アメリカ車のメーカーまとめ

アメリカ車のメーカーまとめ!高級車からマッスルカーまで色とりどり

アメリカ車のメーカーは、高級車ブランドが有名なメーカーや、マッスルカー・スポーツカーが有名なメーカー、電気自動車と自動運転技術が有名なメーカーなど多種多様にあります。各メーカーの成り立ちとフラッグシップモデルを紹介します。

アメリカ車のメーカーまとめ!高級車からマッスルカーまで色とりどり

アメリカ車メーカーの特徴とフラグシップモデルまとめ

アメリカの自動車メーカーと、フラッグシップモデルの特徴やエンブレムを紹介します。アメリカの車といえばサイズが大きく、排気量も大きいイメージがありますが、最近ではどのような車があるのか?

各メーカーの生い立ちやエンブレム、フラッグシップモデルを交えながら紹介します。

キャデラック

キャデラックのエンブレム

※キャデラックのエンブレム

キャデラック エスカレード

※エスカレード

キャデラック XT5クロスオーバー

※XT5クロスオーバー

キャデラック CT6

※CT6

キャデラックは、アメリカの高級車メーカーとして日本でも有名なメーカーで、1903年から自動車を作り続けています。アメリカ大統領専用車として使われ、日本でも御料車として使用されていました。正規ディーラーは、北海道は札幌から、東北は仙台、東京・大阪・福岡に19店舗展開しています。

キャデラック CT6のエクステリア

キャデラックのフラッグシップは「CT6」と呼ばれるセダンタイプで、924万円からの価格で左ハンドルのみの車種です。

3,700ccのV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力は340PS、最大トルクは386Nmあります。セミアニリン本革を贅沢に使用し、BOSE製のスピーカーを34個装備していてエンターテインメントだけではなくエンジン音を打ち消すノイズキャンセリング機能も担っています。

CT6の安全装備

安全装備も充実していて、前方衝突警報やレーンチェンジアラート、ブラインドゾーンアラートなどの警報や、エマージェンシーブレーキシステム、レーンキープアシスト、オートマチックパーキングアシストなどのドライバー支援機能も備わっています。

キャデラックCT6諸元
全長 5,190mm
全幅 1,885mm
全高 1,495mm
ホイールベース 3,110mm
車両重量 1,920kg
エンジン V型6気筒
排気量 3,649cc
最高出力 340PS/6,900rpm
最大トルク 386Nm/5,300rpm
駆動方式 AWD
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 9,240,741円~

シボレー

シボレーのエンブレム

※シボレーのエンブレム

シボレー コルベットZ06

※コルベットZ06

シボレー カマロ

※カマロ

シボレーは、1920年代に設立した自動車メーカーで、1950年代のクラシックな車種ではインパラやベルエアー、キャンピングカーベースに人気のあるバンのアストロ、最新の車種ではマッスルカーのカマロや、フラッグシップのコルベットなどを販売しているメーカーです。

シボレー インパラ

※インパラ

シボレー アストロ

※アストロ

シボレーのフラッグシップモデルである「コルベット」は、初代が1954年に発売し最新モデルの7代目は2014年に発売しました。6,200ccのV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力460PSを発揮するベースグレードと、スポーティモデルで466PSを発揮するZ51、スーパーチャージャーを搭載し659PSを発揮するZ06の3モデルあります。

コースを走るコルベットZ06

コルベットZ06の価格は1,359万からで、6,200ccのV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力659PS、最大トルクは881Nmを発揮、0-100kmの加速は2.95秒です。7速マニュアルと8速オートマの2種類のトランスミッションを用意していて、どちらもFRの2WDモデルです。

ボディタイプは、クーペとコンバーチブルの2種類用意されていて、クーペにはマニュアルとオートマが、コンバーチブルにはオートマが標準装備、受注設定でマニュアルトランスミッションがあります。

コルベットZ06諸元
全長 4,515mm
全幅 1,970mm
全高 1,230mm
ホイールベース 2,710mm
車両重量 1,610kg
エンジン V型8気筒スーパーチャージャー
排気量 6,153cc
最高出力 659PS/6,400rpm
最大トルク 881Nm/3,600rpm
駆動方式 FR
乗員定員 2人
ハンドル設定
価格 13,592,593円~

