ホンダ新型シビック タイプRの内装

ホンダ新型シビック タイプRの内装はホットハッチらしいスポーツカラー

ホンダ新型シビック タイプRの内装はピュアスポーツらしいレッドカラーが特徴です。プレミアム感満載のシリアルナンバー入りアルミ製エンブレムや、体をしっかりホールドしてくれるスェードシート、スポーツカーとは思えない豊富な収納などシビック タイプRの内装の魅力を紹介します。

ホンダ新型シビック タイプRの内装はホットハッチらしいスポーツカラー

FF最速ホットハッチ!新型シビック タイプRの内装を紹介

最も過酷と言われるドイツのニュルブルクリンク北コースで7分43秒を記録した、世界一速いFFホットハッチが新型シビック タイプRです。
北米では2017年6月に販売開始していましたが、日本では2017年9月29日に販売開始となっています。

世界中で人気のあるホットハッチ界の頂点に君臨する新型シビック タイプRの内装は、ファンを魅了するレッドカラーが特徴的です。

新型シビック タイプRのシートは鮮やかなレッドカラー

ホンダ新型シビック タイプRのシートはレーシングカーそのものです。
市販車ではトヨタのスポーツブランドGRシリーズが登場しましたが、ここまでストイックにスポーツを追求するモデルはありません。
走るために生まれたシビック タイプRのシートを紹介します。

ピュアスポーツを感じさせるフロントシート

新型シビック タイプRのスポーツシート

運転席と助手席にはFF世界最速ホットハッチらしい、鮮やかなレッドカラーの専用シートを装備しています。
座面には高密度のウレタンを使用し、高速巡航のG(重力加速度)からドライバーをサポートしてくれます。
シートはドライバーの体型を問わずしっかりホールドしてくれる設計となっているので、タイプRとの一体感のあるドライブフィールとなっています。

新型シビック タイプRのシート表面

座面と背面のシート素材にはブラックのメッシュとレッドのラックススェードが使われていて、通気性と快適性を確保しています。
ドライバーをサポートするサイド部分はホワイトステッチがアクセントなっている、ブラックとレッドのラックススェードを採用しました。
ラックススェードで運転中の滑りを抑えた、ピュアスポーツらしいシートとなっています。

ブラックで統一された落ち着いた後席

新型シビック タイプRの後席シート

フロントシートと比較すると、ブラックで統一された後席は落ち着いた印象があります。
赤いシートベルトがスポーティさと上品さを感じさせられ、特別な空間を創り上げています。

また従来のスポーツカーと言えば狭いイメージが先行しますが、新型シビック タイプRは室内長1,905mm、室内幅1,465mm、室内高1,160mmの寸法を持つためスポーツカーとは思えない広さも魅力となっています。

多彩なコンテンツを表示するタイプR専用コクピット

タイプRには様々な情報を表示する専用のセンターディスプレイが装備されています。特にストップウォッチ機能やブレーキ圧計やレブインジケーター(どのギアで走っているかを示しシフトチェンジの目安とする計器)などを表示する機能は、タイプRならではとなっています。

新型シビック タイプRのブレーキ圧計とアクセル開度計

ブレーキ圧計とアクセル開度計

新型シビック タイプRのブースト圧計

ブースト圧計

新型シビック タイプRのレブインジケーター

レブインジケーター

新型シビック タイプRのGメーター

Gメーター

新型シビック タイプRのストップウォッチ

ストップウォッチ

新型シビック タイプRの計器の同時表示

計器の同時表示

新型シビック タイプRこだわりのインテリア

新型シビック タイプRのステアリング

車を操るために最も大切なステアリングホイールには、イタリア製のスムースレザーを使用しています。吸い付くような感触でドライバーをサポートし、安全でスポーティな運転を実現します。
フロントシートと同じレッドカラーを採用しているので、コクピットが包まれているようなドライブポジションとなっています。

新型シビック タイプRのインパネ

助手席のインパネにはカーボン調ガーニッシュを採用しています。カーボン調加飾はフロントシート背面にもあり、よりスポーティな印象となっています。
助手席のエアコンから中央まで伸びる赤い直線パーツもタイプRの艶やかさを感じます。

