クーラントの交換時期

クーラントとは?自己点検や適切な交換時期

クーラントとは大量の熱をもった車のエンジンを冷やして、状態を維持する上で欠かせない液体です。寿命が長い・凍結しにくい・錆が発生しにくいなどの特徴は冷却水として理想的です。クーラントの成分や自己点検で意識すべき事、交換時期の目安やカー用品店での交換費用についても紹介します。

クーラントとは?自己点検や適切な交換時期

クーラントは長い期間利用ができるエンジンの状態維持に欠かせぬ液体

クーラントの正式名称は、LLC:ロング・ライフ・クーラントです。ロング・ライフという単語が含まれている意味合い通り、以前の冷却水と比較すると長い期間の利用が可能です。

車を動かす過程で熱を持ったエンジンの温度を下げるには、冷却水を循環させる必要があります。「寿命が長く」「凍結しにくく」「錆を発生しにくい」などの特徴を持ったクーラントは冷却水として望ましいです。

今回は、クーラントの含有成分や交換時期、自己点検の際に注意すべき点やカー用品店に依頼したときの費用などについて詳しく紹介します。

クーラントは車のエンジンを冷やし故障を防ぐ

オーバーヒートした車を見つめる女性

クーラントの役目は、車を動かす過程で大量の熱を持ってしまったエンジンを冷やす事です。
エンジンの熱を下げることで、オーバーヒートによる故障を防ぐことが出来て、運動効率を維持することが可能となります。

エンジンでは車を動かす動力を作りだすために爆発を繰り返します。その過程で、エンジン内部には大量の熱が発生します。発生した熱は冷却効果のあるクーラントをウォーターポンプによって循環させることで冷やしていきます。エンジンを冷ますために熱をもらったクーラントはラジエターで冷やされ、再びエンジンの温度を下げるために利用されます。

オーバーヒート状態であるかは水温計でチェック

エンジンが必要以上の熱を持ってしまう事をオーバーヒートの状態にあると言います。オーバーヒートの状態が続くと、エンジンの故障のリスクが高まります。

エンジンがオーバーヒートになっていないかは水温計で確認する事ができます。水温計の針がHマークを越えてはいなくとも、近い距離に達していればオーバーヒート状態に達していると判断し、早めに対処した方がエンジンに深刻なダメージを与えずに済みます

エチレングリコールを混ぜて凍結を防ぐ

ボンネット内のクーラント

クーラントにはエチレングリコールや防錆剤、酸化抑制剤などが含まれています。エチレングルコールを用いる事で、凝固点(氷にくくなる)を下げる事が出来ます

クーラントにはエンジンの熱を下げるだけではなくて、不凍性(こおりにくい性質)が求められます。冬の寒さが厳しい地域では、氷点下20度以下という厳しい環境に車が置かれる事もあります。液体が凍結して固体化してしまうと体積が膨張します。もしも、クーラントが凍結をしてしまうと、体積が膨張して付近にあるラジエターなどを壊してしまう恐れが強まります。寒い地域でも凍結を防ぐためには、エチレングリコールの凝固点を下げてくれる働きが有効です。

クーラントには凝固点が下がるだけではなくて、沸点も上昇できる成分も含まれています。外の気温の高さも相まって、エンジンの温度が高くなる夏場であっても、クーラントは沸騰することなくエンジンに冷却効果を働かせてオーバーヒートを防ぐことが出来ます。

防錆剤を混ぜ合わせる事で、エンジン内部の配管系統が錆びに腐敗しにくくなります。配管系統がさびついてしまう事は、クーラントが外へ漏れ出してしまう原因です。

酸化抑制剤などを成分に含ませる事で、クーラントの状態維持が長期化します。

クーラントの適切な交換時期は2年毎

2年毎の車検をする自動車整備士

クーラント以前に用いていた冷却水では、数ヶ月の利用で性質が低下してしまっていたので、年に数回程度の交換が必要でした。しかし、クーラントでは車検時での交換、2年に1度のタイミングで良くなりました。

それでも、運転状況や環境条件などによっては2年のタイミングよりも早くクーラントの交換を行う必要が生じる事もあります。

しかし、企業努力の結果「スーパークーラント」や「ウルトラeクーラント」なる商品もあります。それらを利用すれば、7年や6年などのロングスパンでクーラントの交換が不要となります。新車の購入の場合には、一度も交換を行わずに次の車に乗り換えるというパターンも多くあります。