リンカーン

リンカーンのエンブレム

※リンカーンのエンブレム

リンカーン コンチネンタル

※コンチネンタル

リンカーン タウンカー

※タウンカー

リンカーンは、1917年に設立しフォードグループのブランドで販売されていましたが、2016年にフォードが日本から撤退し、現在では日本での正規ディーラーは残念ながらありません。ラグジュアリーSUVのナビゲーター、フラッグシップモデルのコンチネンタルなどを販売していて、キャデラックと並ぶ高級車メーカーです。

リンカーン ナビゲーター

ラグジュアリーSUVのナビゲーターは、1998年に初代が販売され2015年には4代目へとモデルチェンジしています。3,500ccのV型6気筒エンジンを搭載し、エコブーストと呼ばれるツインターボが装備されています。最高出力は385PS、最大トルクは624Nmを発揮します。

リンカーン ナビゲーターの内装

ナビゲーターは、8人乗りの大型SUVでラグジュアリーSUVの名に恥じないインテリアで出迎えてくれます。シートには本革シートを採用し、運転席・助手席だけではなくセカンドシートにもシートヒーターを装備しています。スピーカーには、THX認定が採用されていて14個のスピーカーが搭載されています。

価格は、1,028万円からでトランスミッションは6速オートマを採用し、使用燃料はレギュラーガソリンという点が嬉しいポイントです。

ナビゲーター諸元
全長 5,290mm
全幅 2,010mm
全高 1,980mm
ホイールベース 3,020mm
車両重量 2,770kg
エンジン V型6気筒ツインターボ
排気量 3,495cc
最高出力 385PS/5,250rpm
最大トルク 624Nm/2,750rpm
駆動方式 AWD
乗員定員 8人
ハンドル設定
価格 10,280,000円~

フォード

フォードのエンブレム

※フォードのエンブレム

フォード マスタング

※マスタング

フォード エクスプローラー

※エクスプローラー

フォードは1903年に設立した自動車メーカーで、GM・クライスラーと並びアメリカの自動車メーカービッグスリーに数えられています。スポーツカーのマスタング、SUVのエクスプローラーなどを販売していましたが、残念ながら日本では2016年に撤退しました。

マスタングのリヤビュー

2015年にフルモデルチェンジして7代目となったマスタングは、2015年に「V6クーペプレミアム」の左ハンドル仕様が販売されたのみで、右ハンドル仕様は販売されていません。2,300ccのV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力310PS、最大トルクは434Nmを発揮します。

6速マニュアルを標準装備し、オプションで6速オートマとパドルシフトが装備されます。HIDヘッドライトとLEDフォグランプ、LEDのテールランプが装備され、リアウィンドウスポイラーを標準装備しています。

マスタング・エコブースト・ファストバック諸元
全長 4,780mm
全幅 2,080mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,720mm
車両重量 1,600kg
エンジン V型6気筒ツインターボ
排気量 2,300cc
最高出力 310PS/5,500rpm
最大トルク 434Nm/3,000rpm
駆動方式 FR
乗員定員 4人
ハンドル設定
価格 4,650,000円~

クライスラー

クライスラーのエンブレム

※クライスラーのエンブレム

クライスラー 300S

※300S

クライスラーは1925年に設立し、アメリカの自動車産業を引っ張ってきたメーカーですが、現在ではフィアットグループになっています。フラッグシップセダンの「300」などを販売していて、北海道から沖縄まで全国に正規ディーラーがあります。

フラッグシップモデルの「300」は2004年に初代が発売し、2011年からは2代目が販売されていてマイナーチェンジ後の後期型は「300S」として日本で販売されています。

走行中の300S

ボディタイプはセダンで、3,600ccのV型6気筒エンジンを搭載し最高出力は286PS、最大トルクは340Nmを発揮します。日本仕様ではレギュラーガソリンを使用し、右ハンドル設定があるのも嬉しいポイントです。

300Sの内装

インテリアはシルバーステッチのブラックレザーを使用し、上品な大人の雰囲気を醸し出しています。スピーカーには「Beats」を採用し、552Wのアンプとサブウーファーを1つ搭載した10スピーカーを装備しています。

