洗車機は傷つきにくい

「洗車機は傷つく」噂の真相は?手洗い洗車との比較

洗車機は傷つくと言う話を聞いたことがありませんか?それは昔の話であって今は洗車機を使っても車に傷がつきにくくなっています。ではなぜ洗車機は車に傷がつくと言われたのか、手洗い洗車は傷がつかないのか、双方の洗車方法のメリットやデメリットを紹介します。

「洗車機は傷つく」噂の真相は?手洗い洗車との比較

洗車機は傷が付く?大事な愛車を傷から守るための知識

昔から言われている噂で「洗車機を使って車を洗うと傷がつく」というのを聞いたことがありませんか?長年探していた車や新車で購入した車が洗車で傷つくのは辛いことです。この噂があるために洗車は手洗いと言う方もいるでしょう。
時間もお金もかかる手洗い洗車と洗車機使用、本当はどちらが良いのでしょうか?双方のメリットとデメリット「洗車機を使うと車に傷がつく」の噂の真相に迫ります。

洗車機で傷がつく噂の真相

洗車機で洗車する海外の自動車

「洗車機は傷が付く」は昔の話です。
昔の洗車機は歯ブラシのようなナイロンブラシやプラスチックブラシを使用している洗車機が主流だったために、洗車機の回転方向に線状の傷がつくのは当たり前の時代でした。その時代の名残で今でも「洗車機は傷つく」と言われています。
しかし洗車機を作っている業者も日々進化しています。今では傷が付き難い特殊な布を使ったブラシやスポンジブラシ、ノンブラシの洗車機も登場しています。
「最新の洗車機は傷つきにくい」対策がされていると言えます。

洗車前のほこりや鉄粉が傷の原因になることも

タイヤに泥汚れがついた黒の自動車

洗車機は車に傷がつくと言われる理由は材質の理由以外にもう一つあります。それは洗車中に巻き込まれる砂やほこりや鉄粉などの異物です。
一見綺麗に見える車にもどうしても細かい汚れがついてしまいます。そのまま洗車機に入れるとその汚れをブラシが巻き込んでそのまま回転してしまいます。ブラシが汚れた状態のまま回転するので汚れもろとも車にブラシを叩き込むことで細かい傷ができてしまいます。

前の車の異物が付着している場合もある

農作業が終わり洗車に向かう自動車

洗車前に泥や汚れや小石を水でしっかり落としても、直前に洗車機を使った車が泥などで極端に汚れていた場合は注意が必要です。
洗車機は洗車が終わった後空回りして洗車中の異物を除去する機能がありますが、それでも落ちない汚れも中には存在します。その場合、次に洗車する車に影響がないとは言い切れません
前の車の洗車中に巻き込んだ異物で車に傷がつく可能性もあります。

洗車機で傷をつけないためにできること

最新の洗車機は傷がつきにくいことが分かったと思いますが、それでも絶対に安心とも言い切れません。洗車機でできるだけ傷つくことを避けるためにできることを紹介します。

洗車機の型番や仕様を事前にチェックする

洗車場にある古い洗車機

洗車機によってブラシの材質が異なります。
傷が付きやすいナイロンブラシやプラスチックブラシを使っている場所は少なくなりましたが、まだまだ現役で稼働しているケースもあります。洗車機を使う前に型番をチェックして車に優しいブラシかどうか確認しましょう。
ガソリンスタンドや管理人がいる洗車場であれば直接聞いてみるのも良いです。

繁盛しているガソリンスタンドを狙う

地元民に愛されるガソリンスタンド

人が沢山いて繁盛しているガソリンスタンドは最新の洗車機を導入しているケースが多いです。
繁盛していると設備投資に回せる資金ができる→最新の洗車機へ設備投資をする→最新の洗車機を求めて人が集まる、というように好循環が生まれます。
道を走らせている時に行列になっているガソリンスタンドや洗車場があればチェックしておきましょう。

洗車機に入れる前に高圧洗浄機を使う

これから拭き上げられる洗車後の自動車

洗車機に傷のもととなるほこりや小石や鉄粉を巻き込まないように事前に水洗いしましょう。
洗車場で水のみのコースを選んで水洗いしてから洗車機で洗うのも効果的です。
また洗車機の前に高圧洗浄機を設置しているガソリンスタンドもあるので確認してみましょう。

洗車直前の車の状態を確認する

鉄粉が付着したレトロカー

自分の車は事前に水洗いしても、直前に洗車機を使った車の汚れがひどい場合は一度間をあけましょう。
洗車機のブラシの前の車の異物が残っていた場合そのまま回転してしまい傷がつく恐れがあります。どんなに自分の車を綺麗にしても避けられないことなので傷がつく可能性を考慮すると並び直すのも良いのではないでしょうか。

