ブレーキフルードの交換時期

ブレーキフルードの適切な交換時期や量と費用について

ブレーキフルードとは、油圧式ブレーキの性能を維持するために必要な液体です。時間が経過すると状態が劣化してしまうため、車検前であっても適切な時期に交換することが求められます。カー用品店に依頼した時の価格帯と作業時間・DOT規格などについて詳しく紹介していきます。

ブレーキフルードの適切な交換時期や量と費用について

ブレーキフルード(オイル)は車検前にも交換する必要があります!

ブレーキオイルとも言われる事があるブレーキフルードは、油圧式ブレーキを作動させるために必要な液体です。状態が劣化してしまうとブレーキの力が弱まってしまうという特徴もあります。

ブレーキフルードは、エンジンオイルに比べると交換する時期がさほど頻繁ではないため、車検時に交換することが一般的です。

ブレーキの効きが悪くなった際には、ブレーキフルードが劣化しているケースも多く、事故を事前に防ぐためにはカー用品店などで事前に交換する必要があります。

今回は、ブレーキフルードをカー用品店で交換する際の費用や作業時間の目安・DOT規格について・交換時期を遅らせた時に起こり得る危険性など、ブレーキフルードに関わる情報をたっぷりと紹介します!

ブレーキフルードは油圧式ブレーキの圧力源

車のブレーキの点検をする整備士

ブレーキフルードは油圧式ブレーキに使用する作動用の油です。多くの種類の車では一般的に油圧式ブレーキが採用されます。

油圧式ブレーキの機構では、ブレーキフルードを利用して密閉空間内に圧力を発生させます。圧力が発生すると、密閉空間内と接しているパーツであるブレーキシリンダー等が連動して動かされます。

圧力によって動かされたブレーキ系統のパーツが、回転しているタイヤを動かしているパーツと接触すると摩擦力が発生するためタイヤが回転する勢いが弱まり、車のスピードが落ちていきます。

ブレーキフルードは油圧式ブレーキに圧力を発生させるために必要な液体です。

ブレーキフルードは状態が劣化するため交換が必要

ブレーキフルードをチェックする整備士

ブレーキフルードは時間が経過するとともに、状態が劣化してしまいます。ブレーキフルードを交換する際の適切な「量」と「時期」を紹介します。

ブレーキフルードを交換する量は800ml~1,000ml

趣味がカーレースという人以外は、そう頻繁にブレーキフルードを交換する機会はないと思います。乗用車であれば、車の種類によって変わってきますが、だいだい800ml~1,000mlが交換量(全量交換)の目安です。部分的な交換であれば、300ml~400mlほどで足ります。

ただ、劣化している状態のブレーキフルードに新品のものを混ぜ合わせる使い方はお勧めできません。フルードを混ぜ合わせた時の効果は両者の中間になる訳ではなくて、低い方の性能が効果を発揮します。そのため、新しいブレーキフルードと古いブレーキフルードを混合させることよりは、全て新しいブレーキフルードで充填させる全量交換をお勧めします。

乗用車のブレーキフルードの一般的な交換時期は3~4年

ブレーキフルードの交換を意識しているドライバーが少ないのは、エンジンオイルの交換時期が半年に1回のペースであるのに対して、ブレーキフルードの一般的な交換時期は3~4年に1度のペースです。そのため、車検を通す際に対応してもらえるケースがほとんどです。

一般的には、3~4年と言われていますが、運転状況・車の状態によってはもっと早いタイミングでの交換が必要となります。適切な交換時期を見定めるには、フルードの色が一つの目安です。新品であれば鮮やかな黄色をしていますが、劣化したフルードの色は茶褐色でよどんでいます。

ブレーキが「効く」「効かない」は、安全運転にも直結しますし、事故が発生するリスクを低下させる事にも結びつきます。

ブレーキフルードの交換費用は3,000円~4,000円台(カー用品店)

車のグッズを販売するカーショップ

大手カー用品店にブレーキフルードの交換を依頼した時の費用は、3,000円~4,000円台です。作業時間もそれほどかからず短時間が交換を行う事が可能です。

普段慣れない作業はプロの手に任せた方が無難です!

カー用品店でのブレーキフルード交換費用
カー用品店 交換費用 作業目安時間
オートバックス 4,320円~(税込) 30分~
オートウェーブ 4,860円~(税込) 60分~
イエローハット 3,240円~(税込) 20分~

ブレーキフルードを交換しないと故障の原因に

1.ブレーキフルードが漏れ出してしまう

ブレーキフルードには、ポリグリコールエーテルというアルコール成分が含まれています。ポリグリコールエーテルには、吸湿性(周囲の環境より水分を吸収する)があります。吸湿性は時間に比例して高まり、交換しない時期が長くなるほど水分量が増す傾向にあります。

