新型アクアのマイナーチェンジ情報

トヨタ新型アクアはマイナーチェンジでクラスNo.1燃費へ!クロスオーバーも追加

トヨタのアクアが2017年6月19日にマイナーチェンジを果たしました。日産ノートe-POWERの燃費を上回るコンパクトカークラス最高燃費の38km/Lを達成し、エクステリアも大幅に進化しました。注目が集まったSUVモデルである3ナンバーのクロスオーバーも追加された新生アクアの最新情報を解説します。

トヨタ新型アクアはマイナーチェンジでクラスNo.1燃費へ!クロスオーバーも追加

トヨタのアクアが17年6月19日にマイナーチェンジ!

トヨタのコンパクトハイブリッドカーであるアクアが2017年の6月19日にマイナーチェンジを果たし新型アクアして誕生しました。
アクアと言えば販売当初はJC08モード走行燃費37.0km/Lを誇る驚異的な燃費性能を武器に登場したコンパクトカーです。トヨタの誇るハイブリッドシステムとお手頃な販売価格も相まって2011年の販売開始以来爆発的なヒットを記録しています。

2017年6月19日に行われたマイナーチェンジにより日産ノートe-POWERに逆転されていた燃費面を強化し、コンパクトカークラス最高燃費の38.0km/Lを達成しました。その他にもエクステリア、インテリア(内装)が進化しています。
また注目のSUVモデルクロスオーバーも追加されました。トヨタの新型アクアの魅力をチェックしましょう。

2017年6月19日のマイナーチェンジで販売台数1位を目指す

新型アクアのエクステリア

JC08モード走行燃費37.0km/Lの驚異的な燃費性能を誇るトヨタのコンパクトハイブリッド車であるアクアですが、2016年には同じトヨタのプリウスが40.8km/Lを達成、日産のコンパクトカーであるノートe-POWERにも37.2km/Lを達成され、アクアの魅力である燃費性能で惜敗する結果となっていましたが、今回のマイナーチェンジで同社のプリウスには及ばないものの、日産ノートe-POWERを抜きクラス最高燃費の38.0km/Lを達成しました。

トヨタ史上最速の4年2ヶ月で100万台を売り上げたアクアですが、近年では強力なライバル車を前に販売台数で負ける状況が続いていました。
そのためフルモデルチェンジを目前に控えながらもテコ入れのため、2014年12月のマイナーチェンジに続き2017年6月19日に2度目のマイナーチェンジが行われました。今回のマイナーチェンジに合わせて注目のクロスオーバーも追加されています。

MC前
アクア
MC後
新型アクア
新型アクア
クロスオーバー
  ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド
全長 3,995mm 4,050mm 4,060mm
全幅 1,695mm 1,715mm
全高 1,455mm 1,500mm
車両総重量 1,355kg 1,335kg 1,375kg
室内長 2,015mm
室内幅 1,395mm
室内高 1,175mm
ホイールベース 2,550mm
最小回転半径 4.8m 5.4m
最低地上高 140mm 170mm
燃費 37.0km/L 38.0km/L 34.4km/L
乗員定員 5名
販売価格 1,761,382円~ 1,785,240円~ 2,062,800円~

マイナーチェンジの変更点は3つ

新型アクアのフロントビュー

今回のマイナーチェンジの変更点は3つです。

  • 燃費性能の向上
  • エクステリア・インテリア・ボディサイズの変更
  • SUVモデルの追加

この3点に変更が加えられる予定となっています。特にアクアの魅力である燃費性能の向上は最低でも日産ノートe-POWERの37.2km/Lを超え38.0km/Lを達成しました。

ハイブリッドエンジンが改良され燃費性能が向上

アクアにとって低燃費No.1の称号はなんとしても奪回したいところです。特に日産のノートe-POWERが37.2km/Lを達成して爆発的な人気となっていることから、+0.8Km/Lの僅差ですがノートe-POWERの燃費を超えました

現在トヨタから販売中のプリウスの燃費を超えることはできませんでしたが、コンパクトカーでトップの燃費となるので日産ノートe-POWERを販売台数でも超える可能性があります。

外観の変更は小規模だがスポーティー感が強まる

新型アクアのサイドビュー

アクアのマイナーチェンジでエクステリアやインテリア、更にはボディサイズの全長が45mm伸びています。
エクステリアの変更はヘッドライトとリアコンビネーションランプの変更となりスポーティーな外観となりました

ボディの色はグレードにより選べるものと選べないものがあります。ベースグレードのSではスーパーホワイト2、シルバーメタリック、ブラックマイカの3色のみ選択できますが、グレードSは13色、グレードGとG“ソフトレザーセレクション”ツートンカラー含めた17色、クロスオーバーでは専用色のベージュを含めた14色から選ぶことができます。

