車のバッテリー上がりの予防法

車のバッテリー上がりの原因と交換や充電による対処法

車のメジャーなトラブルであるバッテリー上がりの原因、救援車を呼んでブースターケーブルをつないだりする交換や充電をする対処法、エンジンを頻繁にかける、ライトをつけっぱなしにしないなどの予防法、上がりやすい季節についても紹介します。

車のバッテリー上がりの原因と交換や充電による対処法

車のバッテリーが上がる原因と対処法

車の代表的なトラブルと言えば、バッテリー上がりです。車をお持ちの方ならば、一度は体験するかもしれないバッテリー上がりは、車のトラブルを専門的に扱うJAFでは年間80万件もの事例に対応しています。

そんな、いつか自分の車にも起こってしまうかもしれないバッテリー上がりの原因と対処法、予防法も合わせて紹介します!

「バッテリーが上がる」とは起電力が不足している状態を指す

バッテリーが上がり途方に暮れる女性

バッテリーが上がるとは、一般的には車のエンジンがかからなくなることを言います。
エンジンをかけるには起電力が必要で、その電力を起こすためにバッテリーが必要となっています。バッテリーが「上がる」ということは、その起電力を起こせなくなっている状況を指します。

車のエンジンがかからなくなってしまうもう一つのメジャーな原因はガス欠ですが、どちらが原因であるかは燃料計を見ると判断がつきます。

燃料が十分であるのに、エンジンがかからない場合には、バッテリー上がりを疑います。バッテリーで発電されて蓄えられた電気の量よりも、カーナビを使ったりエアコンを使ったりした際の電気量の合計が上回ってしまうと、バッテリーが上がりやすくなってしまいます。

バッテリーに蓄えられている電気は、車内のオーディオ設備やエアコンシステムの起電力となるだけでなく、エンジンを動かすためにも必要な電気です。そのため、バッテリーが上がってしまうと、エンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリー上がりの原因と対処法

彼氏と車を置いてヒッチハイクする女性

バッテリー上がりの主な原因

過放電

・1日に何度もセルモーター(エンジンを動かすのに必要なモーター)を使用。
・エアコンやオーディオシステムなど、消費電力の大きな電飾品を利用。
・ライトや照明灯などの消し忘れ。(エンジン停止時)

充電不足

・車のエンジンを頻繁にはかけていない。
・1回の運転で走行する距離が少ない。
・渋滞につかまっている時間が長い。

容量不足

・本来使用するよりも、電気容量が少ないバッテリーを使用している。

バッテリーの劣化

・バッテリー内部で、化学変化が起こりにくくなり、充電能力が低下する。

バッテリーの寿命

・商品の種類にもよるが、3年~4年が耐用年数である。
※ドライバーの運転状況や住んでいる場所の環境にもよる。

バッテリーが上がってしまう主な原因の一つは、充電不足です。車にエンジンをかけて回転数を上げることで、バッテリー内部での化学反応が促進されて、充電が活発化されます。

運転をするのは、休日だけとか、冬は雪道運転が苦手なので運転を控えて車を放置する時間の長い方は、バッテリー上がりを起こしやすい傾向にあります。

また、バッテリーに蓄えられている電気を使いすぎてしまう事も主な原因です。特に、エンジンを停止している状態であれば、充電が行われず、電気の消費だけが進んでしまうので、ヘッドライトをつけっぱなしにしていれば短時間でバッテリーが上がってしまいます。

下記の表は、JAFのロードサービスが調べた車の電力消費量のTOP5です。車から離れる際には、エアコンやヘッドライトを付けっぱなしにしないように注意が必要です。

車の電力消費量TOP5

1位 エアコン
2位 ブレーキランプ
3位 リアデフォッガー(リアウインドウの曇りを取る装置)
4位 ヘッドライト
5位 ワイパー

※ロードサービス調べ

バッテリー上がりを予防するには

常にエアコンを付ける男性

車のバッテリーが上がってしまうと、上がった場所や選択する対処法によっては、協力者の助けが必要となります。出来れば起こしたくはないバッテリー上がりの予防法は、次の通りです。

  • 車から離れる時にはライトを付けっぱなしにしていなかを確認する
  • エアコンやオーディオシステムを多用し過ぎない
  • 定期的にバッテリーを交換する
  • 休日以外も運転する

バッテリー上がりの対処法

バッテリーを充電する整備士

JAFを呼ぶ

バッテリー上がりなど、車のトラブルに迅速に対応してくれるのがJAFです。JAFを呼んだ時にかかる費用を会員である場合と、非会員である場合に分けて紹介します。

JAFの会員であるケースの費用

JAFの会員には、入会金2,000円(クレジットカードによるオンライン入会であれば1,500円)と年会費4000円を納めることで、車両番号を届けるなどの面倒な手続きを経る事なく加入できます。

JAFの会員であれば、バッテリー上がりなどのロードサービスの多くを無料で受けられます。

※バッテリー交換時のバッテリー代金は実費となります

JAFの非会員の場合にかかる費用

JAFに依頼するタイミングが、8時~20時までの昼間の時間帯であれば、基本料金が8230円+作業量4,650円の合計12,880円が請求されます。夜間として区分される時間帯(20時~8時)に依頼をすれば、基本料金10,290円に作業量4,650円の合計14,940円が請求されます。

※バッテリー交換時のバッテリー代金は実費となります。
※バッテリー上がりの場所が高速道路であれば、別途料金が加算されます。

保険会社のロードサービスを利用する

車の任意保険を扱っている会社は、顧客満足度を高めるためにロードサービスを展開しています。契約されている保険会社の窓口に問い合わせれば、回数に制限はありますが、無料でバッテリー上がりに対応してくれるケースもあります。

