ボクサーエンジンのメリット

ボクサーエンジン特徴やメリット・スバルが導入する理由

ボクサーエンジンでは、シリンダーを水平に置いてピストンを左右に振動させて車を動かす仕組みを採用しています。そのメリットや特徴について、創業以来こだわり続けて自社の車にボクサーエンジンを搭載しているスバルの歴史についても触れていきます。

ボクサーエンジン特徴やメリット・スバルが導入する理由

ボクサーエンジンの特徴やメリットはスバリスト以外でも楽しめる

現在販売されている国産車のほとんどの車に採用されているエンジンは、直列4気筒あるいはV型6気筒タイプです。そんな中、スバルは創業以来ブレることなくボクサーエンジン(水平対向エンジン)を自社の車に搭載し続けています

スバルがこだわり抜いて搭載し続けるボクサーエンジンの特徴やメリット、スバル以外でもボクサーエンジンを導入している車や自動車メーカーについて紹介します。

以前でしたら、その特徴的なエンジン音を聞くだけでもボクサーエンジンを搭載している車かどうかを見分ける事ができました。最近では開発の技術力が向上しエンジンの静粛性が増して、コアな方々以外では判別しにくくなってきています。これからも進化を遂げる、ボクサーエンジンにはスバリスト以外の方達も楽しめる魅力がたくさん詰まっています

ボクサーエンジンは水平方向にピストン運動を発生させて車を動かす

スバルのボクサーエンジン

意外かもしれませんがボクサーエンジンを発明したのは、世界的に有名なラグジュアリーブランドであるベンツの創業者であるカール・ベンツです。

ボクサーエンジンでは、缶ビールのような形状をしていて内部でガソリンを燃焼させるエンジンパーツであるシリンダー(気筒)を水平方向に向かい合うように配置させ、ピストンを左右方向に動かします。ピストンが左右に振動する様子が、ボクシングの試合で選手がパンチを打ち合うように見えるので、ボクサーエンジンと呼ばれるようになりました。

その他のエンジンについても軽く説明すると、日本で販売されている車の中では主流となっているピストンを上向きに配置している直列エンジン。ホンダのNSXやフェラーリ、ランボルギーニなどのスーパーカーなどが導入しているシリンダーの配置パターンがアルファベットのVのように見えるV型エンジンがあります。

ボクサーエンジンの仕組み

スバルがボクサーエンジンを開発し続ける訳~技術者スピリッツが受け継がれているから!

ボクサーエンジンの実物

日本のボクサーエンジンの歴史はスバルとともにあると言っても差し支えありません。

スバルはボクサーエンジンに同社が初めて開発を行った量産型自動車である「スバル1000」へ搭載してから一貫してこだわり続けています。その後世界各地に、ボクサーエンジンを搭載したスバル車種が送りだされ累計販売台数は2,000万台近くにも達します。

「スバル1000」の開発段階においては百瀬氏がリーダーとして携わりました。百瀬氏は飛行機の開発に長年携わっていた人物です。百瀬氏の飛行機の開発で培った経験、より性能のよい車に乗ってもらいたいという情熱の結果たどり着いたのが、シリンダーを水平に設置してピストン運動を起こさせるボクサーエンジンです。

多額の開発費用を投じたのにもかかわらず「スバル1000」は売上的にはパッとしませんでした。他のメーカーがボクサーエンジンを採用しなかったのは、採算性を考慮して優位性が乏しいと判断したからだとも言われています。

スバルでは「スバル1000」以後の車にも百瀬氏のリーダーシップのもと、ボクサーエンジンを搭載し続けました。ボクサーエンジンを搭載した車の乗り心地は評判となり、スバリストと呼ばれるコアなファンも増えていきまいた

百瀬氏から始まるスバルの技術者達の熱いスピリットが代々受け継がれているため、スバルはボクサーエンジンの開発・導入にこだわり続けています。

ボクサーエンジンのメリット

加速しても振動が少ないので爽快感がある

直列エンジンやV型エンジンでは上下方向にピストンを動かします。それに対してボクサーエンジンでは、左右の方向にピストンを動かします。ピストンを左右に動かす方式を採用することで、右方向と左方向のシリンダーで発生した力を互いで打ち消し合う事が出来るため、発生する振動を抑制することが可能です。そのため、加速しても振動が発生しにくいので気持ちの良い運転を堪能することが出来ます。

