バック駐車~練習の仕方とコツ

バック駐車苦手が得意になれる~ハンドル操作やミラーテク

バック駐車が苦手な方は、初心者マークが外れている方にも沢山います。停車中の車にぶつけて事故を起こしてしまう不安な気持ちをなくすために、ハンドル操作とアクセル操作を同時に行わない、サイドミラーを利用するなどのコツや、一連の流れについても紹介します。

バック駐車苦手が得意になれる~ハンドル操作やミラーテク

バック駐車が苦手、車初心者以外も上手くなるコツ

駐車場では、停まっている車と車との間には出来るだけバック駐車をしたくない。どちらの車も高級車だったら、別な駐車スペースを求めてしまう。そういう方は、初心者マークを卒業したドライバーの中にもおります。

バック駐車は自動車教習所で、習いますが集中的には練習しないため、苦手意識を克服するには免許取得後にコツをつかむ、何度も何度も繰り返し練習して体で覚える必要があります。

今回は、バック駐車があまり得意ではない方が上手くなれるコツや一連の流れを紹介します。バック駐車が得意になると、運転テクニックが向上し車で移動できる場所の幅が広がります。

バック駐車が苦手な理由

バック駐車に成功した車

止まっている車にぶつけそうで怖い

両サイドに光沢感のある高級車が存在感をしめしながら停まっていれば、バック駐車が得意な人でもいつもよりも緊張してしまいます。バック駐車が苦手な方は、ぶつけて事故を起こしてしまったらどうしようという不安な気持ちが増大してしまうため、練習する機会を自分の意思で遠ざけてしまいます。ですから、例え両隣の車が高級車でなくても避けてしまう傾向があります。

そのため、同じ時期に初心者マークをつけた、バック駐車に不安な気持ちを抱かずに練習を繰り返すドライバーと比べると、上手くなるスピードが遅くなってしまいます。

バックで車を動かす時のハンドル操作がままならない

バック駐車の際にハンドルを「右」か「左」のどちらに切れば、目的の場所に移動する事が出来るのかを迷ってしまう方もおります。慣れないうちは、移動させたい方向とは逆にハンドルを切って、焦ってしまう事もあります。そういった、経験の積み重ねが脳にインプットされていきます。

ハンドルを左にきったら、バッグする時に車が左方向に傾いていくのは、理屈ではなくて練習をして体で覚えていきましょう

バック駐車が得意になるコツ

駐車線を意識する

バック駐車しやすい黄色い線

駐車場には白色か黄色の駐車線が敷かれています。駐車線は、車を停める際の目印となりますし、車を真っすぐに駐車する際にも利用します。

サイドミラーでの確認に不安があれば、ドアを開けて、目視で駐車線の内側に車がおさまっているのかを確認する方法でも構いません。

サイドミラーをうまく使う

サイドミラーは、車線変更を行う時だけではなく、バック駐車の時にも多用します。慣れないうちは、運転席側に近いサイドミラーを多用しましょう。目視では確認しづらい、通行人や障害物はサイドミラーで確認します。

サイドミラーを上手く使えないうちは、バック駐車の際に、首を後ろ向きにする時間帯が長くなってしまいますが、上手に使えるようになってくると首を後ろ向きにする時間が減ってきて、駐車時に前方にも意識が向いてきます。

ハンドル操作とアクセルやブレーキを踏む動作を分ける

バック駐車以外でも自分にとって不得意な事は、複数の事を同時に行うのではなくて、個別に分けて一つ一つの動作を着実に出来るようにすることが上達するコツです。

バック駐車が苦手な方は、手を中心にして行うハンドル操作と、足を中心にして行うアクセルやブレーキを踏む動作を同時に行うのではなくて、個別に分けて行いましよう。

一発で入れなくてもいい、幅寄せしながら着実に行う

バック駐車しやすい広い駐車場

バック駐車は、慣れないうちは一発でやろうと思ってもなかなか上手くはいきません。バック駐車が得意だっていう人の中にも一発ではキレイに出来ずに、幅寄せを繰り返しながら駐車をしている人もいます。

バック駐車は一発で入れなくてもいいので、幅寄せしながら着実に行うことでハンドルさばきやシフト操作も着実に上手くなります。

自分の車を駐車待ちしている後続車がいたといても、気にしないで幅寄せしながらバック駐車を行っていきましょう。

車に搭載されているサポートシステムを利用する

各自動車メーカーは、バック駐車をサポートしてくれる先進技術を導入した車を多数ラインナップしています。例えば、トヨタのプリウスαは、インテリジェントパーキングアシストを搭載しています。

バック駐車が苦手な方は、モニターを使って状況を確認、ハンドル操作を自動的に行ってくれるサポートシステムが車に搭載されていれば、積極的に利用しましょう。

今度は、車の自動運転技術がさらに進化していくので、近い将来バック駐車が苦手で悩むドライバーはいなくなるかもしれません。

バック駐車の流れ

1.駐車スペース探す

駐車スペースを探す車

慣れないうちは、両隣に車が停車していない、駐車スペースが狭い状態ではない場所を探しましょう。「ここなら出来そうだ!」という自分目線で場所探しをする事がポイントです。

2.駐車する場所の少し手前まで車を移動させる

目標の駐車スペースを見つけたら、その少し手前まで車を移動させます。等間隔で配置されている駐車スペースであったら、隣のスペースを車全体が超えない辺りが移動させる位置の目安です。

3.目印を決める

駐車する際は、目印を決めた方が楽です。右か左の見やすい位置にある駐車線などを意識して、その目印に車を接近させることを考えます。

4.目視・サイドミラーで状況を確認してハンドルをきって車を前進・バックさせる

目視やサイドミラーで前方や後方に、通行人はいないか、動き出そうとしている車がいないのかを確認してから、ハンドルをきって車を前進させたり、バックで動かしたりして位置を調整して、車のリア部分を目印としている場所まで近づけます。

5.ハンドルを戻してタイヤが真っすぐなったら、駐車スペースに車を入れる

リア部分が目印としている場所に近づいたら、左右どちらかにきっているハンドルを定位置に徐々に戻し、幅寄せも行いながら、タイヤ真っすぐにさせます。そして、車体が目印としている駐車線などと並行になったら車をバックで動かして駐車させます。

バック駐車が得意になると、ドライブの選択肢が拡がる

バック駐車が得意になると、大型ショッピングセンターなどの駐車場で建物の近くに車を設置することができるので、買い物が便利となります。駐車場の数が制限されているイベント会場などに出向く際、大型連休の時にどこかへ出かける際にはバック駐車の方が便利です。

慣れないうちは怖い思いをする事があるかもしれませんが、体で覚えてしまえば、どっちにハンドルを切ればいいのかと迷うことなくスイスイとバック駐車が出来ます。

バック駐車が得意になると、運転がさらに楽しくなって、ドライブする場所の選択肢がどんどんと拡がっていきます。