車中泊は冬でも安全に楽しめる!

車中泊を冬に安全に楽しむための秘訣と寝袋などの防寒グッズ

車中泊を冬の季節でも安全に楽しむために覚えておくべき窓に断熱シートを取り付けるなどの秘訣。エンジンや暖房は付けっぱなしにしない等の注意点及び、シュラフやカイロといった体を冷やさない効果の高い防犯対策グッズを紹介します。

車中泊を冬に安全に楽しむための秘訣と寝袋などの防寒グッズ

車中泊を冬でも安全に楽しむために覚えておくべきテクと揃えるべき防寒対策グッズ

車中泊は夏の暖かい季節だけ楽しむものだと思っている方もおりますが、冬の時期に役立つテクニックを知って、冬用に特化されたシュラフなどの防寒対策グッズを用意すれば、季節に関係なく車中泊を安全に楽しむ事が可能となります。

車中泊を冬の季節でも行う事ができれば、パウダースノーを一番乗りで体感できるなどウィンタースポーツをもっとアクティブに楽しめます。また、夏の夜空と比べればダイナミックに広がる星々が織り成す幻想的な空間に包まれる事もできます。

夏の車中泊と比較すれば、やはり冬は万全の態勢で臨まない・注意事項を守らなければ危険性は高まります。今回は、車中泊を冬でも安全に楽しむために覚えておくべきテクニックと揃えておくべき防寒対策グッズを中心に紹介していきます!

冬の季節に車中泊を安全に楽しむためのテクニック

慣れないうちはオートキャンプ場で行う

車道の端で車中泊する車

冬の季節に初めて車中泊を行う方達にとってベストな場所はオートキャンプ場です。冬の時期でも開いているオートキャンプ場は全国各地に多数あります。トイレや水道などの水回り・電気設備が整っていて、飲食物を販売している売店が併設されていれば便利ですし、安全性が確保されます。

その他にお勧めしたいのは広い駐車場を完備するパーキングエリア等の施設です。冷えた体を温めてくれるメニュー豊富な飲食物の存在は大きいです。

車を停める場所に屋根が設置されていれば安全性がさらに高まります。冬の時期には、急に天気があれて大雪に見舞われる事もあります。降雪量によっては車の身動きがとれなくなるケースも想定されます。そういった事態は、車を停める場所に屋根が設置されていれば防ぐ事が出来ます。

室内に目張りをして防寒対策を行う

目張りをする事によって、室内の温度は低下しにくくなります。室内の温度が低下する原因は、冷たい外気に触れている車の各ボディからの熱が室内にもそのままの形で伝わってしまうことです。目張りをすることで、冷たい熱はダイレクトには伝わらずある程度は吸収されるため、室温は低下しにくくなります。

目張りは市販品を購入せずとも、新聞紙とホームセンターなどで購入できる銀マット等を使って代用する事が可能です。

断熱シートを窓ガラスに取り付ける

真冬に犬を連れて車中泊する車

フロントガラスやリヤガラスといった車の窓ガラスは、車体の中で最も薄く冷たい空気と接触することで最も熱が奪われてしまいやすい場所です。

車の窓ガラスに熱を内部に伝えにくい断熱シートを取り付ける事で、室内には冷たい熱が伝わりにくくなります

銀シート・マットを利用して寝床の保温性を高める

車のシートと寝袋との間に銀シートあるいは銀マットを敷くことで寝床の保温性は高まります。冬の時期に、毛布を数多く重ねて寝る事で冷たい外気が内部に伝わりにくい階層構造が生まれ保温効果が高まるように、シートと寝袋の間に銀マットを敷くことで寝床の保温効果は高まります。

車中泊では翌日に疲れを残さないために睡眠の質や時間を確保する事も重要です。スキーやスノーボードといったウィンタースポーツを万全の状態で楽しむ、翌日の車の運転に影響を与えないためには体に疲れを蓄積させない性能面が優れた睡眠グッズの利用が求められます。

防寒対策グッズなどを充実させる

車中泊の防寒対策がしっかりした車

寝袋は冬用タイプのアイテムを利用する事をお勧めします。カイロは発熱効果が高く軽量であるため、数多く揃えて置けば便利となります。保温性を高めるブランケットは底冷えした時に備えて、一枚余分に用意しておきましょう。

ポータブル電源を持ち込むことで、エンジンを起動させずに電源が確保されます。万が一の事態の連絡手段であるスマホの充電、電気毛布・小型ファンヒーターの熱源は電気を利用しることで使用可能となります。

その他には、結露取りワイパーやシートアレンジでフルフラットモードにできるならば車用ベッドを備える事で車中泊の快適性は増します。

体が温まる食べ物を持参する

冬に行う車中泊では、体温が低下した時に備えてカレーやキムチ、唐辛子といった体温の上昇に即効性のある食べ物を数多く持参しておくと便利です。冬の時期に食べたくなる食べ物には、体を温める高い効果があります。

温泉や銭湯につかって体をポカポカに温めておく

温泉にゆっくり浸かる男性

車中泊をする前に、温泉や銭湯につかって体をポカポカに温めることで、血行が良くなり体温は下がりにくくなります。スキーやスノーボードといったウィンタースポーツを楽しんだ後に温泉につかる事は冬の風情を感じる醍醐味の一つです。

車中泊を冬に行う際の注意点

エンジンは付けっぱなしにしない

室内を温めるためには、エンジンを起動させて暖房を利用し続けてたくなってしまいますが、積雪の影響でマフラーが塞がってしまえば、排気ガスが室内に逆流し一酸化炭素中毒のリスクが高まってしまいます。

そういった危険な状況を回避するため、エンジンの付けっぱなしはしないように注意しましょう。

傾斜のある場所には駐車しない

車中泊中のキャンピングカー

傾斜のある場所に車を停車させると、積雪の影響を受けて路面状況がスリップしやすくなれば、ふとしたきっかけで車が動き出してしまう恐れがあります。冬の時期には特に傾斜の少ない平坦なスペースへの駐車を心掛けましょう!

冬の車中泊は準備万端の態勢で出発して素敵な思い出をつくろう!

冬に行う車中泊では、目的地に出発する前に防寒対策グッズが充分に備わっているか等をしっかりと確認する必要があります。また、場所選びも慎重に成らざるを得ません。冬の車中泊に不慣れなうちは、水回りや電気設備が整えられているオートキャンプ場を利用する事をお勧めします。

冬の車中泊の楽しみの一つは、きらびやかに光り輝く星々の天体ショーを堪能する事です。日常生活では体感しづらい圧倒的に美しい星空が広がる風景を間近で眺める事ができれば素敵な思い出が心に刻まれます。

そんな素敵な思い出も、車中泊を終えた後に体調を崩したり・風邪を引いたりしてしまえば薄らいでしまうので、寒さ対策は入念に行いましょう!