ブースターケーブルを利用する

バッテリーが上がった際の対処法として最もポピュラーな方法がブースターケーブルを使った方法です。自分の車のバッテリーと、他の人の車とのバッテリーとをブースターケーブルで繋いでから、他車のエンジンをかけることで、充電を行います。

ブースターケーブルを利用する対処法の手順

1.救援車を呼んで、バッテリーが上がっている車の近くに駐車してもらう

家族や友人、職場の同僚など現場まで車まで来られる範囲に居住している方にお願いをしましょう。
依頼したどなたかが、現場まで駆けつけてくれたら、お互いの車のバッテリーをブースターケーブルでつなぐことが可能な近い位置に駐車してもらいます。

2.バッテリーをブースターケーブルでつなぐ

ブースターケーブルのクリップ部分に異常はないか、ケーブル部分に断線が起こっていないかを確認します。そして、バッテリー上がりの車と、救援車のボンネットを開けて、お互いのバッテリーが同じ電圧である事を確認します。

バッテリーの端子にブースターケーブルをつなぐ順番はとても重要です。以下の順番をしっかりと、守りましょう!

1.赤いケーブルを、バッテリーが上がっている車の+端子に接続する
2.もう片方のクリップを救援車の+端子に接続する
3.黒いケーブルを、救援車の-端子に接続する
4.もう片方のクリップをバッテリー上がりの車のエンジンブロックに接続する

3.救援車にエンジンをかけてもらう

救援車がAT車ならP(パーキング)、MT車だったらN(ニュートラル)の状態にある事を確認、サイドブレーキをしてから、エンジンをかけます。アクセルを踏み込んで、エンジンの回転数をあげると、充電能力を高まります。ある程度時間が経過したら、バッテリーが上がっている車のエンジンをかけてみます。

4.車のエンジンがかかったら、ブースターケーブルを外す

バッテリーが上がっていた車のエンジンがかかったら、ブースターケーブルを外します。その順番は次の通りです。

1.バッテリーが上がっていた車のエンジン部につなげていた黒いケーブルのクリップを外す
2.救援車の-端子に接続していた黒いケーブルのクリップを外す
3.救援車の+端子に接続していた赤いケーブルのクリップを外す
4.バッテリーが上がっていた車の+端子に接続していた赤いケーブルのクリップを外す

5.車に充電をする

エンジンがかかったとしても、油断は禁物です。しばらく、アイドリングをしたり30分くらいドライブをしたりして、バッテリーへの充電を忘れずに行いましょう!

バッテリーを交換する

バッテリーを交換する整備士

バッテリーが完全に上がっていると、ブースターケーブルを利用しても、その他の方法で充電を行っても効果は期待できません。バッテリー自体を交換することが求められます。交換するバッテリーは、車に適合している規格を選ばなければなりません

バッテリーの規格(JIS形式)の見方

「60 E 25 L」という規格のバッテリーを例とします。

  • 60:性能ランク(数字が大きいほど性能が良い)
  • E:短側面のサイズ(A→Hの順にサイズアップ)
  • 25:長側面のサイズ(この場合は25㎝です)
  • L:端子の位置(Lタイプ:プラス端子が左側、Rタイプ:プラス端子が右側)
バッテリー交換の一連の流れ
  1. スパナかソケットランチを使って-端子、+端子の順に取り外す
  2. ステイ取付金具とステイを外す
  3. 中の液体がこぼれないように、両手でしっかり古いバッテリーを持って取り外す
  4. 新しいバッテリーをセッティングする
  5. バッテリーをステイと取付金具で固定する
  6. 今度は、+端子を先の手順で取り付ける

ジャンピングスターターを利用する

車のバッテリーの対処法の一つとして、最近増えつつあるのが、ジャンピングスターターと呼ばれるポータブルタイプの発電機を利用した方法です。

充電方法は、ブースターケーブルを利用する手順と近く、救援車がいなくても行えるのが特徴です。付属されているケーブルでバッテリーとジャンピングスターターをつないでいきます。

ジャンピングスターターを万が一の事態に備えて車に積んでおけば、バッテリーが上がってもJAFに依頼をしたり、他の人に迷惑にかかってしまう事態は大いに避ける事ができます。どの商品もコンパクトサイズですし、最近ではスマホに充電することも可能なので、車に積んでおけば何かと便利です。

冬はバッテリーが上がりやすい季節

冬道を走る車

バッテリーが上がりやすい主な季節は、気温が低い冬です。バッテリーは、電極版と電解液とが化学反応する際に発生するエネルギーを利用して放電・充電を繰り返します

気温が低下するにともなって、バッテリー内部で電解液が反応する力が弱まり、充電・放電が十分には行われないため、冬は他の季節に比べてバッテリー上がりやすくなってしまいます。

その他の理由としては、外が寒いとエンジンオイルなどの粘り気が増すため、エンジンを作動させるにはより大きな電気量が必要となることも、冬にバッテリーが上がりやすくなってしまう原因です。

車のバッテリー上がりは日頃の注意と運転を楽しむことで予防できる

バッテリーが上がってしまうと、車が動かなくなってしまうので、仕事に遅れてしまったり、休日の予定が狂ってしまいます。また、自分以外の方にも沢山の迷惑がかかってしまうこともあります。

バッテリー上がりを予防するには、ライトなどの電気系統をつけ忘れないなどように注意することと、日頃から運転を楽しんで充電をしっかりと行う事が大切です。