カローラのマイナーチェンジ情報まとめ

カローラは2017年10月11日にマイナーチェンジ!安全装備を全車搭載

カローラのマイナーチェンジは、2017年10月11日に行われて様々な快適装備や安全装備が追加されました。合皮のホワイトシートがアクシオにも装備されW×Bも設定されています。ボディカラーも追加され、トヨタセーフティセンスCを全車標準搭載したカローラはより安全な車になります。

カローラは2017年10月11日にマイナーチェンジ!安全装備を全車搭載

カローラが2017年10月11日にマイナーチェンジ!安全面を強化し燃費も向上

2017年10月11日にカローラ アクシオ、カローラ フィールダーともにマイナーチェンジすることが発表されました。踏み間違いの衝突被害を軽減するパーキングサポートブレーキ付きの「インテリジェントクリアランスソナー」を新設定し、安全装備のトヨタセーフティセンスCを全車に標準装備するなど、安全面が強化されました。

安全装備を充実させた他にも、フロントグリルデザインの変更やフィールダーに設定されている「W×B」をアクシオにも設定するなど、たくさんの変更点があります。

10月11日に行われたカローラ フィールダー、カローラ アクシオのマイナーチェンジ内容をチェックしていきましょう。

カローラのマイナーチェンジ後エクステリア

マイナーチェンジした新型カローラのエクステリア

※カローラ アクシオ(セダン)

新型カローラ アクシオのフロントビュー

※カローラ フィールダー(ステーションワゴン)

カローラ アクシオ、カローラ フィールダーともにフロントマスクが変更になり、グリルデザインがよりシャープに、フォグランプは丸型から小さくなったLEDフォグランプがW×Bに標準装備、その他のグレードではディーラーオプションになりました。

新型カローラ アクシオのフロントビュー

※カローラ アクシオW×Bフロント

新型カローラ アクシオのリヤビュー

※カローラ アクシオW×Bリア

カローラ アクシオのW×Bでは、フロントグリル開口部にメッシュデザインを採用し、リアにはトランクスポイラーが装備されています。

新型カローラ アクシオのサイドビュー

※カローラ フィールダーW×Bサイド

カローラ フィールダーのW×Bでは、ルーフモールにシルバー塗装が施されていてスタイリッシュな仕上がりになっています。

ボディカラーはカローラ アクシオ、カローラ フィールダーともに全9色設定ですが、「アバンギャルドブロンズメタリック」、「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」の2色がアクシオ専用色、「オレンジメタリック」、「ブルーメタリック」の2色がフィールダー専用色で設定されていて、「センシュアルレッドマイカ」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」の2色がアクシオ、フィールダーともにW×B専用色になっています。

アクシオ、フィールダーのボディカラー対応表
アクシオ専用色 アバンギャルドブロンズメタリック
ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
フィールダー専用色 オレンジメタリック
ブルーメタリック
W×B専用色 センシュアルレッドマイカ
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

スーパーホワイト2の新型カローラ

※スーパーホワイト2

ホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラ

※ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円高)

シルバーメタリックの新型カローラ

※シルバーメタリック

ブラックマイカの新型カローラ

※ブラックマイカ

ブラッキッシュアゲハガラスフレークの新型カローラ

※ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(W×B専用、32,400円高)

センシュアルレッドマイカの新型カローラ

※センシュアルレッドマイカ(W×B専用、32,400円高)

クールボルドーガラスフレークの新型カローラ

※クールボルドーガラスフレーク(32,400円高)

アバンギャルドブロンズメタリックの新型カローラ

※アバンギャルドブロンズメタリック(アクシオ専用色)

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインの新型カローラ

※ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(アクシオ専用色)

オレンジメタリックの新型カローラ

※オレンジメタリック(フィールダー専用色)

ブルーメタリックの新型カローラ

※ブルーメタリック(フィールダー専用色)

