コンパクトミニバンのランキング

コンパクトサイズのミニバンの人気ランキング2017

コンパクトサイズのミニバンの人気ランキングトップ7を発表します。優れた低燃費性を誇るトヨタのシエンタ・電動スライドドアを先駆けて導入したセレナ・4WD駆動でパワフルな走りが楽しめるホンダのフリードなどのおすすめ車がランクインしています。

コンパクトサイズのミニバンの人気ランキング2017

コンパクト・ミニバン車のランキング2017~人気の車を一挙公開!

コンパクトサイズのミニバン車の人気ランキングを発表します!

今回紹介するミニバンは「全長4.7m以下・全幅1.7m以下・全高2.0m以下・ガソリン車の場合には総排気量が2000cc以下」の5ナンバーの基準を満たしているコンパクトサイズのミニバンです。

5ナンバーの条件を越えている大型サイズの3ナンバーのミニバンと比較すると、5ナンバーのミニバンは小回りが効いて運転がしやすく・維持費がかからない事などから、ミニバン市場においてニーズが高まりつつあります。

それでは、コンパクト・ミニバンの人気ランキングを第7位から順に発表していきます!

7位 三菱 デリカD3

デリカD3のエクステリア

デリカは日産バネットのOEM車で、販売は三菱自動車が行っています。車のエンジン系統やボディサイズなどの基本構造はバネットと同一ですが、フロントパンパーとフロントグリルのデザインに差別化が図られフロントマスクがカッコよくなっているので好評です。

デリカD3のインテリア

室内空間は3ナンバーのミニバンと比較すればコンパクトですが、それでも家族で揃って両親を交えてのドライブを十分に満喫できる広さです。

デリカD3のラゲッジルーム

サードシートには横跳ね上げ式を採用しています。横跳ね上げ式を採用することで、乗車人数や荷物の種類や形に合わせて40パターン近くのシートアレンジが可能となります

グレード:G
全長 4,400mm
全幅 1,695mm
全高 1,850mm
ホイールベース 2,725mm
総排気量 1.597L
車両重量 1,350kg
最小回転半径 5.2m
乗車定員 7名
ボディカラー 5色
駆動方式 2WD
燃費 12.8km/L
価格 2,106,000円

6位 ホンダ ジェイド

ホンダ ジェイドエクステリア

ジェイドはホンダが中国市場を中心に、その周辺の国々にも販売展開を行う事を視野に入れて開発されたグローバルカーです。2015年からは日本でも製造が行われ、販売が開始されました。

日本で販売されているジェイドは3列シートのみの販売で、「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載したハイブリッド車やガソリン車・RSがラインナップされています。

ジェイドのエクステリアの最大の特徴は、全高を低く設定している事です。ミニバンといえば、全高が高いというイメージが定着しているかもしれませんが、ジェイドはその概念を打ち破っています。そのため、独特の存在感があり魅力的です。

ホンダ ジェイドのインテリア

インテリアには落ち着いた雰囲気を醸し出すベージュを基調としたタイプや、シックで洗練された上質感に包まれている黒を基調としたデザインがあります。

ホンダの先進安全運転支援システムである『Honda SENSING』が搭載されていること、低燃費性を実現している事も人気を集める理由です。

ハイブリッド X
全長 4,650mm
全幅 1,775mm
全高 1,530mm
ホイールベース 2,760mm
総排気量 1.496L
車両重量 1,510kg
最小回転半径 5.5m
乗車定員 6名
ボディカラー 6色
駆動方式 FF
燃費 24.2km/L
価格 2,920,000円

5位 トヨタ ウィッシュ

トヨタ ウィッシュのエクステリア

スタイリッシュ・ミニバンを掲げるトヨタのウィッシュは、ミニバンにスポーティな要素を多く取り入れた事でも有名です。

2009年にフルモデルチェンジが行われた2代目モデルでは「スマート マルチ プレイヤー ウィッシュ」をテーマとして掲げ、スポーティな走りを実現させるとともにスタイリッシュな車体の魅力をさらにグレードアップさせました。

トヨタ ウィッシュのインテリア

シートは「ブラック×オレンジ」「ブラック×ダークブルー」のツートンカラーなど豊富であり、どのシートもオシャレで魅力的です。

シートをアレンジする事で、仮眠に便利なリラックスモードや車内での飲食が便利なテーブルモード変える事が出来ます。

1.8S
全長 4,600mm
全幅 1,720mm
全高 1,600mm
ホイールベース 2,750mm
総排気量 1.797L
車両重量 1,450kg
最小回転半径 5.5m
乗車定員 7名
ボディカラー 8色
駆動方式 4WD
燃費 14.4km/L
価格 2,385,257円

4位 マツダ プレマシー

マツダ プレマシーのエクステリア

マツダのプレマシーは、ファミリアをベースとして開発をされ1999年に初代モデルが発売されたコンパクトタイプのミニバンです。2010年にフルモデルチェンジが行われた3代目モデルでは、車体に「NAGARE」のデザインを本格的に採用、2013年のマイナーチェンジでは新世代技術である「SKYACTIV TECHNOLOGY」を導入、両側電動スライドドアを標準装備させるなどして、ユーザーの満足度を高め続けています

