アテンザのおすすめホイールまとめ

アテンザのホイール選びにおすすめのアルミと純正ホイールサイズ

アテンザをホイールカスタムでカッコよく!純正ホイールも19インチの高輝度塗装アルミを始めカッコいいですが、カスタマイズ可能なホイールも、レーシングデザイン等のスタイリッシュなものが沢山あります。17インチから20インチのサイズで厳選したアルミで、アテンザを素敵な1台に変身させましょう。

アテンザのホイール選びにおすすめのアルミと純正ホイールサイズ

アテンザをスタイリッシュに決めるアルミホイール10選

アテンザは「i-ACTIVSENSE」による充実した安全性と、軽量・剛性に富んだボディ「SKYACTIV-BODY」を搭載したマツダの中型乗用車です。
2018年3月と予想されているマイナーチェンジでは、改良型の2.5Lエンジンを搭載する他、燃費性も向上するそうです。

「走り」を楽しめるアテンザですが、ホイールカスタムで走行性がアップしたり、カッコよくなります。純正ホイールのPCD、ボルト穴数などを見ながら、マッチングするサイズのアルミホイールを選びましょう。

アテンザの純正ホイールサイズと諸元について

アテンザのサイドビュー

アテンザの純正ホイールはアルミで統一され、サイズは17インチと19インチの2つに展開されます。また、「XD L Package」「25S L Package」はセダン、ワゴンともに、高輝度塗装がされた19インチの純正ホイールを標準装備します。

アテンザの高輝度塗装された19インチ純正アルミホイール

※アテンザの19インチ純正アルミホイール(高輝度塗装)

アテンザの高輝度なしの19インチ純正アルミホイール

※アテンザの19インチ純正アルミホイール(高輝度なし)

17インチの純正ホイールを装備するグレード

・XD PROACTIVE 6EC-AT
・XD 6EC-AT
・20S PROACTIVE
・20S

19インチの純正ホイールを装備するグレード

・XD L Package(高輝度塗装)
・25S L Package(高輝度塗装)
・XD PROACTIVE 6MT
・XD 6MT

アテンザ純正ホイールの諸元
リム径 17インチ 19インチ
オフセット +50mm +45mm
リム幅 7.5J 7.5J
ボルト穴数 5H 5H
P.C.D 114.3mm 114.3mm
ハブ径 67mm 67mm
タイヤサイズ 225/55R17 225/45R19
タイヤ外径 679mm 685mm
ナットサイズ M12×P1.5 M12×P1.5

アテンザをカッコよくするアルミホイール10選

ヨコハマホイール アドバンレーシング RS-D

アテンザにおすすめの「ヨコハマホイール アドバンレーシング RS-D」

リム径 17インチ、18インチ、19インチ
オフセット +37mm、+38mm、+45mm、+48mm
リム幅 7.5J、8.0J、8.5J
カラー マシニングandブラック
マットブラック
安値圏市場価格帯 44,300円程度/1本(2018年調べ)
参考URL http://www.yokohamawheel.jp

「RS-D」は、性能の良さに定評のあるアドバンレーシングのホイールです。軽量化された造りは、フローフォーミングされたインナーリム成型によって高い剛性を誇ります。
ホイールカラーの黒は、どちらも違った印象を与えカッコイイです。
ディープリムデザインとなっているこのホイールは、サイズ、リム幅、オフセットのバリエーションが豊富。17インチには、7.5J、+48mmと8.0J、+38mm、+45mm、18インチには、7.5J、+48mmと8.0J、+37mm、+45mm、19インチ、8.5J、+38mm、+45mmの設定が可能です。

KYOHO クリエイティブ ディレクション CDM1

アテンザにおすすめの「KYOHO クリエイティブ ディレクション CDM1」

リム径 16インチ、17インチ、18インチ
オフセット +38mm、+48mm、+50mm、+53mm
リム幅 6.5J、7.0J
カラー グラファイトシルバー
マットブラック
安値圏市場価格帯 17,500円程度/1本(2018年調べ)
参考URL http://www.kyoho-corp.jp