カローラのマイナーチェンジ後インテリア

新型カローラの内装

※マイナーチェンジ後カローラ アクシオのインテリア

新型カローラ フィールダーの内装

※マイナーチェンジ後カローラ フィールダーのインテリア

マイナーチェンジ後のカローラ アクシオ、カローラ フィールダーではHYBRID、1.5X、1.3X、ビジネスパッケージを除くグレードには、助手席インストルメントパネルにメッキ加飾が新たに施され質感が向上しています。

シートカラーは「ブラック」、「ホワイト」、「フラクセン」の3色が設定されていて、落ち着いたカラーのフラクセンはセダンであるアクシオだけに設定されています。シート素材は「合皮」、「ファブリックと合皮」、「ベロア調トリコット」、「スエード調トリコット」、「トリコット」の5種類用意されていて、「ベロア調トリコット」はアクシオに、「スエード調トリコット」はフィールダーに設定されています。

ブラックカラーのファブリックの新型カローラ

※ブラックカラーのファブリックと合皮のコンビシート(アクシオ・フィールダー)

ホワイトカラー合皮シートの新型カローラ

※ホワイトカラーの合皮シート(アクシオ・フィールダー)

ブラックカラーのベロア調トリコットの新型カローラ

※ブラックカラーのベロア調トリコット(アクシオ)

ブラックカラーのスエード調トリコットの新型カローラ

※ブラックカラーのスエード調トリコット(フィールダー)

フラクセンカラーのベロア調トリコットの新型カローラ

※フラクセンカラーのベロア調トリコット(アクシオ)

ブラックカラーのトリコットの新型カローラ

※ブラックカラーのトリコット(アクシオ・フィールダー)

カローラのマイナーチェンジ後の搭載装備

新型カローラの安全装備トヨタセーフティセンスC

マイナーチェンジしたカローラ アクシオ、カローラ フィールダーでは、安全装備のトヨタセーフティセンスCを全車標準装備したほか、発進する際にシフトの入れ間違いによる壁やコンビニへの激突をさける「パーキングサポートブレーキ機能付きのインテリジェントクリアランスソナー」をグレードに標準装備しています。

スマートエントリー&スタートシステムの設定を1.5Gにオプション設定、HYBRID GとW×Bのグレードには標準装備し、ベースグレードである1.5XとHYBRIDには設定がありません。

アクセルペダルを踏まずに定速走行ができるクルーズコントロールをHYBRID GとW×Bグレードに設定して、より快適に移動できるようになります。

カローラのマイナーチェンジ後の搭載エンジン

新型カローラのエンジン

マイナーチェンジされたカローラ アクシオ、カローラ フィールダーでは、ハイブリッド車のエンジン制御を改良して性能を高め、燃費は34.4km/Lを記録しています。

カローラのハイブリッドエンジン
エンジン型式 1NZ-FXE
エンジン種類 直列4気筒
エンジン最高出力 74PS/4,800rpm
エンジン最大トルク 111Nm/3,600~4,400rpm
モーター型式 1LM
モーター最大出力 61PS
モーター最大トルク 169Nm

マイナーチェンジでアクシオの購入層は若返るのか

今回のマイナーチェンジでカローラ フィールダーは、荷物やキャンプ道具、スキー用品も積みやすいステーションワゴンタイプで、スタイリッシュなW×Bグレードも設定されている若者に人気の車種ですが、ビジネスシーンやシニア世代に人気のセダンであるカローラ アクシオにもスタイリッシュなW×Bグレードが設定されました。

「カローラのセダン」と聞くと40代以上の男性が乗っているイメージもあり、その印象を拭うためにも若い人に人気のグレードである「W×B」を設定したのだと考えられます。また、ミドルクラスセダンである「カムリ」もフルモデルチェンジした際に落ち着いた印象ではなく、アグレッシブなフロントマスクに変更されています。

SUVやコンパクトカーに押され人気のボディタイプではなくなってきたセダンの購入層が若返るのか、マイナーチェンジされたカローラ アクシオとカローラ フィールダーに注目です。