手洗い洗車でも傷がつく

愛車を綺麗に手洗い洗車する男性

「洗車機は傷がつき難くなったといっても安心できない」と言う方もいるかもしれません。では手洗い洗車は傷がつかないのか、実は手洗い洗車でも傷がつきます。
もちろん洗車機よりは傷つきにくいのは事実ですが、間違った洗車方法をすると洗車機よりも傷がついてしまう可能性があります。

特に炎天下でも手洗い洗車は注意が必要です。拭き残しがあり水滴やシャンプーが蒸発してしまうと跡が残り塗装にも影響がでることがあります。
初めて手洗い洗車をする方は事前に方法を確認しましょう。

ガソリンスタンドの手洗い洗車を利用する

依頼された自動車を磨く洗車のプロ

手洗い洗車に自信がない、やり方がわからない、時間がなり、でも洗車機の傷が怖いという方はプロにお願いする方法もあります。
値段は高いですが確実に綺麗にしてもらえます。手洗い洗車を依頼した場合の料金目安は

エネオス

水洗い洗車1,900円~
超撥水洗車2,300円~

オートバックス

水洗い洗車1,500円~
超撥水洗車2,000円~

イエローハット

水洗い洗車1,400円~
超撥水洗車1,600円~

プロの洗車費用は自動車のサイズによって変わります。軽自動車であれば最低料金で洗車できますが、アルファードやベルファイアなど大型サイズの自動車になると倍の料金がかかることもあります。紹介した料金はあくまで目安なので地域や店舗により異なります。実際にお願いする時は事前確認しましょう。

洗車機の料金は水洗い洗車で300円~、超撥水洗車で500円~、という料金設定が多いことから、プロの手洗い洗車は料金設定が高めなのがわかります。しかし愛車を隅々まで綺麗にしてもらえること、洗車機より傷がつく心配は低いことを考えると、プロにお願いするのも良いでしょう。

洗車機と手洗い洗車の比較

昔と比較すると傷がつきにくくなった洗車機ですが、改めて手洗いと比較したそれぞれのメリットとデメリットを確認しましょう。

洗浄力は手洗い洗車が○

丁寧な手洗い洗車をするカーショップの男性

洗浄力は手洗い洗車のほうが高いです。
洗車機だと立体的な造形の車の細部まで上手く洗車することができません。フロントやリア周辺も作り込まれている車が多いため洗い残しがでてきます。
それに比べ手洗い洗車は自分の目で見て汚れを落とすことができます。気になるところや重点的に洗車したい部分まで手を入れることができるので洗車機より手洗い洗車のほうが洗浄力は高く綺麗に仕上がります。

洗車時間は洗車機が○

洗車機で洗車を始める男性

当たり前ですが洗車時間は洗車機の方が短く済みます。
手洗い洗車の場合は水洗い、泡洗浄、ワックス磨きなどをすると休日の半分を使う事もあります。それに比べ洗車機は水洗いからワックス磨きまで10分~15分の時間で終わります。せっかくの休日をゆったり過ごしたい方や家族サービスが待っている方など、時間を有効に使いたい場合は洗車機にアドバンテージがあります。

傷つきにくさは手洗い洗車が○

洗車後に愛車を拭き上げる男性

最近の洗車機は傷つきにくいことが分かりましたが、手洗い洗車でも傷がつくことが分かりました。しかし丁寧に優しく洗うことができる手洗い洗車のほうが洗車機と比較すると傷つきにくいと言えます。
洗車機の場合は機械が作業するので細かい部分を見落としがちです。デリケートな部分まで機械の力で洗ってしまうので、その分傷がつく可能性が高くなります。
一方手洗い洗車の場合は力加減もでき丁寧な所は丁寧に、汚れが多い部分は力を入れて洗車できます
洗車機と比較すると手洗い洗車のほうが傷はつきにくいと言えます。

愛着が沸くのは手洗い洗車が○

愛着たっぷりのBMWのSUV車

洗車機は洗車時間が短くすぐに終わってしまいます。手洗い洗車は車の状態を見つつ時間をかけて洗車することになります。洗車時間が短いのは洗車機の最大のメリットですが、短時間の洗車では車に愛着を持つことができるのでしょうか。
対して手洗い洗車の最大のデメリットでもある洗車時間ですが、手間暇かけた洗車は面倒に思う方も多いかもしれませんが、車の健康状態を確認し直接車に触れる機会と捉えるととても楽しい時間になると思います。
「手のかかる子供ほど可愛い」という言葉もある通り洗車に使う時間が長いほど愛着も増すでしょう。

生活に併せて手洗い洗車と洗車機を使い分けよう

「洗車機で車を洗うと傷がつく」の真相は昔の洗車機の問題点が解決していないと思われているから、という事が分かったと思います。今の洗車機は傷がつきにくいように進化しています。また車の塗装も昔より強くなっています。そのため過度に洗車機に悪い印象を持つ必要はないと言えます。

洗車機のメリットと手洗い洗車のメリットを生かし、2つの洗車方法をバランス良く取り入れ、今よりもっと楽しいカーライフにしましょう!