トヨタ コンセプト-愛iシリーズ

トヨタ コンセプト-愛iシリーズが東京モーターショー2017に出展

トヨタ コンセプト-愛iシリーズが10月25日に開催される東京モーターショー2017に出展されます。人を理解する能力を持った人工知能と、自動運転・エージェント技術とを組み合わせる事で安全性と利便性が高まる車である「i-RIDE」や「i-WALK」など計3台には注目が集まります。

トヨタ コンセプト-愛iシリーズが東京モーターショー2017に出展

トヨタ コンセプト-愛シリーズの特徴を紹介

トヨタは2017年10月16日のプレスリリースで、第45回東京モーターショー2017に「TOYOTA Concept-愛i」シリーズを出展する事を発表しました。

出展される車両は、同年の1月にアメリカのラスベガスで開催された2017 International CESにて世界初公開された「TOYOTA Concept-愛i」これからの高齢化社会を見据えた「TOYOTA Concept-愛i RIDE」行楽地での散策等の乗り物として利便性の高い「TOYOTA Concept-愛i WALK」です。

「TOYOTA Concept-愛i」シリーズの車には、人を理解できる人工知能(AI)が搭載されドライバーの感情認識や思考推定が行われます。同技術が導入される事でドライバーが想定している次の運転行動は先読みされ、AIがサポートすることで安全性が確保されます。

トヨタがこれからの車社会の可能性の一つとして提示する「新しいFun to Drive」を実現するConcept-愛 iシリーズの特徴を紹介します。

トヨタ コンセプト-愛iシリーズは人を理解できる車

トヨタ コンセプト-愛iシリーズ

トヨタ コンセプト-愛iシリーズには、各センサーから送られる情報をもとにして人の感情認識や嗜好を読み解いて、人を理解できる能力を持ったAIが搭載されます。

人を理解する技術は、自動運転技術と組み合わせることで、車という乗り物のさらなる安全・安心性が実現されます。また、エージェント技術と組み合わせることで車に乗る楽しみが広がっていきます。

人を理解する技術

コンセプト-愛iシリーズは「more than a machine, a partner」をテーマとして開発が進められる車です。実現化されたコンセプト-愛iシリーズは、AIがドライバーの感情や好みを理解し、人とクルマとが協調し合いながら成長するという未来の車のあるべき一つの姿を提示します。

トヨタ コンセプト-愛i

コンセプト-愛iのリヤビュー

2017 International CESに出展されたトヨタ コンセプト-愛iはシリーズを代表する四輪車です。ホワイトカラーを基調とした斬新なデザイン、パソコンのマウスのようなボディラインがエクステリアの特徴です。

コンセプト-愛iの内装

インテリアは、ステアリングホイールやシートなど全てがスタイリッシュな仕上がりで、フロアや各パネル等のLEDの発色が室内空間の鮮やかさをさらにグレードアップさせます。

トヨタ コンセプト-愛iでは、ドライバーの表情・動作・声のトーンなどの生体情報から感情等を推測します。SNSへの投稿内容や位置情報、車の中での会話履歴や個人の蓄積した情報を比較検討する形でドライバーの嗜好を読み解き、「ヒト」と「クルマ」のコミュニケーションの充実化を図ります。

トヨタの自動運転の考え方は「Mobility Teammate Concept」です。ドライバーのストレス状態が高い・疲労が蓄積している・眠気に襲われているとAIが判断すれば、自動運転モードを発動しドライバーをサポートします。

趣味・嗜好をAIが読み解く技術力はビッグデータと組み合わせることで、ドライバーがより楽しめるようなルート選択をクルマ側が提示するシステムを構築する事が可能となります。

Concept-愛i スペック
全長 4,510mm
全幅 1,830mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,700mm
パワートレーン EV
航続距離 300km程度
乗車定員 4人

