駐車場に車をとめて映画を鑑賞するドライブインシアターは、ピーク時には日本全国に8,000館近くあった映画館が半分以下に減少していったように、どんどんと減っていきました。

日本には定期的にドライブンインシアターを楽しめる場所はありません。ドライブインシアターが衰退した原因について紹介します。

ドライブインシアターは近年、浜松で有志が集ってクラウドファンディングを利用して復活させるなど散発的に行われているのが現状です。

ドライブ好き・映画好きの方ならば一度は体験してみたいと思うのが、ドライブインシアターです。今回は、ドライブインシアターを思う存分に楽しむためのコツについても取り上げていきます。

ドライブインシアターは娯楽大国アメリカ発祥の映画鑑賞システム

上映中のドライブインシアター

ドライブインシアターは娯楽大国アメリカで始まった鑑賞システムで、ドライブインの駐車場に巨大スクリーンを設置し、音源は車載FMラジオを利用して映画を楽しみます

ドライブインシアターは映画が娯楽の中心であった1950年代~60年代にかけてアメリカで大流行し、カップルのデートスポットとして定着、そして家族でショッピングを楽しんだ後に向かうポピュラーな場所でもありました!

日本では1990年頃に最盛期を迎えたドライブインシアターは、ピーク時には全国に20ヶ所ほどありました。その後、郊外型複合映画館の普及などの影響もあってブームは下火となり、2010年10月に営業を終えたドライブインシアター大磯を最後に、その後日本からはドライブインシアターは姿を消しました。

当時を知らない方でも、ドライブインシアターはアメリカ映画にはよく登場するので、そういった文化があった事を知っている方は多いはずです!

ドライブインシアターが衰退する原因はレンタルビジネスの普及

寂れたドライブインシアター

文化発祥の地アメリカにおいても、ドライブインシアターは衰退しています。ドライブインシアターが衰退する原因は下記の通りです。

  • 映像作品のレンタルビジネスの普及
  • 郊外にあるショッピングモールに併設された複合映画館の存在
  • 他の娯楽産業が登場してきた

一時代を築いた文化が衰退していくとメディアの取り上げ効果も働いて、復活を望む運動が活発化していきます。

ドライブインシアターを期間限定で復活させたケース

ドライブインシアターの案内看板

ドライブインシアターの復活を望む声が実を結び、期間限定で復活したケースを紹介します。
クラウドファンディングで寄付を呼びかける、映像作品に関わる企業との共催を行うという手法をとる事で期間限定ならば、ドライブインシアターを復活させることは可能です!

ドライブインシアター浜松

HONDAのカリスマ創業者・本田宗一郎の出生地であり、日本を代表する四輪自動車メーカー・スズキ、2輪自動車メーカーYAMAHAが拠点を構える浜松は、日本の自動車文化を語るうえで欠かすことのできない場所です。

そんな浜松で2014年10月16日~10月18日までの3日間限定で「ドライブインシアター浜松」が催されました。
上映作品は、愛とは何かをピュアな気持ちになって考えさせてくれる恋愛映画『エターナル・サンシャイン』、ロボットがクルマに変形して行われるカーチェイスが楽しい『トランスフォーマー』などです。

浜松でドライブインシアターを復活させたのは、地元民だけではなくて東京や北海道に住む映画を学んできた同窓生25人を中心として結成された有志団体です!

行政の文化助成金だけでは実現に向けて不足していた資金は、クラウドファンディングの手法をとり、全国に賛同者を募り個人レベルで可能な寄付金を集めることで調達する事ができました。

大磯ロングビーチで行われた「DRIVE IN THEATER」

イベント開催されたドライブインシアター

2016年12年10日に、メンバー全員が神奈川育ちの音楽ユニットSuchmos(さちもす)が『DRIVE IN THEATER』なるイベントを、日本で最後までドライブインシアターが残っていた神奈川県の大磯ロングビーチの駐車場で開催しました。

イベントには抽選に当選したファンが招かれました。用意された大型スクリーンには、Suchmosのライブフィルムが上映されました。Suchmosのアイデアは、これからのドライブインシアターの可能性を広げます。

フィガロジャポン主催「ドライブインシアター」

2017年の6月23日~24日の2日間、大磯プリンスホテル ロングビーチの駐車場で、映画特集コーナーで好評をはくしている雑誌、フィガロジャポンが主催となる形で「ドライブインシアター」が開催されました。

上映作品は、映画通が多く在籍するフィガロ編集部がチョイスした『ムーラン・ルージュ』と『シング・ストリート 未来へのうた』の2作品です。

映画好きの好奇心を湧き立てようと、映画を上映する前にはWOWOW・映画工房とのコラボ企画が実施、俳優の斎藤 工さんと板谷 由夏さんを招いてのスペシャルトークショーが行われました。

映画上映に使われたスクリーンは、以前使用されていた固定式スクリーンでも、トラックの荷台を利用したスクリーンでもなくドイツから取り寄せた最新鋭のものです。

ドライブインシアターの開催情報を知ったら車に乗って出かけよう

月が綺麗なドライブインシアターの会場

不定期で行われるドライブインシアターは、大磯で行われたように年に数回程度ならば共催イベントとして実施されるケースは増えていくかもしれません。

開催情報を知ったらドライブインシアターには車に乗って出かけましょう
当日、実施されているのは日本全国を見渡しても恐らくこの場所だけというレア感があります。月明りに照らされながら、映画館では食べる事が出来ないご当地グルメを食べて、周りの人を気にせずに上映作品の意見を言い合うという特別な時間を堪能する事ができます。

ドライブインシアターは、当時もそうであったように車の中で二人きりというドキドキ感があるのでカップルのデートコースとしてもお勧めです。その時に見た映画は二人にとって、きっと忘れられない思い出の作品となります!

ドライブインシアターを楽しむためには

ドライブインシアターは言葉としては認識していても、実際に体験したことのない人達が多くいます。ドライブインシアターを楽しむためのコツをいくつか紹介します!

  • 車の燃料には余裕を持たせる
  • 音声システムを利用するためにFMラジオを用意する
  • 寒さに備えてブランケット等を準備する
  • 上映中は周りの人の迷惑となるような音をたてない

ドライブインシアターでは「ドライブ」と「映画」を楽しめます

ドライブを趣味としている方は多くいます。映画鑑賞を趣味としている方も多くいます。ドライブと映画を楽しめるドライブインシアターのブームはさり、定期的に開催される場所は日本にはありません。

今のドライブインシアターは不定期ですが、そのぶん主催者の思い入れが深いです
会場ではご当地グルメを食することもできます。駐車場に自慢の車を並べて、車好き同志でトークを満喫する事も可能です。

ドライブインシアターは、かつてのような一大ブームとなる事はないですが、これからは散発的に開催されるイベントとして増えていきます。

映画館でもなくて、自分の家ではない空間で気の合う人達と一緒に映画を鑑賞する、ある人は当時を懐かしみ、ある人にとっては新鮮さを感じられます。ドライブインシアターの開催情報を知ったら、大好きな人を誘って会場まで車で出かけましょう!