トヨタ新型86フルモデルチェンジ最新情報

トヨタ新型86 フルモデルチェンジ最新情報!ハイブリッド化の噂も

トヨタ86が2020年にフルモデルチェンジを予定しています。新型86にはスバル伝統の水平対向エンジンにモーターを合わせたハイブリッドシステムや新開発の1.6Lダウンサイジングターボが採用される可能性があります。新型86のエクステリアやパワートレイン、現行モデルのスペックなど新型86の最新情報を紹介します。

トヨタ新型86 フルモデルチェンジ最新情報!ハイブリッド化の噂も

トヨタの2シータースポーツ86が2020年にフルモデルチェンジ

86はトヨタとスバルが共同開発した2シーターFRライトスポーツです。スバルではBRZという名前で販売され兄弟車の関係となっています。
エンジンはスバルの水平対向エンジン(ボクサーエンジン)を採用しトヨタのD-4S(直噴技術)を組み合わせた2.0L 水平対向4気筒直噴DOHCエンジンを搭載し、最高出力200PS、最大トルク20.9kgmの運動性能を発揮します。

トヨタとスバルの技術が融合した夢のマシンとして登場した86に2020年フルモデルチェンジの噂があります。
新型86のエクステリアや注目のパワートレインなどモデルチェンジ最新情報を紹介します。

新型86のエクステリアは次期スープラ寄りになる

FT-1コンセプトのエクステリア

※FT-1コンセプト

次期86の噂があるイメージ画像

※次期86のイメージ画像

2020年に予定されているフルモデルチェンジにより次期86はスープラ寄りのデザインになると予想されています

スープラとは1986年から2002年まで販売されていたトヨタの本格派スポーツモデルで、後期モデルでは最大出力280PSを叩き出したハイパワーマシンです。
世界中で大ヒットしたハリウッド映画ワイルドスピードにも登場するなど知名度と人気は日本車の中でもトップレベルで、在庫車今でも高値で取引される伝説のスポーツモデルです。

2018年頃に復活する噂があるスープラは北米国際オートショー2014で公開されたコンセプトカー「FT-1コンセプト」をベースに開発されている噂があります。

2020年にフルモデルチェンジ予定となっている86の予想画像もスープラに予定されている「FT-1コンセプト」に似たエクステリアとなっています。

次期86の噂があるGR HV スポーツコンセプト

86をベースに開発されたGR HV スポーツコンセプト

※東京モーターショー2017で発表されたGR HV スポーツコンセプト

東京モーターショー2017で発表された、トヨタの次世代スポーツを示唆する「GR HVスポーツコンセプト」は86がベースとなっています。
次世代スポーツとして登場したGR HV スポーツコンセプトはパワートレインには世界耐久選手権で活躍する最新のスポーツハイブリッドシステム「THS-R(トヨタ ハイブリッドシステム レーシング)」が採用され、エコと走りを両立しています。

GR HV スポーツコンセプトと86はボディサイズやコンセプトが似ているため次期86になるのでは、という噂があります。しかしトヨタからの公式発表がなく、なにより86は他のコンセプトカーのベースになることが多い車種です。
噂が本当になるのか、今後のGR HV スポーツコンセプトの動向に期待しましょう。

新型86のプラットフォームは「SGP」を採用

XVに採用されているスバルの次世代プラットフォームSGP

新型86はトヨタの次世代プラットフォームTNGAではなく、スバルの「SGP(スバルグローバル プラットフォーム)」を採用する見込みとなっています。
SGPは2016年に発表されたスバルの次世代プラットフォームで「スバル史上最高レベルの総合性能進化」と謳われ、現行車種では2016年にフルモデルチェンジしたインプレッサと2017年にフルモデルチェンジしたXVに採用されています。

86はトヨタとスバルの友好的な関係のもと開発されています。
開発費用は両社で折半され、役割分担などもトヨタとスバルが連絡を取り合い進められています。今回のフルモデルチェンジで採用されるプラットフォームはスバルのSGPですが、これも次期86の進化に必要な選択だったと言えます。

パワートレインにはハイブリッドをラインナップ

86のパワートレイン

新型86のパワートレインは現行86に採用されている2.0L 水平対向4気筒直噴DOHC自然吸気(ターボ無し)のエンジンが引き続き採用されますが、その他にも複数のエンジンがラインナップされる可能性があります。

ラインナップされる可能性のあるエンジンは、スバルが新開発した2019年に投入予定の次世代エンジン1.6L水平対向ダウンサイジング直噴ターボです。エネルギーの膨張率を上げ従来よりも熱効率が良くなる希薄燃焼(リーンバーン)を備えたエンジンはスバル初の技術で最大出力は220PSとなっています。

そしてフルモデルチェンジで注目されるパワートレインがトヨタのハイブリッドエンジンです。
GR HVスポーツコンセプトに搭載されたTHS-Rを市販レベルに落とし込み、エンジンとモーターの組み合わせで現行86の200PSを越える最高出力を目指します

新型86にオープンモデルを追加

海岸にとまるFT-86オープンコンセプト

ジュネーブモーターショー2013に登場した2013年に登場した「FT-86オープンコンセプト」が2020年にフルモデルチェンジする新型86に追加される噂もあります。
日本で市販されているオープンスポーツはマツダのロードスター、ダイハツのコペン、ホンダのS660の3台しかありません。

需要が少なく採算が合わないなどの理由により販売に力を入れ難い分野ですが、既存車種にオープンモデルを追加する形を取ることで開発費を極力抑えることができます。

オープンモデルはライバルが少なく「FT-86オープンコンセプト」は国内オープンモデル唯一の4人乗り仕様です。
魅力的な86オープンモデルはトヨタの強力な販売力も相まって、利益を見込める台数を販売できる可能性が高いため、次期86にもオープンモデルが追加されることが考えられます

林道を走るFT-86オープンコンセプト

ホワイトのボディカラーを持つFT-86オープンコンセプト

FT-86オープンコンセプトのリヤビュー

現行86 GTグレードのスペックを紹介

現行86のフロントビュー

2012年に販売された86はトヨタにとってMR-S以来5年振りのライトスポーツ復活となりました。
車名の由来はトヨタの伝説的名車、4代目カローラレビンの車両型式番号AE86から取られた名称「ハチロク」からきています。
ハチロクこと4代目カローラレビンは人気漫画の影響もあり世界中で愛されていて、86もまたハチロクの進化を体現した車として世界的に人気となっています。

2020年にフルモデルチェンジ予定の現行86 GTグレードのスペックを紹介します。

86 GTグレード(AT) スペック
全長 4,240mm
全幅 1,775mm
全高 1,320mm
室内長 1,615mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,060mm
ホイールベース 2,750mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.4m
車両重量 1,260kg
総排気量 1.998L
エンジン種類 水平対向4気筒 直噴DOHC
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)
最大出力 147kW(200PS)/7,000rpm
最大トルク 205Nm(20.9kgm)/6,400~6,600rpm
乗車定員 4名
JC08モード燃費 12.4km/L
ボディカラー 全7色
価格 3,048,840円~

フルモデルチェンジした86は運動性能と低燃費を実現して登場

2020年にフルモデルチェンジ予定となっている次期86はスバルの次世代プラットフォームSGPと新たなパワートレインを搭載して登場します。
今まで以上のスペックで登場することは間違いなく、トヨタのライトスポーツの新たな歴史を作ることになるでしょう。
日本の自動車メーカーがタッグを組んだ夢のマシンの進化に期待しましょう。