スーパーホワイト2

新型アクアのボディカラースーパーホワイト2

シルバーメタリック

新型アクアのボディカラーシルバーメタリック

ブラックマイカ

新型アクアのボディカラーブラックマイカ

ライムホワイトパールクリスタルシャイン

新型アクアのボディカラーライムホワイトパールクリスタルシャイン

グレーメタリック

新型アクアのボディカラーグレーメタリック

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

新型アクアのボディカラーブラッキッシュアゲハガラスフレーク

スーパーレッドV

新型アクアのボディカラースーパーレッドV

オレンジパールクリスタルシャイン

新型アクアのボディカラーオレンジパールクリスタルシャイン

イエロー

新型アクアのボディカラーイエロー

フレッシュグリーンマイカメタリック

新型アクアのボディカラーフレッシュグリーンマイカメタリック

クリアエメラルドパールクリスタルシャイン

新型アクアのボディカラークリアエメラルドパールクリスタルシャイン

ブルーメタリック

新型アクアのボディカラーブルーメタリック

ジュエリーパープルマイカメタリック

新型アクアのボディカラージュエリーパープルマイカメタリック

スーパーレッドV×スティールブロンドメタリック

新型アクアのボディカラースーパーレッドV×スティールブロンドメタリック

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク×スティールブロンドメタリック

新型アクアのボディカラーブラッキッシュアゲハガラスフレーク×スティールブロンドメタリック

ライムホワイトパールクリスタルシャイン×カッパーメタリック

新型アクアのボディカラーライムホワイトパールクリスタルシャイン×カッパーメタリック

ライムホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー

新型アクアのボディカラーライムホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー

ベージュ(クロスオーバー専用色)

新型アクアのボディカラーベージュ

リアもよりアクティブな印象となっています。

新型アクアのリアビュー

洗練されたインテリアに進化

インテリアにはLを除くグレードで、センターメーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイが標準追加され、インパネ周辺の質感がアップされました。

新型アクアの内装はインパネとシートで全8種類から選択できます。

Lの内装はナチュラルグレー

ナチュラルグレーのインパネ

ナチュラルグレーのシート

Sの内装はブルーブラックとレッド

ブルーブラックのインパネ

ブルーブラックのシート

レッドのインパネ

レッドのシート

Gの内装はディープブラウン

ディープブラウのインパネ

ディープブラウのシート

G“ソフトレザーセレクション” の内装はブラックとホワイトのレザー

ブラックレザーのインパネ

ブラックのシート

ホワイトレザーのインパネ

ホワイトレザーのシート

クロスオーバーの内装はシルバーブラックとホワイトレザー

シルバーブラックのインパネ

シルバーブラックのシート

ホワイトレザーのシート

ホワイトレザーのインパネ

広い室内のクロスオーバーSUVモデルが追加

アクアは2014年12月のマイナーチェンジに合わせ地上最低高が20mm高いクロスオーバースタイルの「X-URBAN」を追加しました。
2017年6月19日のマイナーチェンジではこのX-URBANが名称変更されCrossover(クロスオーバー)として追加されました。

アクアクロスオーバーはアクアよりも地上最低高が30mm高くなっているので運転のしやすさや走破性の高さが強調されます。

新型アクアのライバルはフィットとノートe-POWER

新型ノートe-POWERのエクステリア

2017年6月19日にマイナーチェンジされたアクアのライバル車を紹介します。ボディサイズや燃費性能を現行のアクアと比較しましょう。

ホンダ フィット

2017年6月下旬にモデルチェンジされるホンダのフィットがアクアの最大のライバルとなります。マイナーチェンジ後のフィットハイブリッド仕様車では現行アクアよりも0.2km/L伸び37.2km/Lを実現しています。
ボディサイズや室内の広さも現行アクアと似ているので、アクアの購入を検討している方をホンダのフィットをライバルとすると値引き交渉も上手く行くでしょう。

現行フィット諸元 新型アクア諸元
  ハイブリッド ハイブリッド
全長 3,955mm 4,050mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,525mm 1,455mm
車両総重量 1,080kg 1,335kg
室内長 1,935mm 2,015mm
室内幅 1,450mm 1,395mm
室内高 1,280mm 1,175mm
ホイールベース 2,530mm 2,550mm
最小回転半径 4.9m 4.8m
最低地上高 135mm 140mm
燃費 36.4km/L 38.0km/L
乗員定員 5名 5名
販売価格 1,884,400万円~ 1,785,240円~

日産 ノートe-POWER

走行にはハイブリッドのモーターのみを使用し、ガソリンはハイブリッドのバッテリーを充電するためだけに使用する仕様がウケ大ヒットを記録している、日産が販売するノートe-POWERです。
電気自動車では充電を気にして走行する必要がありましたが、充電にガソリンを使用することで充電切れの心配がありません

37.2km/Lの高い燃費性能、モーター走行のみの静粛性が特徴です。ボティサイズはアクアよりも少し大きいですが、画期的な走行技術はマイナーチェンジ後の新型アクアの強力なライバルとなります。

現行ノートe-POWER諸元 新型アクア諸元
  ハイブリッド ハイブリッド
全長 4,100mm 4,050mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,520mm 1,455mm
車両総重量 1,445kg 1,335kg
室内長 2,065mm 2,015mm
室内幅 1,390mm 1,395mm
室内高 1,255mm 1,175mm
ホイールベース 2,600mm 2,550mm
最小回転半径 5.2m 4.8m
最低地上高 130mm 140mm
燃費 37.2km/L 38.0km/L
乗員定員 5名 5名
販売価格 1,772,280万円~ 1,785,240円~

新型アクアのマイナーチェンジ後の新車販売台数に注目

2011年の発売開始後1ヶ月で約12,000台を売り上げた日本を代表するハイブリッド専用車のアクアは、2回目のマイナーチェンジで大きな進化を遂げました。
ホンダのフィットや、日産のノートe-POWERなど強力なライバルが登場している中、新たな記録は誕生するのでしょうか
マイナーチェンジした新型アクアの今後の新車販売台数に注目が集まっています。