トヨタ コンセプト-愛i RIDE

コンセプト-愛i RIDEのフロントビュー

コンセプト-愛i RIDEは「人にやさしい都市モビリティ」をコンセプトに開発が進められる、これからの福祉社会を想定したユニバーサル性を重視した車です

フロントフェイスには「HELLO!」などのメッセージが表示され外部とのコミュニケーションも可能となります。コンセプト-愛iよりもシャープなボディながらも、未来社会の福祉車両としての利便性を高めるために全高を高く設定します。

コンセプト-愛i RIDEの内装

室内空間はホワイトとブルーの爽やかで清潔感のある色の組み合わせが印象的です。手足に障害を抱える方も運転が出来るように、ステアリングやアクセル・ブレーキペダルではなくジョイスティックでの操作方式を採用します。

コンセプト-愛i RIDEのシートアレンジ

シートは電動でレイアウトを変える事ができるため、外出時に合わせ・利用目的に合わせて便利に乗りこなす事が出来ます。

コンセプト-愛i RIDEのドア

車椅子ユーザーでも安心して乗車できるように、乗り降りがスムーズになるガルウィングのドア開閉方式を採用します。畳まれた車椅子は後部に設けられているスペースに格納できることで、ユニバーサル性はさらに高まります。

誰でも安心して運転できる車を目指すi RIDEは、自動駐車や自動パレットパーキング機能の運転サポートを可能とします。

トヨタはi RIDEのビジネスモデルとして、個人がワンオーナーとして所有するのではなくて、数人程度で共有し合うシェアリングサービス展開も考えています。誰でも利用したい時に気軽に乗車できる車がコンセプト-愛i RIDEです。

Concept-愛i RIDE スペック
全長 2,500mm
全幅 1,300mm
全高 1,500mm
ホイールベース 1,800mm
パワートレーン EV
航続距離 100km~150km程度

トヨタ コンセプト-愛I WALK

コンセプト-愛i WALKのエクステリア

コンセプト-愛i WALKは、3輪タイプのその日の服装や履物を選ばずに気楽に運転ができる乗り物です。

Concept-愛i WALKは立ったまま乗車するタイプの乗り物で、運転方法は体重移動による操作ではなく、ステア操舵機能を採用することで、誰でも簡単に運転の出来るスタイルを実現します。

全長は歩幅以下、全幅は肩幅以下とコンパクトボディは、人が歩く際に必要とするスペースと同等のサイズであるため、歩行者と並走していても邪魔になるような事はありません。

「i WALK」の航続距離は最大で20㎞です。それなりには確保されてはいますが、他の乗り物に比べれば十分とはいえません。i WALKは他の交通手段に積載して行楽地などへ出かけることで楽しみの幅を広げることが出来ます。

コンセプト-愛i WALKのハンドル

「i WALK」ではハンドル部に設けられているセンサーや周囲の人との会話履歴を通じ、ドライバーの個性を読み解きます。得られた個人情報は、運転シーンに合わせて危険を察知した場合に警告や自動的に回避できるシステムが発動するために有効活用されます。

また、先進のAIやネットワークを活用することで外出先や観光地での周遊はさらに楽しむ事ができて、他の交通機関の連携及び、近距離移動手段の乗り物として未来社会の選択肢が広がります。

Concept-愛i WALK スペック
全長 500mm~700mm
全幅 400mm
全高 1,130mm(140)
回転半径 全長未満
パワートレーン EV
航続距離 10km~20km程度

未来社会の車・コンセプト-愛iシリーズは東京モーターショー2017で公開

トヨタはコンセプト-愛iシリーズに、人を理解できる能力を持った人工知能を搭載します。ドライバーの感情や嗜好をAIが読み解きながら、人とクルマがコミュニケーションを図り・協調し合いながら成長するという未来社会の車のあるべき姿を提示します。

そんな、未来社会を代表するであろうトヨタコンセプト-愛iシリーズの原型モデルは、東京モーターショー2017で目撃することが出来ます!