新型クラウン フルモデルチェンジ情報

新型クラウンのフルモデルチェンジ情報!TNGAやクーペスタイルの採用

クラウンのフルモデルチェンジは、2018年夏に行われ新しい価格帯は550万円からになると予想されています。クーペ風のスタイリングで、キリッとしたヘッドライトながら上品なデザインの新しいクラウンに期待が高まります。

新型クラウンのフルモデルチェンジ情報!TNGAやクーペスタイルの採用

クラウンのフルモデルチェンジは2018年夏!搭載エンジンや価格帯まとめ

トヨタ自動車のフラッグシップセダンである「クラウン」が、2018年夏にフルモデルチェンジするという噂があります。レクサスのアグレッシブで先進的なデザインではなく、トヨタのデザインが好きな人に好まれるクラウンは、1955年の発売から数えて14代目まで進化しています。

2018年夏には15代目のクラウンにフルモデルチェンジする予定でクーペ風のスタイルになると予想されます。そこで、フルモデルチェンジ後クラウンのエクステリアやインテリア、搭載エンジンやプラットフォーム、発売日や価格帯を紹介します。

クラウンのフルモデルチェンジ後のエクステリア

トヨタ新型クラウンのエクステリア

フルモデルチェンジ後のクラウンは、クーペスタイルのセダンに生まれ変わります。ヘッドライトにはLEDイルミネーションが装着され、キリッとしたヘッドライトデザインの中にもクラウンらしい高級感があります。

トヨタ新型クラウンのリアビュー

ベースグレードのリアビューは、クーペ風にCピラーが傾斜しているのが分かります。ボディ側面にまで伸びたテールランプは、LEDを使っていて後方からの視認もしやすくなっています。基本的なスタイリングは継承し、現代風の先進的なスタイルへ次期クラウンは進化していきます。

また、ボディサイズは14代目クラウンとあまり変わらず、全長が4,910mm、全幅が1,800mm、全高が1,455mmになりました。

14代目クラウンのボディサイズ
全長 4,880mm
全幅 1,800mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,950mm

クラウンのフルモデルチェンジ後のインテリア

新型クラウンの内装

新型クラウンのインテリア情報は噂でしかありませんが、センターコンソールの大型ディスプレイでほとんどの機能を操作するデザインになり、ボタンで操作するものは「ハザードランプ」など走行するために必要で、すぐに使えなければならないものだけになると予想します。

14代目の210型クラウンよりも豪華な内装になると予想され、運転席に座っているだけでも惚れ惚れするような空間になると考えられます。

新型クラウンの搭載エンジン・プラットフォーム

新型クラウンのパワートレイン

フルモデルチェンジ後のクラウンに搭載されるエンジンは3種類あり、「2.0Lのターボエンジン」「2.5Lのハイブリッドエンジン」「3.5Lのハイブリッドエンジン」が設定されると考えられます。

新型クラウンの搭載エンジン

・2.0Lターボエンジン
・2.5Lハイブリッドエンジン
・3.5Lハイブリッドエンジン

2.0Lのターボエンジンは、14代目クラウンに搭載されている「8AR-FTS」で、排気量は1,998cc、最高出力は235PS、最大トルクは350Nmのエンジンです。高級車といえば、4.0L以上の大排気量エンジンでパワフルに走るイメージがありますが、ダウンサイジングターボエンジンの発展により小排気量で、環境にもお財布にも優しいエンジンが主流になってきています。

2.0Lターボエンジン
型式 8AR-FTS
種類 直列4気筒
排気量 1,998cc
最高出力 235PS/5,200~5,800rpm
最大トルク 350Nm/1,650~4,400rpm

2.5Lのハイブリッドエンジンは、14代目クラウンに搭載されている「2AR-FSE+モーター」のハイブリッドシステムになると予想され、エンジンの最高出力は178PS、最大トルクが221Nm、モーターの最高出力が143PS、最大トルクが300Nmになると考えられます。

2.5Lハイブリッドエンジン
型式 2AR-FSE
種類 直列4気筒
排気量 2,493cc
エンジン最高出力 178PS/6,000rpm
エンジン最大トルク 221Nm/4,200~4,800rpm
モーター最高出力 143PS
モーター最大トルク 300Nm

新型マジェスタのエクステリア

また、3.5Lのハイブリッドエンジンは、クラウンの1モデルである「マジェスタ」に搭載されるエンジンで、3.5LのV型6気筒エンジンに、モーターが搭載されたハイブリッドシステムです。エンジンの最高出力は292PS、最大トルクは354Nm、モーターの最高出力は200PS、最大トルクが275Nmあります。

3.5Lハイブリッドエンジン
型式 2GR-FXE
種類 V型6気筒
排気量 3,456cc
エンジン最高出力 292PS/6,000rpm
エンジン最大トルク 354Nm/4,500rpm
モーター最高出力 200PS
モーター最大トルク 275Nm

クラウンのフルモデルチェンジ後に採用されるTNGAプラットフォーム

また、新型クラウンにはTNGAと呼ばれる新しいプラットフォームが採用され、低床化します。ドライビングポジションが変わり運転しやすくなるだけではなく、剛性がアップしたり、燃費もアップしたりといいことづくめのプラットフォームです。

新型クラウンの発売日・価格帯・搭載装備

新型クラウンのモデルチェンジ後の発売日は、2018年夏です。クラウンのフルモデルチェンジ周期は約4~5年であり、14代目のクラウンが発売されたのが2012年だということを考えると、遅くても2018年夏にはフルモデルチェンジされた新型クラウンが街を走ることになります。

フルモデルチェンジされたクラウンの価格帯は550万~600万円と言われていて、スポーティなクラウンアスリートは550万、落ち着いて上品なロイヤルサルーンが600万になると考えられます。またそこから、最上級モデルであるクラウンマジェスタは650万以上になると予想できます。

新型クラウンに搭載されるトヨタセーフティセンスP

搭載装備は、安全装備である「トヨタセーフティセンスP」を搭載し、自動車だけではなく歩行者も検知可能な自動ブレーキや車線逸脱警報の他に、オートマチックハイビームやレーダークルーズコントロールを備えています。

トヨタのフラッグシップモデルである新型クラウンのフルモデルチェンジに期待が高まる

トヨタのフラッグシップモデルであったセルシオは、レクサスディーラーの展開によってレクサスLSとなってからは、クラウンマジェスタ・クラウンロイヤル・クラウンアスリートが担ってきました。

上品で落ち着いた日本的なデザインに加え、先進装備も充実した新型クラウンは2018年夏に発売され、550万円からの価格帯になると予想されています。

フルモデルチェンジされたクラウンは、次の時代のスタンダードになる車種です。新たなステージへと進む新型クラウンの発表・発売が待ち遠しい。