前面衝突警報やアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニターなどのシステムを装備しているので、安心して運転ができます。

300S諸元
全長 5,070mm
全幅 1,905mm
全高 1,495mm
ホイールベース 3,050mm
車両重量 1,880kg
エンジン V型6気筒
排気量 2,300cc
最高出力 210PS/6,350rpm
最大トルク 340Nm/4,650rpm
駆動方式 FR
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 5,670,000円~

ジープ

ジープのエンブレム

※ジープのエンブレム

ジープ チェロキー

※チェロキー

ジープ グランドチェロキー

※グランドチェロキー

ジープは、1940年に軍用の車として開発されたことから始まり、AMC・ルノー・クライスラー・ダイムラーと経て現在ではフィアットグループのブランドになっています。1974年から販売している「チェロキー」や、フィアット500Xとプラットフォームを共有する「レネゲード」など、様々なスタイルの4輪駆動車を販売しています。

フラッグシップモデルの「グランドチェロキー」は、1993年に初代が発売し、2010年には4代目の販売を開始しました。2014年、2017年にマイナーチェンジが行われ、スタイリッシュで現代的なデザインへと進化しています。

グランドチェロキーの内装

インテリアにはラグーナレザーシートを採用していて、シートだけではなくドアパネルやセンターコンソールにもレザーが使われています。本革だけではなく本木目のパネルもアクセントとして使用されています。

3,600ccのV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力は290PS、最大トルクは347Nmを発揮します。また、最上級モデルの「SRT8」に搭載されているエンジンは、6,400ccのV型8気筒にアップグレードされ、最高出力は468PS、最大トルクは624Nmに到達します。

グランドチェロキー諸元
全長 4,835mm
全幅 1,935mm
全高 1,825mm
ホイールベース 2,915mm
車両重量 2,160kg
エンジン V型6気筒
排気量 3,604cc
最高出力 290PS/6,400rpm
最大トルク 347Nm/4,000rpm
駆動方式 4WD
乗員定員 5人
ハンドル設定
価格 4,946,400円~

テスラ・モーターズ

テスラのエンブレム

※テスラのエンブレム

テスラ モデルS

※モデルS

テスラ モデルX

※モデルX

テスラ モデル3

※モデル3

テスラ・モーターズは2003年に設立した会社で、電気自動車を展開しているメーカーです。2008年には「ロードスター」、2012年に「モデルS」、2015年には「モデルX」が発売、2017年7月には「モデル3」の生産が開始されています。

日本では東京にショールームがあり、充電スポットは少ないですが北は盛岡、南は福岡まで設置されています。生産が開始された「モデル3」は、「モデルS」「モデルX」が800万円以上の価格帯なのに対し、35,000米ドル(約385万)ほどで購入できるモデルです。

ボディタイプはコンパクトセダン、フル充電で345kmの走行が可能です。自動運転機能をアップデートできるので、新モデルを新たに購入する必要はありません。大人5人乗りの定員で0-100kmの加速は6秒以下のスペックです。

テスラ・モデル3諸元
全長 4,676mm
全幅 1,885mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,870mm
乗員定員 5人
価格 3,850,000円~

アメリカ車はラグジュアリーからスポーツ・エコカーまで多種多様

アメリカ車は、CT6・ナビゲーターなどの高級セダン・SUVや、マスタング・コルベットなどのマッスルスポーツ、テスラ・モデル3などの電気自動車まで色々なタイプの車が各メーカーから販売されています。いずれもアメ車らしくボディサイズが大きく迫力のあるモデルや、コンパクトながらもカッコいい車があります。

フォード・リンカーンは残念ながら正規ディーラーが日本から撤退しましたが、並行輸入や中古車で購入できる車種がまだまだたくさんあります。

また、フォードのサンダーバード、シボレーのインパラ、ベルエアー、キャデラックのエルドラドなど、1950~60年代のクラシックカーも人気があります。新しい車も古い車も人気のアメリカ車は、どの世代の車に乗っても日本車とは違う雰囲気を味わえます。