冬になる前にはクーラントの状態チェックが必要

クーラントを長く使い続けていると、含有成分の濃度が薄まってきて凍結を抑制する性質などが弱まってしまいます。

寒い地域で車に乗られている方は、クーラントが外の気温の影響を受けて凍結してしまわぬように冬になる前には状態をチェックする事をお勧めします。

クーラントが凍結してしまうと、体積が増えて混入されている容器が膨張を始めます。すると、付近にあるシリンダヘッドやラジエータコアなどが圧力を受けて壊れてしまいます。

自己点検するときは「色」と「量」に注目

クーラントの量と色の比較

クーラントはリザーバータンクと呼ばれる半透明のプラスチック容器に混入されます。リザーバータンクはゴムホースでラジエターのキャップと連結されていて、エンジンルーム内にあります。

ボンネットを開けてクーラントの状態を確認する前には、運転席のメーターパネルにある水温計で液体の温度が十分に下がっていることを調べる必要があります。クーラントが熱を持っていれば確認作業の妨げとなります。

リザーバータンクの液面ラインでクーラントが適量かをチェック

リザーバータンクの側面には、「max~min」あるいは「Full~Low」といったクーラントが適量であるかを判断できる液面ラインがあります。

クーラントの残存量がmax~minの液面ラインの範囲内であれば交換や補充が不要です。もしも、残存量がminのライン以下であれば、交換あるいは補充が必要です。

クーラントの量が不足している原因を突き止めるために、配管設備に不具合が生じていないか等を確認する必要があります。

クーラントの色が鮮やかなピンクや緑色をしているかをチェック

クーラントの色にはピンクと緑の2種類があります。スーパークーラントの色は青です。

ピンクや緑の色調を新品の商品と比較すると鮮やかさが足りずに、濁みが生じていれば交換や補充のタイミングです。

クーラントを補充する際には注意が必要です。同じ商品の同じ色を補充するのがベストです。クーラントは商品毎に色こそ違ってはいても、含まれている成分は同じなので別な商品であっても補充する事が可能です。

しかし、違う種類の商品を混ぜ合わせてしまうと「色」と「色」とが邪魔をし合って、色の鮮やかさで状態の良し悪しをチェックする際の基準となる色が分かりにくくなってしまいます。

クーラントが外に漏れていないかは液体の色や匂いでチェック

駐車中の車の下に、気になる液体だまりを見つけてしまう事もあります。その液体の正体は、もしかしたらクーラントかもしれません!

クーラントであるかどうかは、液体の色が「緑」・「赤」・「青」であるか、あるいは焦げ臭いを発していないかで判断する事ができます。

クーラントの代わりとして水を利用するのは危険

クーラントを扱うカー用品店

エンジン内部に蓄積している大量の熱を冷却する液体として水ではダメなのかと考えている方もいるかもしれませんが、クーラントの代わりとして水を利用するのは危険です。

水を推奨できない理由は、水はクーラントに比べて凍結しすく0度以下では固体化してしまいます。また、水を利用すると冷却システムの配管が錆びてやすくなってしまう事も水をお勧めできない理由です。

クーラントの交換費用はカー用品店では2,000円代

クーラントの交換をカー用品店に依頼した時の費用は、車種などによって異なりますが最低価格帯は2000円代です。しかも短時間で作業を終える事が可能です。

状態が悪くなって交換したクーラントは、産業廃棄物扱いとなります。そのため、クーラントを購入したカー用品店や車を購入したディーラー、スタンドに廃棄処分をお願いする必要があります。

クーラントの交換自体は車に詳しい人であれば、さほど苦労せずにスムーズに行えます。しかし、状態の悪化したクーラントの後始末の面倒を嫌ってカー用品などの業者に依頼される方も多くおります。

カー用品店別・クーラントの交換費用と作業目安時間

カー用品店 交換費用 作業目安時間
オートバックス 2,160円~ 15分~
イエローハット 2,160円~ 30分~
ジェームス 2,900円~ 30分~

クーラントはエンジンの強い味方!定期的に状態チェックをすれば安心

最近のクーラントは品質が良くなったのでこまめに交換する必要はありませんが、それでも長い間使い続けていれば、品質が悪化してしまいます。クーラントは、エンジンの状態維持には欠かせません。

寒さが厳しくなる冬が始まる前など時期を決めて、クーラントの状態を定期的にチェックすることで、より安心して車に乗り続けることができます。