デザイン性と機能性を兼ね備えたKYOHO販売のホイール「CDM1」。レーシングホイールで有名なエンケイが製造を手掛けました。メッシュなディスク面はスポーティな雰囲気があります。
純正ホイールと一味違ったデザインは、アテンザをさらにアグレッシブに変身させます。
マッチング可能なホイールサイズは、16インチ、6.5J、オフセット+38mm、+50mmと17インチ、7.0J、オフセット+38mm、+48mm、+53mm、そして18インチ、7.0J、オフセット+48mm、+53mmとなります。

レイズ ホムラ 2×7 Glossy Black

アテンザにおすすめの「レイズ ホムラ 2×7 Glossy Black」

リム径 19インチ
オフセット +38mm、+45mm
リム幅 8.5J、9.5J
カラー グロッシーブラック
安値圏市場価格帯 36,000円程度/1本(2018年調べ)
参考URL https://www.rayswheels.co.jp

レイズのホイール「ホムラ 2×7 Glossy Black」。ディスク、リムはシンプルなデザインではあるものの、個性的な黒が全体に艶を与え、引き締まった感じを与えます。
センターキャップもオーナメントベースの赤といった専用カラーを採用しているので、オリジナリティが溢れるホイールです。

レイズ グラムライツ 57 FXX

アテンザにおすすめの「レイズ グラムライツ 57 FXX」

リム径 18インチ、19インチ、20インチ
オフセット +38mm、+45mm
リム幅 8.0J、8.5J
カラー ブラックandマシニング
サンライトシルバー(SU)
安値圏市場価格帯 31,000円程度/1本(2018年調べ)
参考URL https://www.rayswheels.co.jp

レイズ グラムライツの「57 FXX」は、リムオーバーデザインによりスポークラインの足長感を表現したホイールです。コンケイブの深さも手伝い、サイズが大きく見えるので存在感があります。
また、スポーツモデルとして製造されたホイールなので、リムフランジの延伸と細身のスポークによって軽量化もされています。
センターキャップのカラーはレッドが標準で付属されますが、別カラーにシルバーを選ぶことも可能です。
各ホイールサイズに設定可能なリム幅は、18インチが8.0Jと8.5J、19インチ、20インチが8.5Jとなります。

エンケイ レーシングレヴォリューション GTC01RR

アテンザにおすすめの「エンケイ レーシングレヴォリューション GTC01RR」

リム径 18インチ
オフセット +45mm
リム幅 7.5J、8.0J
カラー マットダークガンメタリック
チタニウムゴールド
安値圏市場価格帯 42,800円程度/1本(2018年調べ)
参考URL http://www.enkei.co.jp

名前に「レーシングレヴォリューション」が付く通り、機能性に特化したスポーツホイールです。
大胆にシェイプアップしたスポークは限界まで軽量化され、高い剛性も備えています。
高速走行でもバランスの取れた走りが出来るホイールなので、スポークだけではなくハブ部も計算された設計となっています。
また、ディスクデザインのコンケイブは、フロント、ミドル、リアの3パターンに展開されているので、装着する車種に適した深さが選べます。

ワーク エモーション D9R

アテンザにおすすめの「ワーク エモーション D9R」

リム径 17インチ、18インチ、19インチ
オフセット +30mm、+38mm、+45mm、+47mm、+53mm
リム幅 7.0J、7.5J、8.5J
カラー キャンディレッド(CAR)
アッシュドチタン
グリミットシルバーダイヤカットリム
ホワイト
ブラック
安値圏市場価格帯 26,800円程度/1本(2018年調べ)
参考URL https://www.work-wheels.co.jp

ディープリムデザインのアルミホイールで、ワークが販売しています。シャープなスポークラインはセンターハブとリムをガッシリと繋いでいるので、アテンザの足回りを力強くします。
オプションパーツとなるセンターキャップは、ハイタイプとフラットタイプの2つのタイプがあり、シルバー、ブラック、レッド、ブルーのカラーがあります。
アテンザに装備可能なホイールサイズ、リム幅、オフセットは、17インチ、7.0J、+38mm、+47mm、+53mmと18インチ、7.5J、+38mm、+47mm、+53mmと19インチ、8.5J、+30mm、+38mm、+45mmの組み合わせがあります。