プレマシーは、日産のラフェスタ・ハイウェイスターにOEM供給されている事でも有名です。

マツダ プレマシーのインテリア

ラグジュアリーな雰囲気が漂う室内空間には、消臭機能が付いたフロアマットなど機能面も充実しているため、車内では快適に過ごす事ができます。

20 C-SKYACTIV
全長 4,585mm
全幅 1,750mm
全高 1,615mm
ホイールベース 2,750mm
総排気量 1.997L
車両重量 1,490kg
最小回転半径 5.3m
乗車定員 7名
ボディカラー 5色
駆動方式 2WD
燃費 16.2km/L
価格 2,008,800円

3位 トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタのエクステリア

2015年にフルモデルチェンジが行われたシエンタの2代目モデルでは、これまでのミニバンのデザインであった単調で四角い箱型の車体、落ち着いた色合いのボディカラーという定着しつつあったイメージを刷新しました。

2代目シエンタは「Active & Fan」を開発のテーマに据えて、カラフルなボディカラーやミニバンにはこれまでなかったような斬新なエクステリアは見る物の心を刺激してくれます。

低床性の車体・ワンタッチスイッチ付きのスライドドアを採用したことで、乗り降りのしやすい車という事で話題を集めました。

トヨタ シエンタのインテリア

エクステリアにおいては、ソファーにツートンカラーを採用する・上質な空間の中にも色の組み合わせて遊んでいる姿勢が、ミニバンを敬遠していた若者層から高い評価を受けました。

トヨタ・セーフティセンスCを搭載し、高い安全性を備えている事も人気の秘訣です!

ハイブリッド X
全長 4,235mm
全幅 1,695mm
全高 1,675mm
ホイールベース 2,750mm
総排気量 1.496L
車両重量 1,380kg
最小回転半径 5.2m
乗車定員 7名
ボディカラー 13色
駆動方式 2WD
燃費 27.2km/L
価格 2,226,763円

2位 ホンダ フリード

ホンダ フリードのエクステリア

フリードは、モビリオの後継モデルとして2008年に発売を開始しました。2016年にフルモデルチェンジが行われた2代目モデルでも「ちょうどいい」という単語をキャッチコピーに採用しています。

運転しやすいボディサイズで、室内空間にもゆとりを持たせたコンパクトタイプのミニバンが売れる時代が来ると予想して開発されました。フリードが完成し、販売がスタートすると予想以上の売り上げを記録し、その後もミニバン市場においては好調な売れゆきを維持しています。

ホンダ フリードのインテリア

2代目フリードでは、前モデルよりもシートの間隔を90mm拡大させることで全席が広い、くつろぎ空間を実現しました。キャンプやサーフィン、サイクリングなどの趣味に合わせてシートをアレンジする事が可能です。

フリード HYBRID G・Honda SENSEIG
全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,740mm
総排気量 1.496L
車両重量 1,490kg
最小回転半径 5.2m
乗車定員 6名
ボディカラー 8色
駆動方式 4WD
燃費 25.2km/L
価格 2,728,200円

1位 日産 セレナ

日産 セレナのエクステリア

セレナは1991年に初代モデルが発売されました。1999年のフルモデルチェンジでは、乗用タイプのミニバンとして初めて両側スライドドアを導入しました。2010年のフルモデルチェンジでは、2.0Lガソリン直墳エンジンを搭載することで、運転中の爽快感と低燃費性をさらに高めました。2017年の秋頃には、日産のノートに投入されている「e-POWER」を投入するモデルがラインナップされる事でも話題を集めています。

セレナには、3ナンバーのハイウェイスターシリーズもあります。セレナは発売当初からユーザーの
満足度を満たし続けているため、ミニバン市場においては好調な売上を維持しています。

日産 セレナのインテリア

シートとシートとの間隔は220mmに設定した広々設計で、シートは長時間座っても疲れにくい材質と構造をしています。

シートアレンジは簡単・便利で、リビングみたいに楽しめるリラックスモード、車の中で食事がしやすいテーブルモード、お子さんのお世話をしやすいベビーケアモードなどへと素早くチェンジする事が出来ます。

日産の先進予防安全技術であるアラウンドビューモニターやインテリジェントパーキングアシストが搭載されている事もミニバン市場でトップシェアを保ち続けて理由です。

セレナ X
全長 4,690mm
全幅 1,695mm
全高 1,865mm
ホイールベース 2,860mm
総排気量 1.997L
車両重量 1,650kg
最小回転半径 5.5m
乗車定員 8名
ボディカラー 11色
駆動方式 2WD
燃費 17.2km/L
価格 2,489,400円

自分ランキングNo.1のコンパクト・ミニバンに乗車しよう!

ベストセラー小説は全ての人にとって面白いとは限りません。毎年の年間売上1位のシングル曲は、全ての人に評価されている訳ではありません。

今回紹介したコンパクト・ミニバンのランキングもNo.1だからといって、皆さんにとって乗り心地が最高で満足できる車であるとは限りません。もちろん、No.1の車の性能が優れているのは確かです。

自分ランキングNo.1のコンパクト・ミニバンを見つけましょう。

その車がセレナであっても構いません。違っていても構いません。自分が一番に乗りたいコンパクト・ミニバンに乗車しましょう!