収納スペースも豊富でファミリーカーとしても使える

ピュアスポーツのシビック タイプRですが、普段使いにも十分な収納スペースを備えています。
室内の広さもあり「家族がいるからスポーツカーは買い難い」と感じていた方にピッタリの車となっています。

新型シビック タイプRのアームレスト付コンソールボックス

アームレスト付コンソールボックス

新型シビック タイプRのフロントコンソールトレイ

フロントコンソールトレイ

新型シビック タイプRのボトルホルダー付フロントドアポケット

ボトルホルダー付フロントドアポケット

新型シビック タイプRのグローブボックス

グローブボックス

新型シビック タイプRのボトルホルダー付リアドアポケット

ボトルホルダー付リアドアポケット

新型シビック タイプRの左右後席のコートフック

左右後席のコートフック

後席を畳めるシートアレンジで荷室も広々

タイプRは同時に販売されるハッチバックをベースとしているため、荷室も広く作られています。大きな開口部と6:4分割可倒式の後席が幅を取る荷物も楽々収納します。
ハッチバックにも装備されている収納式カーゴエリアカバーを備えているため、背の高い荷物を積むときもラゲッジスペースを最大限利用できます。

新型シビック タイプRのラゲッジスペース

新型シビック タイプRのフラットスペース

新型シビック タイプRのカーゴエリアカバー

新型シビック タイプRのカーゴエリアカバー2

走行シーンに合わせて3つのモードを選択

新型シビック タイプRの走行モード選択レバー

走行シーンに合わせて選べる「スポーツモード」「コンフォートモード」「+Rモード」の3つのモード選択を選べるのが新型シビック タイプRの特徴です。
パワフルに走りたい時は+Rモードで、ゆったりとドライブを楽しみたい時はコンフォートモードで、自由な乗り味を体験できます。

スポーツモードの新型シビック タイプR

※スポーツモードのメーター表示

スポーツモード

エンジンスタートで設定されるデフォルトモードが「スポーツモード」です。街乗りでもロングドライブでも軽やかな走りを楽しめます。

コンフォートモードの新型シビック タイプR

※コンフォートモードのメーター表示

コンフォートモード

滑らかで快適な乗り味を提供してくれるのが「コンフォートモード」です。クイックな操作感と同乗者にも優しい乗り心地を楽しめます。

+Rモードの新型シビック タイプR

※+Rモードのメーター表示

+Rモード

FF最速のモンスターマシンとしてハイパフォーマンスな走りを見せてくれるのが「+Rモード」です。コーナリング性能、直進性能を極限まで高め本来のタイプRの走りを惜しみなく発揮します。

その他のシビック タイプR特別装備

新型シビック タイプRのエンブレム

ホンダの象徴とも言える新型シビック タイプRには特別な装備が盛りだくさんです。世界の1つだけの証となるシリアルナンバー入りのアルミ製エンブレムはタイプRを所有する喜びを感じられるプレミアアイテムです。

新型シビック タイプRのシフトノブ

アルミ製のシフトノブはドライバーの手にしっくりと馴染み、シームレスな変速を可能にします。重厚感たっぷりでレーシングカーを操る感覚となっています。

新型シビック タイプRのステンレスペダル

アクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダルにはステンレス製となっています。極限まで高められた、スポーティな室内にマッチしています。

新型シビック タイプRのツィーターとスピーカー

前席と後席の4つのドアにはそれぞれツィーターとスピーカーが備わっています。卓越した運動性能を持つタイプRですが、エンターテインメントの部分もしっかり考えられています。

新型シビック タイプRの電動パーキングブレーキ

電動パーキングブレーキももちろん標準装備しています。簡単動作でパーキングブレーキをかけられる機能は普段使いにはとても便利です。
信号待ちや渋滞時にブレーキを保持するオートブレーキホールド機能も備わり、利便性を高めています

新型シビック タイプRはプレミアムな内装

車両価格4,500,360円のシビック タイプRは、価格の割に決して豪華な内装とは言えませんが「プレミアム感」では他の車種には負けていません。
特に世界に1つだけのシビック タイプRを表す、シリアルナンバー入りエンブレムは所有欲を存分に満たしてくれるでしょう。