2.低重心化できて安定走行が実現できる

ボクサーエンジンはピストンを水平方向に振動させるという構造上、縦のサイズは控えめで横のサイズはたっぷりめに取っています。

細長い棒よりも、横に幅のある棒の方が重心は低くなり安定しやすいように、直列エンジンよりもボクサーエンジンの方が重心は低くなります。エンジンが低重心化すると、土台のしっかり感が強まり車は左右にブレにくくなり走行中の安定感が高まります

3.衝突をしても大きな怪我にはつながりにくい

ボクサーエンジンの縦サイズはそれほどありません。その構造的な特徴は、対象物と前面衝突してしまった際にも活かされます。衝突時にはエンジンがフロア下に潜り込こみやいため、車内に侵入してしまうというケースが少なくなります。そのため、万が一事故が起こってしまった際には、車内にいる人のダメージを軽減することが出来ます。

ボクサーエンジンのデメリット

車の販売価格が高くなる

ボクサーエンジンではエンジン自体、その周りの系統においても使用するパーツの種類が多くなってしまいます。そのため、生産コストが高くなってしまいます。生産コストが高いという事は、車の販売価格も必然的に高くなってしまいます。

小回りが利きにくい

ボクサーエンジンでは、ピストンを水平方向に往来させる方式を採用するため、エンジンの構造的な特徴として横幅がワイドになってしまいます。そのため、エンジンの周りのスペースが場所を取られてしまいます。その影響を受けて、タイヤを左右に動かせる幅が少なくなるため、車の小回りが利きにくくなってしまいます。

スバル車といえばアイサイトではなく、やはりボクサーエンジン!

スバル車は1966年の「スバル1000」を発売して以降、半世紀以上にも渡ってボクサーエンジンにこだわり続けています。最近では車載カメラを搭載し、ケースに応じて自動でブレーキが発動する先進の安全支援技術アイサイトのイメージも浸透してきましたが、他の自動車メーカーも同様の安全支援システムを導入しています。ボクサーエンジンにこだわり続けているのは、国内ではスバルだけだという事を考えると、やはりスバル車といえばボクサーエンジンです!

ボクサーエンジンを積んでいるレガシィB4

スバルの看板車種レガシィB4には、「燃費」「出力」「静粛性」など全ての面でグレードアップした2.5L新世代ボクサーエンジンが搭載されています。新たなエンジンによってボクサーエンジンでは、ハードルが高いと言われていたロングストローク化を実現できまたした。

ボクサーエンジンは今後もスバルの技術力で進化を続けていきます。

スバル以外でボクサーエンジンを採用している車やメーカー

トヨタ86

ボクサーエンジンのトヨタ86

トヨタとスバルが共同で開発したスポーツカー「86」にもボクサーエンジンが搭載されています。

トヨタブランドで販売されている「86」に搭載されているエンジンは、スバルのFB20型をベースとして、トヨタの直墳技術であるD-4Sを組みあわせる事で実現した、新世代ボクサーエンジンである2.0L水平対向4気筒エンジン(FA20型)です。

スバルブランドで販売されている「BRZ」は86とは兄弟関係にあります。どちらの車もコストパフォーマンスの高いスポーツカーとしての高い知名度と人気を誇ります。

ポルシェの車

ボクサーエンジンのポルシェの車

海外の自動車メーカーでは、ポルシェがボクサーエンジンにこだわり続けています。

ポルシェがボクサーエンジンを積極的に導入するのは、40年以上も歴史を持つ人気シリーズである911シリーズを始めとして、車高の低い車を数多くラインナップしているからです。

縦サイズに比べて横サイズが広いボクサーエンジンを搭載することで、車高を低くすることが可能ですし、加速しても振動を抑える事が出来るという利点があります。

ボクサーエンジンを搭載しているスバルの車に一度は乗ってみよう!

世界に数ある自動車メーカーの中でも積極的にボクサーエンジンを自社の車に搭載し続けているのは、スバルとポルシェだけです。

ポルシェの車はどのラインナップも高額で、セレブ層でなければなかなか購入することができない価格帯です。車好きなら普段乗っている直列エンジンとの違いを味わうため、ボクサーエンジンを搭載している車には乗ってみたいものです。その思いを実現してくれるのがスバルの車です!

スバルは創業当初から、ボクサーエンジンにこだわり続けてきました。そんなスバルの車に一度は乗ってみましょう。