ブレーキフルードの水分量が多くなると、ブレーキキャリパーの内部やホイールシリンダーの内部といった ブレーキシステム内に錆が発生しやすくなります。ブレーキシステムに錆の範囲が広がっていけば、内部からブレーキフルードが漏れ出してしまいます。

ブレーキフルードが漏れ出すと、直ちにブレーキの性能が落ちてしまう訳ではありません。しかし、状態を放置してしまうと、いざという時にブレーキが効かなくなってしまって事故の原因となる事は否定できません。

2.ブレーキ制動・性能が低下してしまう

一般的な車のブレーキシステムでは、油圧式構造を採用しています。油圧によって摩擦力の抵抗値を調整して、タイヤの回転数を下げる方式を採用しています。勢いのあるタイヤの回転数を下げる際には、大量の摩擦熱が発生します。

本来であれば、ブレーキフルードの沸点は250℃前後に設定されているので発生した摩擦熱には十分に耐える事が出来ます。しかし、ブレーキフルードの交換を怠り吸湿性が強まってしまうと水分量が増えてしまいます。すると、ブレーキフルードの沸点が100℃近くも低下してしまいます。

そういった状況下で、大量の摩擦熱が発生してしまうブレーキングを繰り返していると、ブレーキオイルが沸騰し、ペダルを踏む力が制限されてしまってブレーキ力が低下します。この現象は、専門的にはペーパロックと呼ばれています。

ブレーキフルードの主成分はポリエチレングリコール

ブレーキフルードを交換する整備士

市販車に使われるブレーキフルードの主成分はポリエチレングリコールです。ポリエチレングリコールは、化学成分としては油脂類よりはアルコールに近いと言えます。

ブレーキフルードには、「粘性が低い」・「圧力が加わっても体積の変化が小さい」・「-50℃でも凝固しない・200℃の熱でも沸騰しない」という化学的な性質が求められます。それら諸条件を満たしているのが、ポリエチレングリコールであるためブレーキフルードの主成分として用いられています。

ブレーキ性能の更なる高品質化が要求されるスポーツカーにおいては、シリコン系の化学物質も配合するなどしてブレーキの性能を高めています。

ブレーキフルードのDOT規格 ~ 主成分と沸点・粘度の違い

ブレーキフルードを注入する整備士

基準 主成分 ドライ沸点 ウェット沸点 粘度(100℃) 粘度(-40℃) Ph値
DOT3 グリコール 205℃以上 140℃以上 1.5cst以上 1500cst以下 7.0‐11.5
DOT4 グリコール 230℃以上 155℃以上 1.5cst以上 1800cst以下 7.0‐11.5
DOT5.1 グリコール 260℃以上 180℃以上 1.5cst以上 900cst以下 7.0‐11.5
DOT5 シリコン 260℃以上 180℃以上 1.5cst以上 900cst以下 7.0‐11.5

ブレーキフルードのDOT規格とは、日本でいうところのJIS規格のようなものです。ちなみにDOT(Department of Transportation)日本語に訳せばアメリカの交通省を意味します。自動車の発祥の地アメリカでは、主成分・沸点(液体が沸騰する温度)・Ph値の違いからブレーキフルードを上記の表のように分類しています。

ドライ沸点

吸湿率0%の場合の沸点。新品で購入した場合の沸点

ウェット沸点

吸湿率3.7%の場合の沸点。ブレーキフルードを1~2年使用している状態の沸点

粘度

流動性(ねばねば・なめらか)に関わる数値。数値が大きくなると、ねばねば状態となり固まりやすくなってしまいます。低温時に粘度が高ければ、ブレーキ機能に悪影響を及ぼします。

Ph値

酸性・アルカリ性を表している数値。7.0以下となれば酸性度が強まり、周りの金属系統の部品を腐食させてしまいます。

車のタイプに合ったブレーキフルードを紹介

市販されているブレーキフルードの種類は豊富で、自力での交換を考えている方は自分の車にどのタイプのブレーキフルードが適しているのかについて知りたいはずです。

ブレーキフルードの商品選びで役立つ知識を紹介します!

規格 おすすめしたい車の種類
DOT3 排気量が少ない車・軽自動車
DOT4 排気量が多い車・スポーツカー・重量のある車
DOT5.1 寒い地域で利用する車・スポーツカー・排気量が多い車・重量のある車
DOT5 ハマーなどの特殊車両

ブレーキの効きが悪くなったら・ブレーキフルードを交換する時期かもしれません

運転中にブレーキの効きが悪くなったら、ブレーキフルードを交換する必要があるかもしれません。
次の車検の時期まで大丈夫だと交換の時期を後回しにしてしまうと、大きな事故につながりかねません。ブレーキフルードの交換は、数年に1回程度なので後回しにしがちです。

運転に自信のある方でも、ブレーキ系統に支障をきたしていれば、事故を起こしてしまう危険性が高まります。事故を事前に防ぐためには、ブレーキフルードの交換が求められます。