ホットスタッフ シュティッヒ レグザス フューラー

アテンザにおすすめの「ホットスタッフ シュティッヒ レグザス フューラー」

リム径 17インチ、18インチ、19インチ、20インチ
オフセット +35mm、+38mm、+42mm、+45mm、+48mm、+55mm
リム幅 7.0J、8.0J、8.5J
カラー ブラッククリア(BC)
メタリックブラックポリッシュ・アンダーカットポリッシュ(MB/P)
安値圏市場価格帯 22,400円程度/1本(2018年調べ)
参考URL http://www.hotstuff-cp.co.jp

フォルムが違うスポークが重なり合った、ホットスタッフのホイールです。鋭い金属の触角がクロスしたように見えるダブルフェイスは軽量性に優れ、アテンザに躍動感を与えます。
また、リムの強度と剛性が高く、フローフォーミング製法により鍛造と鋳造の特徴を併せ持っています。
アテンザに装着可能なホイールサイズは17インチから20インチと幅広く、各サイズに適合するリム幅、オフセットの設定例は、17インチが7.0J、+38mm、+48mm、18インチが7.0J、+38mm、+48mm、+55mm、19インチが8.0J、+35mm、+42mm、+48mm、20インチが8.5J、+35mm、+42mm、+45mmとなります。

ゴジゲン プロレーサー Z1

アテンザにおすすめの「ゴジゲン プロレーサー Z1」

リム径 17インチ、18インチ
オフセット +35mm、+38mm、+43mm、+45mm、+50mm
リム幅 7.0J、7.5J、8.0J
カラー マットガンメタ
安値圏市場価格帯 22,900円程度/1本(2018年調べ)
参考URL http://www.5zigen.co.jp

ゴジゲンが販売する「プロレーサー Z1」。シャープなツインスポークと、マットガンメタの黒がスタイリッシュなホイールです。
優れた衝撃強度に、見た目通りの軽量化デザインと、スポーティなホイールカスタムにマッチングした性能を持っています。
サイズ、リム幅、オフセットは、17インチには7.0J、+38mm、+45mm、+50mmと8.0J、+35mm、18インチには7.5J、+43mm、+50mmと8.0J、+35mmのカスタマイズ例があります。

BBSジャパン RE-V

アテンザにおすすめの「BBSジャパン RE-V」

リム径 18インチ
オフセット +38mm、+43mm、+45mm、+48mm
リム幅 7.5J~9.5J
カラー ダイヤモンドブラック(DB)
ダイヤモンドシルバー(DS)
マットグレイ(MGR)
安値圏市場価格帯 105,300円程度/1本(2018年調べ)
参考URL https://bbs-japan.co.jp

三次元切削によって限りなく軽量化されたBBSジャパンのホイールです。1ピースの鍛造アルミで、ダイヤモンドのように輝くディスク面が、高級感を漂わせます。別価格でセンターキャップのカラーを赤に変更できます。
アテンザが装着できるホイールサイズは18インチで、各リム幅に対応したオフセットは7.5Jは+45mm、8.0Jは+43mm、8.5Jは+38mm、9.0Jは+48mm、9.5Jは+45mmとなります。

OZ SPORT ウルトラレッジェーラ

アテンザにおすすめの「OZ SPORT ウルトラレッジェーラ」

リム径 18インチ
オフセット +35mm、+48mm、+52mm、+55mm
リム幅 7.5J、8.0J、9.0J
カラー レースゴールド(RG)
マットブラック
クリスタルチタン
安値圏市場価格帯 49,100円程度/1本(2018年調べ)
参考URL https://www.ozracing.com

ユーザーから人気を得ているOZのホイール「ウルトラレッジェーラ」。際限なく軽量化したディスク面は、フォーミュラ1レースの刺激を受け設計されました。センターハブの彫りがレーシングホイールのようになっているのはその為です。
スピード感溢れるこのホイールは、18インチのサイズがアテンザに装着可能で、リム幅、オフセットの設定は7.5J、+52mmと8.0J、+35mm、+48mm、そして9.0J、+35mm、+55mmです。

スポーティなホイールでアテンザをカッコよく

アテンザのホイールカスタムは、スポーティなホイールがおすすめです。
カスタマイズにマッチングするホイールサイズは、17インチから20インチまであり、リム幅とオフセットのバリエーションも豊富。
無駄がなくシャープでカッコいいデザインは、軽量化もしっかりされているので、スピーディかつ乗り心地の良い運転で、アテンザの走りがさらに楽しくなります。